なぎ屋の日本式焼肉ビュッフェは299バーツ++と激安! in アソーク

なぎ屋 アソーク店
今回は、アソーク(อโศก)にある居酒屋 

なぎ屋の焼肉ビュッフェ


を紹介する。

2020年6月13日現在、なぎ屋は東京都内に6店舗、バンコクに7店舗を展開する居酒屋チェーン店。
バンコクには今回紹介するアソークの他、日本街、ドンキモール トンロー店、エカマイゲートウェイ、タニヤなどに店を構える。


地図



今回紹介するなぎ屋の地図はこちら。

場所は、MRT スクンビット駅(สถานีสุขุมวิท)から徒歩7分、BTS アソーク駅(สถานีอโศก)から徒歩9分、ソイ・スクンビット 21沿い。


今回紹介するなぎ屋前のストリートビュー。

画面をフリックして周りの風景を確認したり、矢印を押すことで順路の風景を確認できます。
初めて来店する人は、参考にどうぞ。

店内


なぎ屋 アソーク店
テーブル席があるのは1階~3階。
1階、2階は居酒屋、3階は焼肉ビュッフェ。

店内には、日本の昭和ポップが流れる。

来店したのは、金曜日午後8時半。
3階ビュッフェ用テーブルは、満席。
客は、全員タイ人。
仕事帰りや学校帰りに同僚や友達と一緒に来ている客が多い。

1、2階の居酒屋の埋まり具合は、6割。
こちらは日本人客の割合は2割でサラリーマンが多く、個人で飲んでいる人もちらほら。

メニュー


なぎ屋 アソーク店
299バーツの焼肉食べ放題メニュー。

会計時、299バーツに別途VAT 7%、サービス料 10%が加算される。

肉メニューは、豚カルビ、豚ハラミ、豚トロ、鶏モモ、豚ロース、豚バラ、骨付き豚カルビ、牛タンと牛肉は牛タンのみ。

肉の他にも、種類豊富なサイドメニュー、野菜、スープ、アイスクリーム、ドリンクバー付きでこの値段は安い。

焼肉ビュッフェのルールは以下の通り。
  • 制限時間1時間半(ラストオーダーは70分)
  • 2名以上から
  • 5歳以下は無料
  • 持ち帰り不可
  • 残した場合、1人200バーツの罰金

シーフードも食べ放題になるプレミアム・ビュッフェは499++バーツ。

なぎ屋 アソーク店
単品で注文すると料理が来るまで時間が掛かるので、とりあえずタレ、野菜盛り合わせ、小鉢などがセットになったスターターセットを注文するのが、おすすめ。


卓上の調味料は、塩、コショウ、一味唐辛子、七味唐辛子。

飲食


なぎ屋 アソーク店
注文はこちらのQRコードを自分のスマートフォンで読み込んで行なう。

なぎ屋 アソーク店
分かりやすいインターフェースで注文は簡単。

なぎ屋 アソーク店
味噌汁などのスープ類、焼肉のタレなどの調味料、ニンニクなどの薬味、ソフトドリンク、アイスクリームはセルフサービス。

なぎ屋 アソーク店
店員が炭火を持ってきてくれる。

炭の火力が弱くなった弱くなったら、追加してくれる。

なぎ屋 アソーク店
注文した肉がぞくぞく到着。

なぎ屋 アソーク店
野菜不足にならないよう、野菜類もしっかり注文。

なぎ屋 アソーク店
肉から滴り落ちる脂に引火し、火柱が上がる。

自分で肉を焼く、日本式の焼肉は楽しい。

なぎ屋 アソーク店
唯一の牛肉であるタンに期待していたのだが、肉質は固くゴムの様で食べるのに難儀した。

オクラは日本産ではない。
日本産のオクラと比べて、大きくて硬い。
硬すぎて噛み切れないため、食べきれなかった。

値段が格安なので文句は言えないが、肉質・味共には値段なり。

なぎ屋 アソーク店
アイスクリームはストロベリー、バニラ、抹茶の3種類がある。 

バニラのアイスクリームが一番美味しかった。 

最後に一言


今回は、アソークにある居酒屋 なぎ屋の焼肉ビュッフェを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは6点。(全10点満点)
値段は安いが、肉質・味共に値段なり。

基本情報


居酒屋:なぎ屋 アソーク店
ビュッフェ予算:350~700バーツ(夜)
クレジットカード:VISA、MasterCard、JCB(サービス料は店負担)
VAT:7%(別)
サービス料:10%
住所:MRT スクンビット駅(สถานีสุขุมวิท)から徒歩7分、BTS アソーク駅(สถานีอโศก)から徒歩9分
      Maha NakhonKhwaeng 2Khet, 44 ถนน สุขุมวิท แขวง คลองเตยเหนือ เขตวัฒนา กรุงเทพมหานคร 10110
駐車場:有
電話:+66 2 258 1277
営業時間:17:00 - 24:00(L.O.23:00)
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:無
喫煙席:無
ホームページ(タイ語):https://www.nagiya-bkk.com/
FB(タイ語):https://www.facebook.com/nagiya.asoke/

徒歩5分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩5分圏内にある場所の記事はこちら。
関連記事

0 Comments

コメント