【閉店】モグモグで日本料理の定食を激安で食す

残念ながら、この記事で紹介しているモグモグは閉店しました。

モグモグ
今回は、MRT ラマ9世駅(สถานีพระราม 9)から徒歩6分の距離にある日本料理レストラン 

モグモグ


を紹介する。


地図



モグモグの地図はこちら。

店内


モグモグ
来店したのは、土曜日午後7時。
他にお客さんはいない。

薄汚れた感じの店内には、安っぽいテーブルが5卓。
テレビにはショッピングチャンネルが映っている。
店主は日本人のようだが、サラパオが来店したときは、いなかった。

日本酒 60バーツ、水 10バーツ。
こんなにまずい日本酒は久しぶりに飲んだ。

卓上の調味料は、塩、砂糖、一味唐辛子。

メニュー


モグモグ
ソフトドリンクメニュー。

ペプシ、緑茶、各20バーツ。

アルコール飲料メニューは日本酒、焼酎、ウィスキー、ジントニック、ワインなど幅広く、値段も100バーツ未満と安い。

モグモグ
ステーキセットメニュー。

ハンバーガーステーキセット 89バーツ、サーモンステーキセット 129バーツ。

モグモグ
サラダメニュー。
グリーンサラダ 30バーツ、ツナサラダ 49バーツ。

カレーメニュー。
スーパーホットカレーライス 99バーツ。


居酒屋メニューも充実しており一品数十バーツからと財布に優しい。

飲食


モグモグ
ポテトコロッケ定食 119バーツ。

ご飯はジャポニカ米。
古米なのか炊き方の問題なのか、ボサボサした食感。

モグモグ
業務用冷凍コロッケを揚げただけなので、それなりの味。
ブルドッグソースを掛けて食べる。

モグモグ
Hamburger with French fries 119バーツ。

トマトケチャップとマヨネーズがさらに盛られている。

モグモグ
ハンバーガーの具材は豚肉のパテ、レタス、キュウリ、ソースはブルドックソースとタイのマヨネーズ。

各具材の質も味付けも悪く、口に合わない。
とくにパテはくず肉を使っているようで、ひどい味。


モグモグ
焼き餃子 79バーツ。

羽付きで見た目はまあまあだが、質の悪い冷凍物を使っているので、味はそれなり。

最後に一言


今回は、MRT ラマ9世駅から徒歩6分の距離にある日本料理レストラン モグモグを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは4点。(全10点満点)
値段は激安なので味は全く期待はしていなかったが、想像以上に味が悪かった。

料理によって食べれなくはないが、ポークハンバーバーガーは不味くてほとんど食べれなかった。
パテは電子レンジで温めただけのようで生焼けのような感じだったため、危険を感じた。

日本酒も味が酷かったので、ほとんど飲まなかった。

基本情報


日本料理店:モグモグ
予算:200~400バーツ(昼、夜)
クレジットカード:不可
VAT:7%(込)
サービス料:無
住所:MRT ラマ9世駅(สถานีพระราม 9)
      544 ซอย อยู่เจริญ แขวง ดินแดง เขต ดินแดง กรุงเทพมหานคร 10400
駐車場:有
電話:+66 90 575 1770
営業時間:11:30 - 23:30
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:無
喫煙席:無
海外旅行保険はエポスカードで無料!
エポスカードを海外に持っていくだけで通常1人5千円以上かかる海外旅行保険が自動付帯されます!
エポスカードは、年会費・入会金無料で即日発行!!
  • 年会費・入会金無料で即日発行!!
  • 入会資格は18歳以上、学生可
  • 海外に持っていくだけで海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 出国から90日間保険適用
  • 全国で約10,000店のレジャー施設やレストランで優待割引可能
  • マルイ店舗と通販サイト「マルイウェブチャンネル」でのお買い物が10%オフ
  • 海外現地サポートデスクでは、日本語で相談可能
オフィシャルサイトで詳細を確認
タイ旅行でインターネットを使うならグローバルWiFiがおすすめ!
旅行中にWiFiが使えると、地図で現在地を確認したり、旅先で撮った画像をすぐにSNSに投稿したりと、旅をもっと充実させることができます。
飛行機を降りてすぐに利用できるので、ぜひ活用してみてください。
  • 海外WiFiレンタルで利用者数No1!
  • 主要な海外用ポケットWiFiではグローバルWiFiの利用料金が最安値
  • 自宅での受け取りはもちろん、国内17空港、34ヶ所のカウンターで受取・返却が可能
  • 申し込み方法がシンプルで、操作方法も簡単
  • 国際電話、LINE、Skypeを使って24時間いつでも問い合わせることが可能
オフィシャルサイトで詳細を確認
関連記事

0 Comments

コメント