トンロー日本市場で購入した生牡蠣を市場内で食べる in トンロー

  • カテゴリ生活
  • コメント0
  • TRACKBACK0
日本生鮮卸売市場
今回は、トンロー(ทองหล่อ)にある卸売り市場 

トンロー日本市場


を紹介する。

トンロー日本市場『日本生鮮卸売市場』がオープンしたのは2018年6月。
市場では、日本産の鮮魚、野菜、果物、牛肉などの生鮮食品が中心に売られている。

営業時間は9:00 - 18:00だが、一般客の入場は11:00から可能
(9:00 - 11:00は業者のみが入場可能)


地図



トンロー日本市場の地図はこちら。

場所は、BTS トンロー駅(สถานีทองหล่อ)から徒歩17分、ソイ・トンロー(ซอยทองหล่อ) 13、日本村モールの隣。


トンロー日本市場前のストリートビュー。

市場内


果物コーナー


日本生鮮卸売市場
写真を撮り忘れたが、ぶどう、サクランボ、桃、柿、メロン、苺などが売られていた。
価格設定は高め。

入場したのは、土曜日午後1時。
空いており、落ち着いて商品を見ることができた。

客層は7割タイ人、2割日本人、1割その他外国人で家族連れが多い。

野菜コーナー


日本生鮮卸売市場
辛味大根 128バーツ、長芋 230バーツ。

他にもタイのショッピングモールでは見かけない、さまざまな日本の野菜が陳列されている。

牛肉コーナー


日本生鮮卸売市場
オージー牛の牛タン 116g 183バーツ、泰日友好ハンバーグ 2個入り 200バーツ。

泰日友好ハンバーグは和牛と豚肉の粗びきハンバーグ。

日本生鮮卸売市場
焼肉用和牛カルビ 116g 330.60バーツ。

見ただけで分かる上質な牛肉が並ぶ。

肉コーナーには豚や鶏は扱っておらず、売られているのは牛肉のみ

魚コーナー


日本生鮮卸売市場
寿司コーナー。

おまかせ握り10貫入り 299バーツ。

日本生鮮卸売市場
マグロコーナー。

インドマグロ 中トロ 200g 600バーツ、インドマグロ 赤身 88g 220バーツ。

日本生鮮卸売市場
丸恭の生うに 250g 4,632バーツ。

日本生鮮卸売市場
発泡スチロールのケースに入れられた新鮮な魚介類。

北海道産さんま1匹 会員85バーツ 非会員89バーツ、大分産鯵(あじ) 100g 会員115バーツ 非会員121バーツ、宮城産サバ1匹 会員420バーツ 非会員442バーツ。

日本生鮮卸売市場
生食用宮城産牡蠣1枚 会員80バーツ 非会員84バーツ。

疲れたので生牡蠣を購入し市場内にあるイートインコーナーで生牡蠣を食べながら一休みすることにする。

日本生鮮卸売市場
レジで会計を済ます。

今回購入した物の主な価格は、和牛カルビ 134g 423バーツ、和牛ロールステーキ 2つ 340バーツ、おまかせ握り寿司10貫 299バーツ×2、生食用宮城産牡蠣1枚 非会員84バーツ×2。

イートインコーナー


日本生鮮卸売市場
市場内2階にあるイートインコーナー。

イートインコーナーのテーブルの埋まり具合は5割。
客は全員タイ人。

使い捨ての箸、フォーク、スプーン、醤油、ワサビやコップがテーブルに置かれている。

日本生鮮卸売市場
ガスコンロを借りて市場で買った食材ですき焼きやしゃぶしゃぶを自分で作れるサービスもある。

日本生鮮卸売市場
割り下や出汁は無料でもらえ、市場で買ってきた野菜は市場の人が食べやすい大きさに切ってくれる。

日本生鮮卸売市場
市場で購入した生牡蠣を食べる。

海鮮ソースは市場の人から無料で頂いた。

最後に一言


今回は、トンローにある日本産の鮮魚、野菜、果物、牛肉などの生鮮食品が中心に扱っている卸売り市場 トンロー日本市場を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは6点。(全10点満点)
卸売市場なので割安感のある価格帯を期待していたが、日本産の高級食材を中心に扱っているため価格帯は高い。

今回購入した焼肉、ステーキ、寿司はどれもとても美味しかったが、値段を考えると満足度は普通。

こんなに高い食材を購入しているのであれば、日本料理レストランが高いのも納得。

基本情報


市場:トンロー日本市場『日本生鮮卸売市場』
クレジットカード:VISA、MasterCard、JCB(サービス料は店負担)
住所:
      87 ซอย ทองหล่อ 13 แขวง คลองตันเหนือ เขตวัฒนา กรุงเทพมหานคร 10110
駐車場:有
電話:+66 2 059 2616
営業時間:9:00 - 18:00
定休日:無
ホームページ(日本語):http://jvalue.co.th/

徒歩5分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩5分圏内にある場所の記事はこちら。
関連記事

0 Comments

コメント