バーン・ホーム・ティアンはアロマキャンドルで有名なショッピングエリア in ラチャブリー県

บ้านหอมเทียน
今回は、ラーチャブリー県(จังหวัดราชบุรี)にあるろうそくのショッピングエリア 

バーン・ホーム・ティアン


(บ้านหอมเทียน)を紹介する。

タイ語で「バーン(บ้าน)」は「家」、「ホーム(หอม)」は「いい香り」、「ティアン(เทียน)」は「ろうそく」という意味で、「バーン・ホーム・ティアン」は意訳で「アロマキャンドルの家」という意味。

バーン・ホーム・ティアンはアロマキャンドルで有名なショッピングエリアで、中にはアロマキャンドルショップの他、飲食店、ろうそくの作り方を学べる場所がある。


地図



バーン・ホーム・ティアンの地図はこちら。

入場料


บ้านหอมเทียน
バーン・ホーム・ティアンの出入口近くにある受付で入場料 60バーツを支払う。

บ้านหอมเทียน
入場券を買い、入場。

入場券はろうそくのお土産(おみやげ)との引換券になっており、スワン・プン(สวนผึ้ง)と呼ばれるエリアでろうそくと交換できる。

タイ語で「スワン(สวน)」は「公園」、「プン(ผึ้ง)」は「ミツバチ」という意味で、「スワン・プン」は「ミツバチ公園」という意味。

クイッティアオ屋


บ้านหอมเทียน
バーン・ホーム・ティアンの入り口近くにあるクイッティアオ屋。

บ้านหอมเทียน
木造でレトロな雰囲気が漂う店内。

บ้านหอมเทียน
クイティアオ。

普通に美味しかった。
1杯50バーツぐらいだったと思う。

บ้านหอมเทียน
竹のコップに入れたさとうきびジュース。

1杯30バーツぐらいだったと思う。

バーン・ホーム・ティアン出入口付近の雑貨店


บ้านหอมเทียน
細くて緩やかな坂道を登っていく。

บ้านหอมเทียน
出入口付近では小さな雑貨店が多くある。

スワン・プン(สวนผึ้ง)エリア


บ้านหอมเทียน
スワン・プン・エリアはろうそくを扱っている店が集まるエリア。

บ้านหอมเทียน
スワン・プン・エリア入り口近くメインの坂道沿いにある店で入場券兼お土産引換券をお土産のろうそくに交換してもらう。

お土産のろうそくは、この写真に写っているろうそく。

入場券は60バーツと安く、しかもろうそくのお土産付きなので、コスパはとても良い。

บ้านหอมเทียน
所々に置かれているろうそくで作られた巨大なキャンドルアート。

บ้านหอมเทียน
店内には様々なろうそくそんが売られておりお土産に最適。

ろうそくを作るワークショップ


บ้านหอมเทียน
スワン・プンエリア内のこの通路を抜けたところにろうそくを作るワークショップがある。

บ้านหอมเทียน
タイ語で「ろうそくの家屋」(เรือนทำเทียน)と書かれ羊の看板に従い進む。

บ้านหอมเทียน
ワークショップの参加料は1回 200バーツ。

ワークショップの内容はすでに用意された毛が無い羊の胴体に毛を付けるだけの簡単な作業。

店員がお手本を見せてくれるし、作業のサポートもしてくれるので子供でも楽しめる。

บ้านหอมเทียน
ワークショップで羊の胴体にろうそくの毛を付ける子供達。

その他


บ้านหอมเทียน
タイの遊園地には必ずと言っていいほどある射的ゲーム。

บ้านหอมเทียน
自然豊かな場所にあるショッピングエリアなので、所々に絶景ポイントがある。

最後に一言


今回は、ラーチャブリー県にあるアロマキャンドルで有名なショッピングエリア バーン・ホーム・ティアン(บ้านหอมเทียน)を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは6点。(全10点満点)
ろうそくを沢山売っているショッピングエリアとしては珍しい。
日ごろろうそくをよく使う人やろうそくのコレクターなら良いが、大人が行ってもそれほど楽しめる場所ではない。

小さいお子さんであれば、ろうそく作りは良い経験になるし、射的なども楽しめると思う。

基本情報


ショッピングエリア:バーン・ホーム・ティアン(บ้านหอมเทียน)
入園料:60バーツ
クレジットカード:不可
住所:
      210 สวนผึ้ง ราชบุรี 70180
駐車場:有
電話:+66 81 841 1895
営業時間:
      月-金:8:30 - 18:00
      土日:8:30 - 20:00
定休日:無
FB(タイ語):https://www.facebook.com/banhomtien

半径2km圏内にある場所


今回紹介した場所から半径2km圏内にある場所の記事はこちら。
関連記事

0 Comments

コメント