ガボレはバンコク在住日本人にも有名な韓国式焼肉店 in 韓国人街

KADORAE
今回は、スクンビットプラザ(Shukumvit Plaza)にある韓国焼肉レストラン 

ガボレ


(KADO RAE)を紹介する。

ガボレは、韓国人のみでなくバンコク在住の日本人にも有名な韓国式焼肉レストラン。


地図



ガボレの地図はこちら。

ガボレの場所は、BTS アソーク駅(สถานีอโศก)から徒歩3分、スクンビットプラザ1階。
スクンビット通りからスクンビットプラザに入って、右手にある。

スクンビットプラザは韓国食品や韓国の雑貨などを取り扱っている店が多く入っている商業施設でコリアンタウン(韓国人街)と呼ばれている。


コリアンタウン前のストリートビュー。

画面をフリックして周りの風景を確認したり、矢印を押すことで順路の風景を確認できます。
初めて来店する人は、参考にどうぞ。

店内


KADORAE
1階店内の様子。

天井から伸びている排煙ダクト。

1階は禁煙席。
2階、3階は喫煙席。
3階は30名の宴会ができる。

来店したのは、日曜日午後4時半。
食事をするには中途半端な時間だったためか、テーブルの埋まり具合は、2割。
客層は全員韓国人。

KADORAE
水のペットボトル 20バーツ。

店内のテレビには韓国のバラエティー番組が映っている。

卓上の調味料は、塩、コショウ、酢。

メニュー


KADORAE
鍋料理メニュー。

テンジャンチゲ 200バーツ、キムチチゲ 220バーツ。

KADORAE
焼肉メニュー。

牛タン 450バーツ、カルビサル 540バーツ。

飲食


KADORAE
注文を済ますと運ばれてくるパンチャン(반찬)。

パンチャンは韓国料理で出てくるお通しで、無料でお代わり自由!
このブログで他にもタイにある韓国料理店を何店か紹介してきたが、どの店でも無料のパンチャンが出てきた。

皿が空いても何も言わなければ持ってきてくれないので、お代わりが欲しいのであれば、店員に持ってきてもらうようお願いしよう。

右下と左下に写っている酸味が効いたネギのサラダと手前中央にある味噌、生ニンニク、生唐辛子は注文した焼肉などと一緒についてきた。

出されたパンチャンは種類豊富で、どれもとても美味しい。

KADORAE
スンドゥブチゲ 200バーツ。
熱くなった鉄鍋によりスープがグツグツに煮立っている状態で出される。
上には生卵の黄身が載っている。
ご飯はスンドゥブチゲと一緒に無料で付いてくる。

メイン食材の豆腐の他には、あさり、たっぷりのネギ、溶き卵などが入っている。

日本の汲みだし豆腐のような豆腐は、口当たり滑らかで、味が濃厚。

とても美味しいが、量は少ない。

KADORAE
コチュジャンサムギョプ 320バーツ。
コチュジャンを塗った豚三枚肉の焼肉。
焼肉の右上に写っているのは、焼肉と一緒に出されたコチュジャン。

肉はすでに調理場で焼かれたものが出される。
注文する焼肉の数が一人前だけの場合は、調理場で調理された焼肉が出されるスタイルのもよう。

KADORAE
焼肉を注文すると付いてくる大量のサンチュと大葉。

KADORAE
サンチュに、大葉、焼肉、好みでコチュジャン、生ニンニク、青唐辛子を載せる。

KADORAE
焼肉などを包んだサンチェを味噌ベースのつけたれにつけて食べる。

豚三枚肉はとても脂がのっており、とても美味しい。

KADORAE
食後に出されるスジョンガ(水正果/수정과)。

スジョンガは、シナモンスティックとスライスしたショウガを水に入れ、弱火でしばらく煮た飲み物で、朝鮮では食後に好んで飲まれる。

最後に一言


今回は、スクンビットプラザ(Shukumvit Plaza)にある韓国焼肉レストラン ガボレを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは8点。(全10点満点)
韓国式焼肉を食べるのならおすすめのレストラン。

パンチャンの種類も豊富でお代わり自由なので、コスパは高い。

基本情報


韓国料理店:ガボレ(KADO RAE)
予算:500~1,000バーツ(昼、夜)
クレジットカード:VISA、MasterCard、JCB(サービス料は店負担)
VAT:7%(込)
サービス料:無
住所:BTS アソーク駅(สถานีอโศก)から徒歩3分
      สุขุมวิท 12 แขวง คลองเตย เขตคลองเตย กรุงเทพมหานคร 10110
駐車場:有(2時間10バーツ)
電話:+66 2 252 5375
営業時間:10:00 - 21:00
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:無
個室:無
喫煙席:有

徒歩5分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩5分圏内にある場所の記事はこちら。
関連記事

0 Comments

コメント