サムライダイナーはレトロな昭和の雰囲気が漂う洋食店 in プラカノン

サムライダイナー
今回は、プラカノン(พระโขนง)にある洋食料理レストラン 

サムライダイナー


(SAMURAI DINAR)を紹介する。

サムライダイナーは、2018年5月にオープンした、昭和レトロな雰囲気が漂う洋食レストラン。


地図



サムライダイナーの地図はこちら。

サムライダイナーの場所は、BTS プラカノン駅(สถานีพระโขนง)から徒歩3分、ソイ・プラカノン1沿い、W Districtの近く。

店内


サムライダイナー
喫煙可能なテラス席。

サムライダイナー
店に入って右手にあるバーカウンター。

サムライダイナー
昭和のレトロな雰囲気が漂う店内。
木造の机と椅子がいい雰囲気を出している。
歌謡曲が流れている。

来店したのは、日曜日午後2時半。
テーブルの埋まり具合は4割。
客層はバンコク在中の日本人とファランが半分ずつ。

サラパオ達が着いたテーブルには調味料が置いていないが、置いてあるテーブルもいくつかあった。

定食のごはんはお代わり自由。
タイ語では味噌汁もお代わり自由と書いてあるので、たぶん味噌汁も無料だと思う。


サムライダイナー
奥に置かれたブラウン管。

昭和に放送された白黒の番組を映すこだわりよう。

サムライダイナー
ショーケースには昔のカメラなどの昭和のアンティークが並ぶ。

サムライダイナー
置かれている漫画は、 昭和30年から39年の庶民生活を題材にした『三丁目の夕日』(さんちょうめのゆうひ)。

メニュー


サムライダイナー
アルコール飲料メニュー。
キリンビール 小瓶 110バーツ、シンハービール 大瓶 140バーツ、ハイボール 160バーツ。
焼酎もあり、グラスで注文できる。

ソフトドリンクメニュー。
水 25バーツ、ウーロン茶 50バーツ。

サムライダイナー
コーヒーメニュー。

同じくプラカノンにあるカフェ 93アーミーコーヒー(93 Army Coffee)のコーヒーを飲むことができる。

サムライダイナー
セットメニュー。

メンチカツセット 240バーツ、AUSビーフステーキ 280バーツ。

サムライダイナー
唐揚げメニュー。

日本で100店舗を展開する、大分県中津から来た揚げ専門店 中津唐揚げの唐揚げ。
唐揚げはサムライダイナーの前にある中津唐揚げの屋台で揚げているので、唐揚げだけなら外の屋台で注文、持ち帰ることができる。

サムライダイナーと沖縄料理レストラン 金城のオーナーは同じオーナーで金城でも中津唐揚げの唐揚げを注文することができる。

飲食


サムライダイナー
ウーロン茶 50バーツ。

サムライダイナー
シーザーサラダ 120バーツ。
シーザーサラダが大好きな妻が注文。

見た目で分かるように、シーザーサラダとしては、これはひどい。

サムライダイナー
和風おろしハンバーグステーキセット 290バーツ。

ご飯と味噌汁だけが先に出され、しばらく待ってから鉄板に乗ったハンバーグが来た。

ハンバーグの上にはシソと大根おろしが乗っており、ポン酢ソースが掛けられている。

付け合わせは、ベビーコーン、ブロッコリー、人参、ナポリタンスパゲッティ、そしてエビフライが2つ。
エビフライにはタルタルソースが掛けられている。

セットメニューはご飯とみそ汁がお代わり自由

味は普通。

サムライダイナー
モモからあげ 60バーツ。

付け合わせは、キャベツの千切り。
レモンとマヨネーズが付く。

日本の唐揚げらしく鶏肉は揚げる前に出汁に付けている。
サラパオの好みであるサックサックの衣ではないが、美味しい。

最後に一言


今回は、プラカノンにある洋食料理レストラン サムライダイナーを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは6点。(全10点満点)



基本情報


洋食料理店:サムライダイナー(SAMURAI DINAR)
予算:350~700バーツ(昼、夜)
VAT:7%(込)
サービス料:無
住所:BTS プラカノン駅(สถานีพระโขนง)から徒歩3分
      1637 ซอย สุขุมวิท 69/1 แขวง พระโขนงเหนือ เขตวัฒนา กรุงเทพมหานคร 10110
駐車場:有
電話:+66 2 381 2927
営業時間:無
      火-金:11:30 - 15:00、16:30 - 22:30
      土日:11:30 - 22:30
定休日:月
アルコール:有
ランチメニュー:無
個室:無
喫煙席:有
FB(タイ語):https://www.facebook.com/samuraidiner

徒歩5分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩5分圏内にある場所の記事はこちら。
関連記事

0 Comments

コメント