ギン・ロム・チョム・サパーンでライトアップされたラマ8世橋を眺めながらロマンティックな夕食

Buddy
今回は、チャオプラヤー川(แม่น้ำเจ้าพระยา)沿いラマ8世橋前にある人気のタイ料理レストラン 

ギン・ロム・チョム・サパーン


(กินลมชมสะพาน)を紹介する。

タイ語で「ギン(กิน)」は「食べる」、「ロム(ลม)」は「風」、「チョム(ชม)」は「観賞する」、「サパーン(สะพาน)」は「橋」という意味で、直訳すると「風を食べながら橋を観賞する」という店名のレストラン。

ギン・ロム・チョム・サパーンは、シーフードがメインのタイ料理レストランで、週末の夜は予約が必須の人気レストラン

ベンチに座っている人達は入店の順番待ちをしている。


地図



ギン・ロム・チョム・サパーンの地図はこちら。

店内


Buddy
生け簀(いけす)。

Buddy
店内に入って直ぐのところにあるカウンターバー。

バーにはお客さんはいなかった。

Buddy
エアコン付きの部屋もあるが、お客さんはほとんど入っていない。

Buddy
生演奏が流れるオープンテラス席は満席。

Buddy
来店したのは、土曜日午後7時。

来店時は入店の順番を待つお客さんが何人かいたが、事前に予約していたため、ライトアップされた橋が良く見える席に座ることができた。

ラマ8世とは、2016年に崩御されたプミポン国王(ラマ9世)のお兄様のこと。
サラパオがプミポン国王への弔問へ行った時の記事は、こちら。

Buddy
今日が誕生日であれば、お店の人に伝えることで、店員が祝ってくる。

メニュー


Buddy
アパタイザーメニュー。

メニューはタイ語と英語。
一部メニューには写真が付いている。

値段は高め。

フレンチフライ 130バーツ、魚肉ボール揚げ(DEEP FRIED FISH BALL) 130バーツ。

Buddy
貝料理メニュー。

生カキ 1枚 80バーツ、ニュージランド産ムラサキイガイを使った各料理は250バーツ。

メニューは海鮮料理が中心で、豊富。

飲食


Buddy
アイスカプチーノ(COLD CAPPUCCINO) 120バーツ。
ホットカプチーノは100バーツ。

Moute Premium 赤 グラス 150バーツ。
美味しい。

Buddy
クリスピー・アンド・ゴールデンカップ(CRISPY AND GOLDEN CUP) 130バーツ。

皮はクリスピー。
具は豚の挽肉、コーン、ニンジン、グリーンピースでグラタンのようなソースと混ぜてある。

Buddy
豚のサテー 120バーツ。

ピリ辛で濃厚なピーナッツソース、パン、漬物が付く。

Buddy
揚げグラポン魚とナンプラーソース(GOLDEN DEEP FRIED MANGO FISH SEASONED WITH FISH SAUCE) 290バーツ。

プラーグラポンは白身魚で淡泊な味。
身はホクホク、外はカリカリ。
ナンプラーの風味が効いている。

一緒に付いてくる玉ねぎやニンニクの薬味を入れたすっぱ辛いソースを掛けて食べると美味しさアップ。

日本人の口に合うおすすめの料理。

Buddy
COMBINATION OF RICE AND SHRIMP PASTE DIP 150バーツ。

中央の色付きのご飯は、辛く味付けが濃い。
色付き御飯の周りには様々な野菜が置かれている。
御飯の上に乗っているのは、塩漬けされた黄身と青唐辛子。

口に合わない。

最後に一言


今回は、チャオプラヤー川沿いラマ8世橋前にある人気のタイ料理レストラン ギン・ロム・チョム・サパーンを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは6点。(全10点満点)
料理の味は普通。

バンコクで川沿いの夜景を眺めながらロマンチックなディナーを楽しむなら、おすすめのレストラン。
川沿いの席で食事をするのであれば、予約は必須。

基本情報


タイ料理店:ギン・ロム・チョム・サパーン(กินลมชมสะพาน)
予算:500~1,000バーツ(昼、夜)
クレジットカード:VISA、MasterCard(サービス料は店負担)
VAT:7%(込)
サービス料:10%
住所:プラ・ラーム8船着場(ท่าเรือพระราม 8)から徒歩2分
      11/6 ถนน สามเสน ซอย 3 แขวง วัดสามพระยา เขต พระนคร กรุงเทพมหานคร 10200
駐車場:有
電話:+66 2 628 8382
営業時間:11:00 - 24:00
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:無
喫煙席:無
ホームページ(英語):http://www.khinlomchomsaphan.com/?lang=en
FBファンページ(タイ語):https://www.facebook.com/Khinlomchomsaphan/
関連記事

0 Comments

コメント