Madras Darbarはどのメニューも美味しい、おすすめのインド料理店 in ラーチャプラーロップ

  • カテゴリARL
  • コメント0
  • TRACKBACK0
Madras Darbar
今回は、ARL ラーチャプラーロップ駅(สถานีราชปรารภ)から徒歩2分の距離にあるインド料理店 

Madras Darbar


を紹介する。

「Madras」は「インドの都市チェンナイの旧称」、「Durbar」は「宮廷」という意味。

Madras Darbarの1号店はプーケットにあり、ここバンコク店は2号店。
店主の説明だと、近々プーケットに3号店をオープンする予定とのこと。


地図



今回紹介するMadras Darbarの地図はこちら。

メニュー


Madras Darbar
サラダメニュー、ドリンクメニュー。

バターミルク 60バーツ、ラッシー 120バーツ。

Madras Darbar
南インド料理メニュー。

Madras Darbar
パンメニュー、タンドリーメニュー。

タンドリーチキン・ハーフサイズ 250バーツ。

店内


Madras Darbar
来店したのは、平日午後7時。

インドミュージックが流れる店内は広く、座り心地の良い椅子を使っている。

テーブルの埋まり具合は、二割。
客層は全員インド系。

卓上の調味料は、塩、コショウのみ。

マサラ・ティー 40バーツ。
香りが良く甘くて熱い紅茶で、とても美味しい。

飲食


Madras Darbar
ラム・マサラ(Lamb masala) 290バーツ。

様々な香辛料入っており複雑かつ絶妙な味。
柔らかいラム肉は臭みが全くなく、噛み締めると肉の旨味が口の中に広がる。
出汁を出すためだろうか、砕かれた羊の骨が入っている。
今までで食べた羊肉のマサラではダントツのうまさ

Madras Darbar
ガーリック・ナン(Garlic naan) 60バーツ。

ガーリックが良く効いた、がっしりした食感のナンで、とても美味しい

最後に一言


今回は、ARL ラーチャプラーロップ駅から徒歩2分の距離にあるインド料理店 Madras Darbarを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは8点。(全10点満点)
値段は高めだが、注文したメニューはムンバイの宮廷という店名に恥じず、どれもとても美味しかった。

基本情報


インド料理店:Madras Darbar
予算:400~800バーツ(昼、夜)
クレジットカード:VISA、MasterCard(サービス料は店負担)
VAT:7%(込)
サービス料:無
住所:ARL ラーチャプラーロップ駅(สถานีราชปรารภ)から徒歩2分
      120/41 ถนนราชปรารภ แขวง ถนนพญาไท เขตราชเทวี กรุงเทพมหานคร 10400
駐車場:無
電話:+66 99 735 1249
営業時間:9:30 - 24:30
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:無
喫煙席:無
ホームページ(英語):http://www.madrasdarbar.com/

徒歩5分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩5分圏内にある場所の記事はこちら。
関連記事

0 Comments

コメント