レンヌアは24時間営業のローカル向けタイ料理店 in ウドンスック

นัว
今回は、BTS ウドンスック駅(สถานีอุดมสุข)から徒歩15分、ウドンスック道路(ถนนอุดมสุข)沿いに店を構える24時間営業のタイ料理レストラン 

レンヌア


(เล้งนัว)を紹介する。

壁のないローカル感満載の作りのレストラン。


地図



レンヌアの地図はこちら。

店内


นัว
来店したのは、日曜日午後7時で、テーブルの埋まり具合は3割。

客はタイ人のみ。

นัว
卓上に調味料が置かれていない。

テレビにはタイポップのビデオミュージックが映っている。

メニュー


นัว
ドリンクメニュー。

時間帯によって金額が異なる。
例えば、シンハービール(สิงห์) 大瓶であれば、6:00 - 23:00は109バーツ、23:00 - 6:00は119バーツ。

นัว
ソムタムメニュー。

นัว
クイッティアオメニュー、イサーン料理メニュー。

メニューは豊富で写真付きだがタイ語のみ。

飲食


นัว
御飯(ข้าวสวย) 15バーツ。
カノムジーン(ขนมจีน) 15バーツ。
シンハービール(สิงห์) 大瓶 109バーツ。

ナーム・ドーク・アンチャン(น้ำดอกอัญชัน) 25バーツ。
タイ語で「ナーム(น้ำ)」は「水」、「ドーク(ดอก)」は「花」、「アンチャン(อัญชัน)」は「紫蝶豆」という意味で、日本語では「紫蝶豆の花のジュース」。

「紫蝶豆」は英語の「バタフライピー(Butterfly Pea)」の和訳からきている。
タイでは飲み物や御飯を炊くとき色付けに使われる。

นัว
タム・タート(ตำถาด) 189バーツ。

川蟹のソムタムはそれほど辛くない。

ソムタムの周りに置かれた茹でた海老、ナムプラーに軽く漬けた海老、茹でたイカは美味しい。

นัว
トンオーン・ターンタワン・ナムマンホーイ(ต้นอ่อนทานตะวันน้ำมันหอย) 89バーツ。

タイ語で「トンオーン(ต้นอ่อน)」は「苗(なえ)」、「ターンタワン(ทานตะวัน)」は「向日葵(ひまわり)」、「ナムマンホーイ(น้ำมันหอย)」は「オイスターソース炒め」という意味で、日本語での料理名は「向日葵の苗のオイスターソース炒め」。

シャキシャキ食感とさっぱりした味で、美味しい。

นัว
背骨付き豚肉のスープ(เล้ง ชามใหญ่ เผ็ดน้อย) 109バーツ。

スープは酸味があるが辛味はほとんどない。

箸やフォークでは食べにくかったので、手掴みで食べる。
見た目のボリュームはあるが、ほとんどは骨で肉は少ない。

美味しかった。

นัว
ロートチョン(ลอดช่อง)。

もちもちした食感の緑色のパスタを使った練乳入りのタイ風かき氷。
緑色のパスタはにょくにょくした食感。
今日みたいな暑い日に食べると美味しい。
ひんやり体を冷やしてくれる。

นัว
ウン・マプラーオ(วุ้นมะพร้าว)。

タイ語で「ウン(วุ้น)」は「ゼリー」、「マプラーオ(วุ้นมะพร้าว)」は「ココナッツ」という意味で、日本語での料理名は「ココナッツのアンニン豆腐」。

杏仁豆腐の中にはココナッツの実が入っている。
美味しい。

最後に一言


今回は、BTS ウドンスック駅から徒歩15分、ウドンスック道路沿いに店を構える24時間営業のタイ料理レストラン レンヌアを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

近くには500種類のソムタムが食べられるソムタム専門店 ソムタム・パープーンがある。
下の記事は別の支店になりますが、興味のある方は、読んでみてください。

今回のサラパオポイントは6点。(全10点満点)
24時間営業で、メニューは豊富で値段は安い。

しかしBTSから距離がありアクセスが悪く、料理はごく普通の味で特筆するほどではない。

基本情報


タイ料理店:レンヌア(เล้งนัว)
予算:200~400バーツ(24時間営業)
クレジットカード:不可
VAT:7%(込)
サービス料:無
住所:BTS ウドンスック駅(สถานีอุดมสุข)から徒歩15分
      แขวง บางนา เขต บางนา กรุงเทพมหานคร 10260
駐車場:有
電話:+66 64 950 5505
営業時間:24時間営業
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:無
喫煙席:無
関連記事

0 Comments

コメント