叙苑のランチメニューはコスパ最高で大満足! in タニヤ

叙苑 タニヤ店
今回は、BTS サラデーン駅(สถานีศาลาแดง)から徒歩3分、タニヤ(ธนิยะ)に店を構える焼肉屋 

叙苑のランチメニュー


を紹介する。


地図



叙苑(じょえん)の地図はこちら。

店内


叙苑 タニヤ店
店内は、和風の木造。
テーブルは広く、テーブル間の間隔は広い。

来店したのは、平日お昼時。
広い店内にはサラパオ達以外に日本人サラリーマン2人組とタイ人の若いサラリーマン4人組の2組のみ。
テーブルの埋まり具合は2割。

店内には日本語が話せる店員が数名いる。
日本人客は常客らしく、日本語が話せる女性従業員と楽しそうに話していた。

昭和時代の日本のポップ音楽が流れる。

ランチメニュー


叙苑 タニヤ店
牛カルビ定食 250バーツ、和牛サーロイン定食 1,200バーツ。

叙苑 タニヤ店
ユッケビビンバ 220バーツ、牛カルビうどん 230バーツ。

叙苑 タニヤ店
焼きホッケ定食 220バーツ、うなぎ定食 380バーツ。

飲食


叙苑 タニヤ店
注文を済ませ、黒いエプロンを付ける。

叙苑 タニヤ店
卓上の調味料は、塩、コショウ。

焼肉系定食の内容は以下の通り。
  • 注文したメインの肉
  • お代わり自由のごはん
  • 日替わり小鉢
  • サラダ
  • スープ
  • お代わり自由の麦茶
  • アイス

注文を済ますと麦茶、小鉢、焼肉のタレ、刻みニンニク、刻み唐辛子、ライムを店員が持って来る。

おしぼりも出るし、コップの麦茶は空くとすぐに注いでくれる。
サービスレベルはとても高い。

今回の日替わり小鉢はキムチ、冷奴、もやしのナムル。
冷奴の上には食べるラー油が乗っている。

叙苑 タニヤ店
定食に付くサラダは、胡麻油を絡めたキャベツ。

叙苑 タニヤ店
牛タン・ハラミ・カルビ定食 350バーツ。

各部位が4枚ずつ乗っており、かなり食べ応えがある。

若干解凍が不十分ではあるが、どれも美味しい。

カルビは脂が乗っており、とても美味しいが、厚めに切られているためか噛み切るのに難儀した。
ハラミは若干肉質が硬いが、こちらも味はとても良い。

中央には玉ねぎとパセリが乗っている。

叙苑 タニヤ店
牛ハラミ定食 390バーツ。

肉にはほどよく脂が乗っている。
肉質は弾力があり食べ応えがある。

叙苑 タニヤ店
焼き始めてから、定食に付くご飯とスープが出される。

スープはワカメのスープで、化学調味料が入っており、あまり美味しくない。

ごはんは日本米だが、特筆するほどではない。
ごはんがお代わり自由なのは嬉しい

叙苑 タニヤ店
自分で炭火で焼いて食べる焼肉はとても美味しい。

火力が弱まれば炭を替えてくれるし、網が汚れれば新しいのに替えてくれる。

右上の真っ黒になった焼肉は妻の物。
タイ人の妻はちゃんと火が通っていない肉は怖くて食べれないため、焼肉とステーキの焼き加減は基本ウェルダン。
セルフサービスの焼肉では、たまに焼きすぎて炭のようになってしまうこともあり、もったいない。

叙苑 タニヤ店
定食に付く食後に出されるアイス。

アイスはチョコレート、バニラ、ココナッツ、抹茶の中から1つ選ぶ。

左はバニラアイス、右はココナッツ。
どちらもとても美味しい。

最後に一言


今回は、BTS サラデーン駅から徒歩3分、タニヤに店を構える焼肉屋 叙苑のランチメニューを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは9点。(全10点満点)
最近は焼肉屋の数が増えて、お得なランチメニューで焼肉を楽しめる店が増えて嬉しい。

タニヤという最高の立地で、こんなにコスパ良く焼肉を食べれるのは、すばらしい!

基本情報


焼肉屋:叙苑(じょえん)
予算:400~800バーツ(昼)、800~1,600バーツ(夜)
クレジットカード:VISA、MasterCard、JCB(サービス料は店負担)
VAT:7%(昼は込)
サービス料:昼は無
住所:BTS サラデーン駅(สถานีศาลาแดง)から徒歩3分
      Ground Floor 58 58/1-2 Soi Thaniya, Suriyawong Road,, แขวง สุริยวงศ์ Bangrak,, Bangkok 10500
駐車場:有
電話:+66 81 491 2761
営業時間:11:30 - 14:00、17:00 - 23:00
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:有
喫煙席:無
FB(日本語):https://www.facebook.com/YakinikuJOENG/

徒歩5分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩5分圏内にある場所の記事はこちら。
Related Entries

0 Comments

コメント