クルア・バーン・モーで珍味の猪カレーを食す in ペッチャブーン県

ครัวบ้านหม้อ
今回は、タイ北部のペッチャブーン県(จังหวัดเพชรบูรณ์)にあるタイ料理レストラン 

クルア・バーン・モー


(ครัวบ้านหม้อ)を紹介する。


地図



クルア・バーン・モーの地図はこちら。


クルア・バーン・モー前のストリートビュー。

画面をフリックして周りの風景を確認したり、矢印を押すことで順路の風景を確認できます。
初めて訪れる人は、参考にどうぞ。

店内


ครัวบ้านหม้อ
店は壁がない吹き抜けの作り。

各テーブルには、水とジュースのペットボトルが1本ずつ置いてある。

ครัวบ้านหม้อ
店の敷地には藁(わら)ぶき屋根で高床式の小屋がいくつかある。

今回は、この高床式の小屋で食事をする。

ครัวบ้านหม้อ
小屋は壁が無い吹き抜けで風通りが良い。

床の上にはちゃぶ台が置かれており、椅子はない。

メニュー


ครัวบ้านหม้อ
ドリンクは30バーツからで種類は豊富。

料理はタイ料理のみだが、種類は豊富。
価格帯は安い。
ソムタムは30バーツから。

飲食


ครัวบ้านหม้อ
水ペットボトル 1.5L 20バーツ。
氷バケツ 10バーツ。

ครัวบ้านหม้อ
カオ・スワイ(ข้าวสวย) 10バーツ。
ご飯。

ครัวบ้านหม้อ
タム・トゥア(ตำถั่ว) 35バーツ。
インゲンのソムタム。

タイ語で『タム(ตำ)』は『ソムタム』、『トゥア(ถั่ว)』は『豆』という意味。

インゲンの他には、トマト、レモン、カニなどが入っている。
唐辛子の辛味、レモンの酸味、砂糖の甘味、それぞれの味のバランスが良い。

一般の日本人には辛過ぎだと思うが、美味しい。

ครัวบ้านหม้อ
トムヤム・プラータプティム(ต้มยำปลาทับทิม) 150バーツ。

タイ語で『プラータプティム(ปลาทับทิม)』は『ティラピアという川魚』のこと。
プラータプティムをさらに分解すると『プラータプティム(ปลา)』は『魚』、『タプティム(ทับทิม)』は『(果物の)ザクロ、ルビー』という意味で、プラータプティムのザクロのような赤い魚。
見た目は鯉に似ている。
白身の魚で、味は臭みがなく、あっさりした味。

酸味が効いた澄んだトムヤムスープ。
エシャロットなどの野菜が入っている。
砂糖が多めに入っており、酸味、辛みの中にはっきと甘みを感じる変わった味付け。

ครัวบ้านหม้อ
プラータプティム・トート・グラティアム(ปลาทับทิมทอดกระเทียม) 150バーツ。

タイ語で『プラータプティム・トート・グラティアム(ปลาทับทิม)』は『ティラピア』、『トート(ทอด)』は『揚げる』、『グラティアム(กระเทียม)』は『にんにく』という意味。

先ほど紹介したトムヤムスープの具材として使われたティラピアを揚げた料理。

一緒についてくるつけたれは、酸味 辛味、甘みのバランスが良く揚げ魚ととてもよく合う。

とても美味しい。

ครัวบ้านหม้อ
ムーパー・パット・ペット(หมูป่าผัดเผ็ด) 60バーツ。
猪の辛口炒め。

タイ語で『ムーパー(หมูป่า)』は『猪(いのしい)』、『パット(ผัด)』は『炒める』、『ペット(เผ็ด)』は『辛い』という意味。
『猪』の意味である『ムーパー(หมูป่า)』は、『豚』という意味の『ムー(หมู)』と『森』という意味の『パー(ป่า)』はの合成語。

猪の肉以外に、黒コショウの実、パプリカ、唐辛子、ショウガ、玉ねぎなどが入っている。

猪の肉は脂身は少なく、野生の猪の肉らしく引き締まっており、美味しい。
いろいろなスパイスを使ったカレーで味付けしている。
辛みはそれほどない。

とても美味しい。

最後に一言


今回は、タイ北部のペッチャブーン県にあるタイ料理レストラン クルア・バーン・モーを紹介しましたが、いかがでしょうか?

今回のサラパオポイントは8点。(全10点満点)
料理は種類豊富で安くて美味しい。
おすすめのタイ料理レストラン。

店の近くで獲れた野生の猪カレーは、珍味なので、ぜひ機会があれば食べてほしい料理。

基本情報


タイ料理店:クルア・バーン・モー(ครัวบ้านหม้อ)
予算:150~300バーツ(朝、昼、夜)
クレジットカード:不可
VAT:7%(込)
サービス料:無
住所:
      122 ตำบล ป่าเลา อำเภอเมืองเพชรบูรณ์ เพชรบูรณ์ 67000
駐車場:有
電話:+66 93 135 2939
営業時間:9:00 - 19:00
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:無
個室:無
喫煙席:無


関連記事

0 Comments

コメント