さくら山リゾートのキャンプ場でテントに宿泊 in カオコー

ซากุระ ยามะ
今回は、ペッチャブーン県(จังหวัดเพชรบูรณ์)カオコー区(อำเภอเขาค้อ)にある宿泊施設 

さくら山リゾート


(Sakura Yama Resort/ซากุระ ยามะ)を紹介する。

さくら山リゾートがあるペッチャブーン県のカオコーはバンコクから北へ車で6時間の距離にある『タイのスイス』と呼ばれる一年を通じて涼しい緑豊かな高原地帯。

カオコーにある宿泊施設の宿泊費は総じて高い。

ซากุระ ยามะ
ここさくら山リゾートの宿泊費も24 m²の部屋が1泊2,500バーツだというのだから、驚く。
しかし、外に設置されたテントであれば1泊1,200バーツで宿泊できる。


今回は宿泊費を浮かすため、さくら山リゾートのテントで一夜を過ごすことにする。


地図



さくら山リゾートの地図はこちら。


さくら山リゾートへ続く道のストリートビュー。

この道を進んだ先にさくら山リゾートはあるが、この道のストリートビューは未対応。

この道のストリートビューは未対応だが、画面をフリックして周りの風景を確認したり、矢印を押すことで順路の風景を確認できます。
初めて訪れる人は、参考にどうぞ。

さくら山リゾートの紹介


日本庭園


ซากุระ ยามะ
小さな日本庭園があり、中央に置いてあるちゃぶ台で食事をすることができる。

日本庭園には池があり、鯉が泳いでいる。

受付カウンター


ซากุระ ยามะ
1階にある受付カウンターでチェックイン。

ซากุระ ยามะ
受付カウンターで売られている哺乳瓶のような入れ物に入った鯉の餌は1つ10バーツ。

ซากุระ ยามะ
チェックインすると朝食券がもらえる。

朝食の時間は7:00 - 10:00で、場所は最上階。

ซากุระ ยามะ
宿泊施設の中には日本をイメージしたスペースがいくつかある。

キャンプエリア


ซากุระ ยามะ
チェックインしたのは土曜日。

事前に予約をしていたので問題なかったが、部屋もテントも満室。

ซากุระ ยามะ
サラパオ達が泊まるテント。

ซากุระ ยามะ
一泊するとペットボトルの水を2本もらえる。

ซากุระ ยามะ
テントの中にはマットレスが敷かれている。

二人が横になるとほとんど物を置くスペースは無い。

ซากุระ ยามะ
キャンプエリアには各所にコンセントが設置されているので、電気の心配は無用。

ซากุระ ยามะ
夜になると電気が灯る(ともる)。

ซากุระ ยามะ
プレハブ小屋のシャワールーム。

ซากุระ ยามะ
シャワーは温水機能付き。

シャンプーも置いてある。

ซากุระ ยามะ
トイレはシャワー付き。

用を足したら桶に入った水を上から落とし流す。

初めての人は勝手がわからないかもしれないが、水は便器の口より少し高いところから落とせば、便は流れる。
逆に高い所から水を流すとトイレの水が飛び散る上、便も流れにくいので要注意。


ムーガタ屋


店内


ซากุระ ยามะ
宿泊施設の最上階にあるムーガタ屋で夜食を食べる。

店は日本風の装飾がされている。

キャンプ以外の宿泊客の一部は、宿泊施設が貸してくれる浴衣を着ている。

ซากุระ ยามะ
テラス席と室内席があり、どちらの席もちゃぶ台が置いてあり、床に座って食べるスタイル。

メニュー


ซากุระ ยามะ
注文用紙にほしいメニューの数を記入して店員に渡す。

飲食


ซากุระ ยามะ
熱いお茶 急須(きゅうす)入り(ชาร้อน เหยือก) 60バーツ。

ซากุระ ยามะ
ヤムウンセン ・ムーサップ(ยำวุ้นเส้นหมูสับ) 120バーツ。
豚肉ミンチの春雨サラダ。

春雨と豚肉ミンチ以外には、トマト、玉ねぎ、唐辛子、パクチー。
辛めの味付け。

ซากุระ ยามะ
トムヤム・プラーニン(ต้มยำปลานิล) 130バーツ。
プラーニンと呼ばれる魚のトムヤムスープ。

魚以外には、玉ねぎやエノキダケなどが入っている。
魚は脂が乗っている。
スープは酸味と辛いが効いている。

美味しい。

ซากุระ ยามะ
ムーガタ 1キロ(หมูกระทะ 1 โล) 250バーツ。

豚肉、野菜、春雨、生卵などのセット。

ซากุระ ยามะ
店員が台座の中に入った炭に火を入れてくれる。

ซากุระ ยามะ
台座に鍋を載せ、熱くなった鍋に具材を載せていく。

一般的なムーガタ用の鍋は、中央が突起になっており、突起の周りはスープを入れるための溝があり、中央の突起上で肉を焼く。
しかし、こちらは鉄板上にスープ用の鍋があるタイプ。

肉は郊外によくあるムーガタ屋で使われている肉より品質は良い。

ซากุระ ยามะ
鍋の中のスープが少なくなったら、都度つぎ足す。

スープはインスタントのコンソメスープで使われているような化学調味料の味がする。


ムーガタはキャンプ場や日本庭園で食べることも可能。

朝食


ซากุระ ยามะ
宿泊客に渡される朝食クーポンを使い、最上階で朝食を食べる。

ซากุระ ยามะ
コーヒー、お茶コーナー。

朝食はビュッフェスタイル。

ซากุระ ยามะ
トーストコーナー。

いかにも安そうな食パンが置かれている。

ซากุระ ยามะ
寿司、フルーツコーナー。

ซากุระ ยามะ
店員に注文したお粥とビュッフェコーナーから持ってきた寿司。

ซากุระ ยามะ
注文すれば、目玉焼きやスクランブルエッグを作ってくれる。

最後に一言


今回は、『タイのスイス』と呼ばれる高原地帯にある宿泊施設 さくら山リゾート(Sakura Yama Resort/ซากุระ ยามะ)を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは5点。(全10点満点)
宿泊費を浮かすために泊まったテントは清潔感があり、思ったより快適に過ごすことができた。

テントのレンタル料は1日1,200バーツと高いが、カオコーの宿泊料が1泊2,500バーツ以上といことを考えると、コスパは良い。

基本情報


リゾート:さくら山リゾート(Sakura Yama Resort/ซากุระ ยามะ)
宿泊費:
ホテル:2,500バーツ~(2020年3月18日現在)
キャンプ:1,200バーツ
クレジットカード:不可
客室サイズ:24 m²~
シャワー:有
キッチン:有
トイレ:有
エアコン:有
テレビ:有
冷蔵庫:有
ヘアードライヤー:有
アメニティグッズ:有
インターネット:有
朝食:有
住所:
      ตำบล แคมป์สน อำเภอเขาค้อ เพชรบูรณ์ 67280
駐車場:有
プール:有
電話:+66 95 642 2269
チェックイン:12:00 - 16:00
チェックアウト:9:30 - 11:30
agoda:https://www.agoda.com/ja-jp/sakurayamaresort_2/hotel/all/khao-kho-th.html
FB(タイ語):https://www.facebook.com/SakuraYamaResort/

半径2km圏内にある場所


今回紹介した店から半径2km圏内にある場所の記事はこちら。


関連記事

0 Comments

コメント