バンコク近郊と思えない自然が広がるバーンガジャオでサイクリング

อำเภอพระประแดง
今回は、川の蛇行で描かれる形が肺のように見える自然豊かな地域 

バーンガジャオ


(Bang krachao/บางกะเจ้า)を紹介する。


バーンガジャオの地図



バーンガジャオの地図はこちら。

バーンガジャオへの行き方


公共交通機関を使ってバーンガジャオに行く一般的な方法は2つ。

一つ目は、BTS バンナー駅からタクシーまたはモータサイでバンナー埠頭(Wat Bangna Nok Pier)へ移動し、バンナー埠頭からバーンガジャオ東部に船で上陸する方法。

二つ目は、BTS プロンポン駅(สถานีพร้อมพงษ์)からタクシーまたはモータサイでクロントゥーイ埠頭(Khlong Toei Wat Pier / ท่าเรือ วัดคลองเตยนอก)へ移動し、クロントゥーイ埠頭からバーンガジャオ北部に船で上陸する方法。

バンナー埠頭(Wat Bangna Nok Pier)からバーンガジャオへアクセス



バンナー埠頭の地図はこちら。

อำเภอพระประแดง
バンナー埠頭への行き方は、BTS バンナー駅2番出口を出て、タクシーまたはモーターサイで行くとよい。

今回は、BTS バンナー駅付近でモーターサイに乗り、バンナー埠頭へ行く。

อำเภอพระประแดง
モーターサイ乗り場は、バンナー駅2番出口を出て、徒歩3分、道なりにまっすぐ歩いて行った1番目のソイ。
モーターサイ乗り場からバンナー埠頭へのモーターサイの運賃は20バーツ。


タクシーであれば、運賃は50バーツほど。
所要時間は6分程度。

運転手に伝える行先は、バンナー埠頭近くの寺 『ワット・バーンナー・ノーク(วัดบางนานอก)』。

อำเภอพระประแดง
バンナー埠頭前に到着。

バンナー埠頭の案内板に従い、バンナー埠頭へ移動する。

อำเภอพระประแดง
ベンチに座り船が到着するのを待つ。

อำเภอพระประแดง
(↑クリックで拡大)
  • バーンガジャオからバンナー埠頭行きの始発は5:00
  • バーンガジャオからバンナー埠頭行きの最終便は21:20

船の片道運賃は以下の通り。
  • 身長90cm未満の子供は無料
  • 身長90cm未満の子供は2バーツ
  • 大人は4バーツ
  • 自転車は7バーツ
  • 小・中型バイクは10バーツ
  • 大型バイクは12バーツ

乗り物の運賃はあくまで乗り物のみの運賃になるため、大人が自転車と一緒に乗れば、片道の運賃は11バーツ(4 + 7)となる。

運賃は、バーンガジャオ東部にあるナムプン・オーク埠頭(ท่าเรือวัดบางน้ำผึ้งนอก)の出口で支払う。

อำเภอพระประแดง
バンナー埠頭を発着する船の運航会社のプロモーション広告。
  • 復路は無料(復路が無料になるので、運賃の領収書は捨てないように)
  • 飲み水をプレゼント(復路の際にバーンガジャオ側の埠頭で水がもらえるので、運賃の領収書は捨てないように)
  • バーンガジャオの地図をプレゼント(地図は、バーンガジャオの埠頭を出てすぐ右側にあるレンタル自転車屋でもらえる)

อำเภอพระประแดง
バーンガジャオから来た船が到着。

อำเภอพระประแดง
船に乗る前に、バーンガジャオから来た乗客が船を降りるのを待つ。

乗客はバイクと一緒に乗船したタイ人がほとんど。
外国人はいない。

อำเภอพระประแดง
バーンガジャオの船に乗船。

バーンガジャオ行きの船に乗る乗客もほとんどはバイクと一緒に乗船しているタイ人。
一部の客はサイクリング自転車と一緒に乗船している。

出航から5分ほどでバーンガジャオ東部にあるワット・ナムプン・オーク埠頭(ท่าเรือวัดบางน้ำผึ้งนอก)に到着。

クロントゥーイ埠頭からバーンガジャオへアクセス



クロントゥーイ埠頭の地図はこちら。

BTS プロンポン駅を降り、運転手にクロントゥーイ埠頭(Khlong Toei Wat Pier / ท่าเรือ วัดคลองเตยนอก)へ行きたいと伝え、ソイ・スクンビット(ซอยสุขุมวิท) 24を南方向へ進んでいく。

