寿司でんで港セット 690バーツを食す in ターミナル21

寿司でん
今回は、ターミナル21に店を構える寿司屋 

寿司でん


(SUSHI DEN)を紹介する。

寿司でんは、創業2010年のタイ資本の寿司チェーン店。
現在、バンコクにあるショッピングモールを中心に19店舗を展開。


地図



今回紹介する寿司でんの場所は、BTS アソーク駅直結のショッピングモール ターミナル21(Terminal 21)の地下1階。

ターミナル21の地図はこちら。

メニュー


寿司でん
デザートメニュー。

抹茶アイス、バニラアイス 各75バーツ。

ドリンクメニュー。
水 35バーツ、お代わり自由のお茶 45バーツ。
白鶴・端麗 520バーツ、アサヒビール 330ml 120バーツ。


寿司でん
握り寿司メニュー。

大トロ 1貫 330バーツ、ズワイガニ味噌 1貫 275バーツ、赤身の醤油たれ 130バーツ。

高級ネタとはいえ、1貫でこの値段は高すぎ。

寿司でん
赤身 2貫 105バーツ、炙りサーモン 2貫 129バーツ、あん肝の軍艦巻き 1貫 129バーツ、生うに軍艦巻き 1貫 319バーツ。

高級ネタは驚くほど高いが、赤身やサーモンなどはぎりぎり許容範囲の価格帯。
それでも日本の回転ずしと比較するとだいぶ値段が高い。

寿司でん
握り寿司セットメニュー。

炙りCセット 360バーツ。

同じネタなら単品で注文するよりセットメニューの方がお得感がある。

寿司でん
ランチセットメニュー。

親子丼セット 199バーツ、豚うどん鍋セット 239バーツ、スペシャル握りセット 299バーツ。

セットには餃子とお茶も付くのでお得感はあるが、寿司屋で海鮮物以外の丼物やうどんを食べるなら、他の店で食べた方が良いとも思う。

店内


寿司でん
店頭で売られている持ち帰りの海鮮丼や握り寿司。

寿司でん
店にはカウンター席やテーブル席もあり、テーブルに着き食事をすることができる。
カウンター席に着く。

卓上にある調味料は、醤油のみ。

来店したのは、平日午後8時。
サラパオ達以外には店内で食事をしている客はいない。

店は壁が無い吹き抜けで椅子の後ろが通路に面しているため落ち着いて食事はできない。

飲食物の持ち込みは禁止。


熱い緑茶一杯 45バーツ。
お代わりは無料。
お茶は湯呑みを握れないほどとても熱い。
湯呑みを紙ナプキン越しで掴んで、お茶を飲む。

飲食


寿司でん
港セット(みなとせっと) 690バーツ。

ネタは左から、大トロ、赤身、ハマチ、イカ、エンガワ、ウナギ、イクラ。
単品で注文した場合の1貫当たり各ネタの値段は大トロ 330バーツ、ハマチ 130バーツ、イクラ 73バーツ。
イカ、エンガワ、ウナギの値段は不明だが、同じネタを注文するのであれば、セットメニューの方がだいぶお得。

ネタの下にわさびは塗られていないため、自分でネタを剥がしてシャリの上にワサビを塗って食べる。

イカはねっとりした食感で、美味しい。

エンガワは甘く、肉厚で食べ応えあり。

どのネタも新鮮で美味しい。

シャリは柔らかく、口の中でほろりと崩れ、寿司としての完成度も高い。

最後に一言


今回は、ターミナル21 地下1階に店を構える寿司屋 寿司でんを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは6点。(全10点満点)
寿司でんは、タイの会社の寿司屋ではあるが、修業したタイ人寿司職人が寿司を握っており、ネタの質、寿司の完成度も高い。

タイにある多くの寿司屋もそうなのだが、寿司の値段は日本と比較すると驚くほど高額。

基本情報


寿司屋:寿司でん(SUSHI DEN)
予算:~バーツ(昼、夜)
クレジットカード:VISA、MasterCard、JCB(会計が500バーツ以上ならサービス料は店負担)
VAT:7%(別)
サービス料:無
住所:BTS アソーク駅直結のショッピングモール ターミナル21(Terminal 21)の地下1階
      ターミナル21(Terminal 21)
駐車場:有
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:有
喫煙席:無
FB(タイ語):https://www.facebook.com/SushiDen.Japanese.Restaurant/

徒歩3分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩3分圏内にある場所の記事はこちら。


関連記事

0 Comments

コメント