リモンチェロは本格イタリアンが楽しめるアットホームなレストラン in ナナ

Limoncello

今回は、BTS ナナ駅(สถานีนานา)から徒歩5分、ソイ・スクンビット(ซอย สุขุมวิท) 11に店を構えるイタリアンレストラン

ピッツェリア・リモンチェロ


(Pizzeria Limoncello)を紹介する。

ピッツェリア・リモンチェロは、見た目は一軒家のようなレストラン。


地図



ピッツェリア・リモンチェロの地図はこちら。

メニュー


Pizzeria
ワインメニュー、スピリッツメニュー、カクテルメニュー。

Pizzeria
ピッツァメニューはとても種類豊富。

Pizzeria
本格的なメインメニューも充実。

店内


Pizzeria
店内は小奇麗で広いが、テーブルの間隔が狭い。

来店したのは、金曜日午後8時半。
テーブルの埋まり具合は7割。
客層は、ファラン5割、タイ人3割、日本人1割、その他外国人が1割と国際色豊か。
店内はアットホームな雰囲気。

卓上の調味料は、塩、コショウ、バジル、唐辛子、オリーブオイル、バルサミコ酢。

無料のお通しは、オニオンフライ。


シラーズ(SHIRAZ) 200バーツ。
豊かなコクがあり、美味しい。

赤ワインのブドウ品種の1つであるシラーズ種(SHIRAZ)とシラー種(SYRAH)は、両方とも基本的に同一品種。
シラーズ種というのは、主にオーストラリアでの呼び方で、原産地であるフランスではシラー種と呼ばれている。


プッシーフット(Pussyfoot) 160バーツ。
プッシーフットは「子猫の足」をいう意味のオレンジジュースを使ったモクテル。

飲食


Pizzeria
カラマリ(Calamari)のフリッター(fritter) 330バーツ。

カラマリとはヤリイカ、フリッターとは揚げ物のことで、ようはただのイカフライ。
衣は薄くイカの食感と味を良く味わえて、美味しい。

2種類のソースがついてくる。
ベースはどちらもマヨネーズを使ったソース。
1つはサウザンドアイランドとマヨネーズを混ぜたようなソース、もう一つはガーリックバターとマヨネーズを混ぜたようなソース。

Pizzeria
ナポリピッツァ(NAPOLI PIZZA) 320バーツ。
トマトソース、モッツァレラチーズ、ケイパー、アンチョビ、オレガノを使ったピッツァ。

ピッツァと一緒に唐辛子入りオリーブオイルが出される。

生地は硬くて薄いローマ風のピッツァだが、耳以外の部分は結構柔らかい。
チーズは少なめで伸びない。
美味しい。

最後に一言


今回は、BTS ナナ駅から徒歩5分、ソイ・スクンビット 11に店を構えるイタリア料理レストラン ピッツェリア・リモンチェロを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは6点。(全10点満点)
料理メニューは豊富だが、価格帯がサラパオには高い。

イカフライに330バーツはコスパが悪すぎ。

基本情報


イタリア料理店:ピッツェリア・リモンチェロ(Pizzeria Limoncello)
予算:800~1,600バーツ(昼、夜)
クレジットカード:VISA、MasterCard(サービス料は店負担)
VAT:7%(別)
サービス料:10%
住所:BTS ナナ駅(สถานีนานา)から徒歩5分
      17, Soi Sukhumvit 11, Sukhumvit Road, Klongtoey-Nua, Wattana, Bangkok 10110
駐車場:有
電話:+66 2 651 0707
営業時間:
      月-金:12:00 - 14:00、18:00 - 23:00
      土日:12:00 - 15:00、18:00 - 23:00
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:無
喫煙席:無
FB(英語):https://www.facebook.com/PizzeriaLimoncello/

徒歩5分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩5分圏内にある場所の記事はこちら。
関連記事

0 Comments

コメント