Kruanarknava Khawmokhisoはカオヤイでは珍しいハラルレストラン

Narknava Restaurant Kaomok Hiso
今回は、カオヤイ(เขาใหญ่)にあるハラルレストラン 

Kruanarknava Khawmokhiso


(ครัวนาคนาวา ข้าวหมกไฮโซ )を紹介する。

Wikipediaによると、

ハラール(アラビア語: حلال‎)は、イスラム法で許された項目をいう。

端的にはイスラム法上で食べることが許されている食材や料理を指す。

日本語に訳すと、「やってもやらなくてもかまわないもの(許可)」という意味となる。なお、日本では「ハラル」と書くことも多い。


反対に、口にすることを禁止されている物をハラーム(アラビア語: حرام‎)と言い、この語は「やってはならないもの(禁止)」という意味でハーレムと同じ語源である。


ハラール - Wikipedia より引用


とのこと。


地図



Kruanarknava Khawmokhisoの地図はこちら。


Kruanarknava Khawmokhiso前のストリートビュー。

写真が古いため現在のようにレストランは道沿いにまだできていないが、画面をフリックして周りの風景を確認したり、矢印を押すことで順路の風景を確認できます。
初めて来店する人は、参考にどうぞ。

Kruanarknava Khawmokhiso


ティーコーナー(Tea Corner)


Narknava Restaurant Kaomok Hiso
店はティーコーナーとレストランに分かれている。

Narknava Restaurant Kaomok Hiso
ティーコーナーの雰囲気。

壁が無い吹き抜けの作り。

ドリンクを店で飲まないで、持ち帰ることも可能。

Narknava Restaurant Kaomok Hiso
ドリンクメニュー。

熱いエスプレッソ 35バーツ、冷たいエスプレッソ 45バーツ、冷たいタイミルクティー 35バーツ。

ハラルレストラン


Narknava Restaurant Kaomok Hiso
ティーコーナーに隣接しているハラルレストランのテーブルに着く。

飼い猫なのか人懐っこい黒猫が椅子に乗り、こちらを覗いている。

来店したのは、日曜日午前11時。
レストランには他に客はいない。

Narknava Restaurant Kaomok Hiso
ハラルメニュー。

Lam Curry with Roti 180バーツ、ビーフスープ(Beef Soup) 90バーツ、マトン・ビリヤニ(Mutton Biryanis) 180バーツ。

ビリヤニとは、Wikipediaによると、

ビリヤニ、ビリヤーニー(Biryani,birianiもしくはberiani)は、インド亜大陸のムスリムにその起源を持つ混ぜご飯料理である。

スパイスと米(通常バスマティ米)、肉、魚、卵や野菜などから作る米料理である。

同じ米料理であるプラオとビリヤニとの違いは、プラオは生の米から炊き込むのに対して、ビリヤニは米とカレー(肉か野菜のカレー)を別々に作る点にある。


ビリヤニ - Wikipedia より引用


とのこと。

宿泊施設


Narknava Restaurant Kaomok Hiso
レストランの裏側には宿泊施設があり、宿泊することが可能。

農場


Narknava Restaurant Kaomok Hiso
レストラン裏にある広大な敷地は農場になっており、動物が飼育されている。

飲食


Narknava Restaurant Kaomok Hiso
Oxtail soup 140バーツ。
雄牛(おうし)の尻尾(しっぽ)のスープ。

尻尾は骨が多く、肉の量はそこそこで食べにくい。
尻尾の肉は脂身が多め。

スープは酸味が効いたスープ。
スープの中には唐辛子とパクチーが入っている。
唐辛子の実が入っているが、辛みはそれほどない。

Narknava Restaurant Kaomok Hiso
チキンスープ 80バーツ。

店の農場で飼育されていた鶏肉を使ったスープ。
鶏肉は引き締まった野性味のある味。

Narknava Restaurant Kaomok Hiso
チキンカレーとロティ(Chicken Korma with roti) 160バーツ。

カレーの中には大量のパクチーと唐辛子が入っている。

たくさんトマトを使っているからか、唐辛子の辛さはそれほど強くない。


ご飯 20バーツ。

Narknava Restaurant Kaomok Hiso
先ほど紹介したチキンカレーに付いてくるロティ。


Narknava Restaurant Kaomok Hiso
パットペット・プラードゥック(ผัดเผ็ดปลาดุก) 90バーツ。
ナマズのスパイシー炒め。

スパイスが効いて辛くて美味しいが、ナマズは骨が多く 食べにくい。

Narknava Restaurant Kaomok Hiso
チキン・ビリヤニ(Chicken biryani) 120バーツ。

甘いソースとピクルスが付く。

Narknava Restaurant Kaomok Hiso
スパイスが塗らてた蒸した鶏肉はフォークのみで肉が崩れるほど柔らかい。

上にはニンニクチップが振りかけられている。

Narknava Restaurant Kaomok Hiso
ピクルスに使われている野菜は、人参、インゲン、ホワイトフラワー、大根、ショウガなど。

最後に一言


今回は、カオヤイでは珍しいカオヤイにあるハラルレストラン Kruanarknava Khawmokhisoを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

カオヤイでおすすめのレストランを紹介した、こちらの記事もどうぞ!

今回のサラパオポイントは7点。(全10点満点)
バンコクでは珍しくはないが、カオヤイでは貴重なハラル料理レストラン。

基本情報


ハラルレストラン:Kruanarknava Khawmokhiso(ครัวนาคนาวา ข้าวหมกไฮโซ)
予算:150~300バーツ(朝、昼、夜)
クレジットカード:不可
VAT:7%(込)
サービス料:無
住所:
      39/1 หมู่ 9 พญาเย็น ปากช่อง นครราชสีมา 30320
駐車場:有
電話:+66 86 833 9141
営業時間:
      火-金:8:00 - 17:00
      土日:8:00 - 18:00
定休日:月
アルコール:無
ランチメニュー:無
個室:無
喫煙席:無


関連記事

0 Comments

コメント