チャンノイはアヒルのくちばしや豚の乳が食べれる人気のイサーン料理店 in アソーク

ช้างน้อยส้มตำ
今回は、アソーク(อโศก)にあるイサーン料理レストラン 

チャンノイ


(ช้างน้อยส้มตำ)を紹介する。

チャンノイは、アソークという立地にありながら、リーズナブルな値段で本格イサーン料理を食べることができるタイ人に人気のレストラン。
アヒルのくちばし、豚の乳、チムチュムなどバンコクでは扱っている店が少ない料理を食べることができる


地図



チャンノイの地図はこちら。

場所は、BTS アソーク駅(สถานีอโศก)から徒歩8分、ソイ・スクンビット(ซอยสุขุมวิท) 23の奥まったところ。


チャンノイ前のストリートビュー。

画面をフリックして周りの風景を確認したり、矢印を押すことで順路の風景を確認できます。
初めて来店する人は、参考にどうぞ。

店内


ช้างน้อยส้มตำ
来店したのは、土曜日午後8時。

テーブルのう埋まり具合は、5割。
客層は、タイ人がほとんど。
一部はサラパオ同様、タイ人に誘われて来店した、外国人。

テレビにはヨーロッパのサッカーリーグの試合が映っている。

メニュー


ช้างน้อยส้มตำ
タイ語のメニュー。

ช้างน้อยส้มตำ
ほとんどの料理は100バーツ未満と価格帯は安い。

ช้างน้อยส้มตำ
ソムタムに至っては40バーツから食べられるという安さ。

飲食


ช้างน้อยส้มตำ
シンハービール 大瓶(เบียร์สิงห์) 85バーツ、コーラ小瓶(โค้กเล็ก) 20バーツ、氷バケツ(น้ำแข็งใหญ่) 25バーツ。

レストランでシンハービール 大瓶 85バーツは、バンコクで最安値レベルの安さ。

ช้างน้อยส้มตำ
タム・ムア(ตำมั่ว) 40バーツ。
麺入りのソムタム。

味付けは本場イサーンの味付けに近く、とても辛い。

イサーン出身の妻は絶賛していた。

ช้างน้อยส้มตำ
タム・ホーイ・ドーン(ตำหอยดอง) 50バーツ。

ホーイ・ドーン(หอยดอง)とは「貝の塩漬け」のことで、貝の塩漬けのパパイヤサラダ。
酸っぱい辛いスープと貝の塩漬けがよく合い美味しい。

イサーンの発酵系の強烈な臭いがする。
辛さは激辛で、サラパオは食べられなかった。

オリジナルの味に近いようで、こちらも妻の評価は高い。

ช้างน้อยส้มตำ
コームーヤーン(คอหมูย่าง) 80バーツ。
豚の喉肉の炙り焼き。
日本人が好きなイサーン料理の一つ。

肉は脂身が少なく、サラパオの好み。

タレは味噌のような感じで甘みがある。

ช้างน้อยส้มตำ
ノムヤーン(นมย่าง) 80バーツ。
豚の乳を焼いた料理。

弾力があり噛み切るのが大変。

コームーヤーンの方が脂が乗っており好み。

珍味としてたまに食べるのであれば有り。

ช้างน้อยส้มตำ
ラープムー(ลาบหมู) 80バーツ。
豚のラープ(タイ風豚ひき肉サラダ)。

スパイスがよく効いており、食べるとピリッとした刺激がする。

オリジナルの味付けに近く、妻は絶賛。

サラパオも美味しく頂いたが、普通の日本人には辛すぎるので、辛さに耐性の無い人は、注文の際は辛くしないよう伝えることをおすすめする。

ช้างน้อยส้มตำ
パークペットトート(ปากเป็ดทอด) 120バーツ。
アヒルのクチバシ揚げ。

イサーンの郷土料理ではあるが、イサーン料理店でも扱っている店は少ない、貴重な料理。

白ゴマを付けて揚げたくちばしを、オレンジ色の甘口のたれに付けて食べる。

くちばしについている肉は少なく、肉は引き締まっており塩っ気のある味。

酒のつまみに合う、サラパオお気に入りの料理だが、このくちばしは揚げすぎの上、肉がパサついた感じでイマイチ。

ช้างน้อยส้มตำ
チムチュム・ムー(จิ้มจุ่มหมู) 250バーツ。
豚のチムチュム。

チムチュムは、小さな土鍋に春雨、空心菜、白菜、薬草などの野菜類に肉、海鮮類などを入れて食べるイサーンの鍋料理。
チムチュムも豚の乳やアヒルのくちばしのようにバンコクのレストランでは扱っている店が少ない、貴重な料理。

肉と混ぜるための生卵、二種類のつけだれが付く。

ช้างน้อยส้มตำ
今回は豚肉を選択したが、肉は牛肉、豚肉、鶏肉の3種類から選べる。

ช้างน้อยส้มตำ
野菜に続き、生卵を絡ませた豚肉を鍋に投入。

出汁をしっかりとったスープは、優しい味付けで美味しい。

ช้างน้อยส้มตำ
先に火が通った豚肉から食べる。

ช้างน้อยส้มตำ
空心菜や白菜もたっぷりあるので、野菜不足解消に良い。

シャキシャキした野菜に好みのタレに付けて食べる。

ベースとなるスープは初めから美味しいが、料理をした後のスープはいろいろな食材から出た旨味が追加されて、さらに美味しい。

最後に一言


今回は、アソークにあるタイ人に人気のイサーン料理レストラン チャンノイを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

アソークでおすすめのレストランを紹介した、こちらの記事もどうぞ!

今回のサラパオポイントは8点。(全10点満点)
アソークという立地にもかかわらず、ほとんどのメニューは100バーツ以下のリーズナブルな価格帯で人気店であることはうなずける。

アヒルのくちばし、豚の乳、チムチュムなどバンコクで扱っている店が少ないメニューを食べることができるのもポイントが高い。

日本人の口に合うかは置いといて、イサーン出身の妻の話では本場イサーンの味付けに近くて美味しいとのこと。


基本情報


イサーン料理店:チャンノイ(ช้างน้อยส้มตำ)
予算:300~600バーツ(昼、夜)
クレジットカード:不可
VAT:7%(込)
サービス料:無
住所:BTS アソーク駅(สถานีอโศก)から徒歩8分
      96/2 ซอยประสานมิตร ​ ถนน สุขุมวิท Khlong Toei Nuea, Watthana, Bangkok 10110
駐車場:有
電話:+66 89 495 3490
営業時間:16:00 - 24:00
定休日:日
アルコール:有
ランチメニュー:無
喫煙席:無
FB(タイ語):https://www.facebook.com/ChangnoiSomtam/

徒歩5分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩5分圏内にある場所の記事はこちら。


関連記事

0 Comments

コメント