BTS プロンポン駅からクロントゥーイ埠頭への移動時間は車で9分。

クロントゥーイ埠頭からバーンガジャオ行きの船の運賃は、片道一人10バーツ。
運賃は、船を降りる時に支払う。

バーンガジャオ東部にあるワット・バーン・ナムプン・オーク埠頭(ท่าเรือวัดบางน้ำผึ้งนอก)


อำเภอพระประแดง

今回は、バンナー埠頭から船で移動しバーンガジャオ東部にあるバーングラジャオ埠頭から上陸する。

大人1名4バーツはバーンガジャオに上陸した際に支払い、領収書を受け取る。
この運賃の領収書を持っていれば、帰りの際に水のペットボトルをもらえ、船の復路が無料になるので、最後まで捨てないように!!

バーンガジャオに上陸したのは、土曜日午前7時半。

サイクリング目的でバーンガジャオへ行くのであれば、時間が遅くなるほど熱くなるので、できれば午前6時、遅くとも午前8時には到着した方が良い。

อำเภอพระประแดง
バーングラジャオ埠頭の出口を出て直ぐ右側にあるレンタル自転車店で自転車をレンタルする。

อำเภอพระประแดง
自転車の数は多いが、すべてママチャリ。

自転車のレンタル料は1日50バーツ。

バンナー埠頭にプロモーション広告があったので、船の運航会社が経営していると思われる。


バーングラジャオ埠頭の出口を出て左側にもレンタル自転車店はいくつかあったが、この店がレンタル料が一番安かったので、特に自転車にこだわりが無ければ、この店で自転車を借りればよい。

ปั่นกินแฟ
(↑クリックすると拡大)
レンタル自転車店でもらったサイクリングマップ。

バーンガジャオでサイクリング


อำเภอพระประแดง
手前の銀色の自転車がサラパオが借りた自転車。

メンテナンスが適当な店も多いので、自転車を借りる前に、自転車に問題がないか確認することをお勧めする。
  • 座席はちょうどよい高さか
  • 乗り心地は良いか
  • タイヤの空気圧は丁度よいか
  • ブレーキにゆるみは無いか
  • ハンドルのゆるみは無いか
  • ベルは鳴るか
  • (あれば)ギアはスムーズに動くか

อำเภอพระประแดง
一部部品が欠けてしまっているが、6段式のギア付き。

อำเภอพระประแดง
南国の木々が生い茂っている中をサイクリング。

อำเภอพระประแดง
道は舗装されていて走りやすい。

バーンガジャオのスポット


Punkinfare Bike And Cafe正面にあるジョーク屋


ปั่นกินแฟ
この後紹介するPunkinfare Bike And Cafeに正面にあるジョーク屋。

朝食をまだ食べていないので、Punkinfare Bike And Cafeに行く前にここで朝食をとる。

ปั่นกินแฟ
店は壁の無い吹き抜けで風通しが良い。

キッチンと客が座るスペースの間に壁など一切なく、調理の様子が客席から良く見える。

ปั่นกินแฟ
水は無料のセルフサービス。

衛生面が心配なので、サラパオは飲まなかった。

ปั่นกินแฟ
卓上の調味料は、ナムプラー、唐辛子、砂糖、唐辛子入りの酢、中国の醤油。

唐辛子入りの酢は2種類。
みじん切りした青唐辛子入りの酢と、発酵したみじん切りした赤唐辛子入りの酢。

ปั่นกินแฟ
ジョーク 30バーツ。

具材は、豚のつくね、レバー、豚のひき肉、半熟卵。

ปั่นกินแฟ
半熟卵を潰し、軽くかき混ぜて食べる。

とても美味しい。

ปั่นกินแฟ
ガオラオ・ルアトムー(เกาเหลาเลือดหมู) 30バーツ。
豚の内臓や血が具材のスープ。

美味しい。

ご飯は5バーツ。


以下、時系列順にサラパオ達がバーンガジャオで訪れた場所を紹介する。

Punkinfare Bike And Cafe


ปั่นกินแฟ
コーヒーもスイートも美味しく、いごこちの良い、一休みするのに最適なカフェ。

Punkinfare Bike And Cafeの正面にはさきほど紹介したジョーク屋がある。

ปั่นกินแฟ
ココナッツケーキ(เค้กมะพร้าว) 85バーツ。

スポンジはしっとりした食感でほのかな甘みがする。
クリームは心持ち固めだが、口あたりがよい。

スポンジの間とケーキの上に乗っているココナッツの実は、(シロップに漬けているのか?)柔らかくて瑞々しい(みずみじ)。

今まで食べたココナッツケーキの中で、ベスト3に入る美味しさ!


店員から庭で取れたからと無料でおすそ分けで頂いたバナナも、自然の甘みがあり美味しかった。


個人で経営しているカフェではあるが、注文したコーヒーとケーキは、とても美味しかった。

価格帯は安く、一休みするには、おすすめのカフェ。


Punkinfare Bike And Cafeの地図は、こちら。

Punkinfare Bike And Cafeの詳しい記事は、こちら。

バーンナムプン水上マーケット(ตลาดน้ำบางน้ำผึ้ง)


ตลาดน้ำบางน้ำผึ้ง
バーンナムプン水上市場は、土日限定で開催されるローカル向けの比較的大きな水上マーケット。

ตลาดน้ำบางน้ำผึ้ง
市場はとても広く、様々な店が並んでいるが、飲食店の割合が6、7割と多い。


バーンナムプン水上マーケットの地図はこちら。

バーンナムプン水上マーケットの詳しい記事は、こちら。

隠れ家的なカフェ Hiddenwoods Cafe & Garden


Hiddenwoods
Hiddenwoods Cafe & Gardenは、車が通れない細道を進んだところにある隠れ家的なカフェ。

Hiddenwoods Cafe & Gardenの営業日は木-日、営業時間は10:30 - 18:00。

Hiddenwoods
店の敷地は広大でたくさんの木々が生い茂っており、人口の滝まであり、癒される。

Hiddenwoods
ジャングルのような敷地の奥のチャオプラヤー川に面したところに目的のカフェはある。

ガラス張りの作りになっており、川や敷地の風景を眺めながら飲食ができる。


Hiddenwoods Cafe & Gardenの地図はこちら。

Hiddenwoods Cafe & Gardenの詳しい記事は、こちら。


最後に一言


今回は、川の蛇行で描かれる形が肺のように見える自然豊かな地域 バーンガジャオを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

帰りはきた時のルートとは逆に、バーンガジャオ東部にあるワット・バーン・ナムプン・オーク埠頭で船に乗りバンナー埠頭へ上陸。
ワット・バーン・ナムプン・オーク埠頭に到着したら、朝来るときに受け取った船の運賃の領収書を渡すことで、水のペットボトルを貰え、帰りの運賃が無料になる。

帰りはワット・バーン・ナムプン・オーク埠頭に停車していたソンテオに乗りバンナー駅近くのソイ(朝、ワット・バーン・ナムプン・オーク埠頭に向かうために行ったモーターサイ乗り場)で降りた。
ワット・バーン・ナムプン・オーク埠頭からバンナー駅近くのソイまでのソンテオの運賃は10バーツ。

バーンナムプン水上マーケットなど土日しか営業していないスポットもあるので、いろいろな所へ立ち寄りたい人は、バーンガジャオへの観光は土日がおすすめ。

今回のサラパオポイントは8点。(全10点満点)
バンコク中心部から片道40分程度でアクセスできる距離にありながら、バンコク近郊と思えない自然が広がっている緑豊かな都会のオアシス。

またバーンガジャオへ行く機会があれば、今度はクロントゥーイ埠頭からバーンガジャオの北部へアクセスするルートで行きたい。
関連記事

0 Comments

コメント