ばさからの唐揚げセット135バーツ(ペプシ付き)はコスパが高くておすすめ! in パヤタイ

ばさから パヤタイ店
今回は、BTS パヤタイ駅(สถานีพญาไท)から徒歩3分、ワンナソン・ビル(Wannasorn Building) 1階に店を構えるラーメン屋 

筑豊らーめん ばさらか


(ちくほうらーめん ばさらか)を紹介する。

筑豊らーめん ばさらかは、タイでスリウォン(สุรวงศ์)、トンロー(ทองหล่อ)など5店舗を展開している筑豊ラーメン山小屋のグループ店で、タイ人向けに山小屋よりリーズナブルな価格で食事を提供する。

筑豊らーめん ばさらかがタイにオープンしたのは、2008年。
2019年1月14日現在、筑豊らーめん ばさらかは、パヤタイ店の他にもザ・ナイン・センター(THE NINE CENTER)、ジャムジュリー・スクウェア・ビル(JAMUJUREE SQUARE BUILDING)とバンコクに3店舗展開している。


地図



今回紹介する筑豊らーめん ばさらかの地図はこちら。

店内


บาซาราก้า ราเมง พญาไท
来店したのは、平日12時半。

テーブルの埋まり具合は8割。
客のほとんどはタイ人。
タイ人以外の客は近くで働いている日本人サラリーマン、中国人を中心とした観光客など様々。

サラパオは一人で来店したのだが、店員をこちらから呼ばないと注文を取りに来てくれなかった。
(タイの安いレストランでは呼ばなければ注文を取りに来ないことなど普通だが、一応日系チェーン店なので)

ばさから パヤタイ店
卓上の調味料は、ラー油、胡椒、七味とうがらし、紅生姜、白ごま。

タイ人向けに同じグループ店の山小屋ラーメンよりリーズナブルな価格帯をコンセプトにした店ではあるが、壁には牛丼 350バーツ、ビーフカレーライス 270バーツ、サイコロステーキ 580バーツなど牛肉を使った高価格のメニューが貼られている。
タイ人の低所得層では牛肉を食べない人が多い中、この価格帯でどれほどの注文があるのか、疑問。
特にサイコロステーキで580バーツは高すぎ。

メニュー


บาซาราก้า ราเมง พญาไท
ラーメンメニュー。

ラーメン 135バーツ。
キムチラーメン 135バーツ、ワカメラーメン 145バーツ、餃子ラーメンなど日本では見たことがない斬新な発想のラーメンがちらほら。

บาซาราก้า ราเมง พญาไท
定食メニュー。

とんかつセット 195バーツ、唐揚げセット 135バーツ。
同じグループ店だけあり、山小屋ラーメンと全体的にメニュー構成がそっくり。
山小屋ラーメンと比較すると値段は1、2割程度安くなっているが、タイ人からしたらこの値段でも高い。

ばさから パヤタイ店
ソフトドリンクメニュー。

お代わり自由な緑茶 30バーツ。

アルコール飲料も買える。

飲食


บาซาราก้า ราเมง พญาไท
唐揚げセット  135バーツ。
内容は、唐揚げ3つ、御飯、キャベツの千切り、豚骨スープ、塩コショウ、ライム、そして写真を撮り忘れたがペプシの小ペットボトルが付く。

タイ産と思われるインディカ米の御飯はぼそぼそしていてまずい。
豚骨スープも味はくどく、まずい。

บาซาราก้า ราเมง พญาไท
唐揚げは量もあり、普通に美味しい。

値段を考慮すれば、全体的にコスパはかなり良く、満足。

筑豊ラーメン山小屋の唐揚げセット 150バーツ(別途VAT、サービス料10%)と比較すると、唐揚げのサイズが小さくなっており、唐揚げの数も2個少ない。
筑豊らーめん ばさらかの唐揚げセット 135バーツはVAT込みサービス料無しの値段で、その上ペプシもつくのでお得感は筑豊らーめん ばさらかの方が上。

ばさから パヤタイ店
カツカレー 170バーツ(VAT込み、サービス料なし)。
小ぶりのとんかつが御飯の上に載っている。

とんこつスープが付いてくる。

ジャガイモやニンジンが入ったカレールーは入れ良く煮込まれており、玉ねぎがとろとろで美味しいが、甘口なのが辛口カレーの方が好みのサラパオには残念。

普通に美味しい。

筑豊ラーメン山小屋のカツカレーライス 200バーツ(別途VAT、サービス料10%)と比較すると、とんかつが小さく、ドリンクが無い。
(ドリンクを注文しなければ、無料のドリンクが出されたかも)

筑豊らーめん ばさらかのカツカレーは値段は安いが、カレーが甘口なのが残念。
カツカレーライスは中辛の筑豊ラーメン山小屋のカレーの方が好み。


熱いお茶 30バーツ。
おかわり自由。

英語でGreen Teaと書いてあったので、緑茶だと思って注文したのだが、緑茶ではなかった。

お茶はサラパオ好みでとても熱かった。
お茶が熱すぎで湯のみをつかむのに苦労したので、湯飲みはもっと厚みのある物にしてくれると嬉しい。

最後に一言


今回は、BTS パヤタイ駅から徒歩3分、ワンナソン・ビル 1階に店を構えるラーメン屋 筑豊らーめん ばさらかを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

メニューはグループ店である筑豊ラーメン山小屋に似ており、筑豊ラーメン山小屋より若干安い。

サラパオは筑豊ラーメン山小屋のラーメンは好みではないため、今回はラーメンは注文しなかった。
筑豊ラーメン山小屋のメニューをランキング形式で纏めたので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

今回のサラパオポイントは6点。(全10点満点)
200バーツ以下で日本料理が食べれるのは、うれしい。
メニューの表示価格は、VAT別、サービス料無しの値段なのでコスパは良いが、ターゲット客がタイ人のラーメン屋のため、味はそれなり。

基本情報


ラーメン屋:筑豊らーめん ばさらか(ちくほうらーめん ばさらか)
予算:200~400バーツ(昼、夜)
クレジットカード:VISA、MasterCard(サービス料は店負担)
VAT:7%(込)
サービス料:無
住所:BTS パヤタイ駅(สถานีพญาไท)から徒歩3分
      35 wannasorn building 1st floor Sri-Ayutaya rd. Rajtaevee bkk. แขวง ถนนพญาไท เขตราชเทวี กรุงเทพมหานคร 10400
駐車場:有
電話:+66 02 306 0877
営業時間:10:00 - 21:00
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:無
喫煙席:無
FBファンページ(タイ語):https://www.facebook.com/BasarakaRamen/

徒歩5分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩5分圏内にある場所の記事はこちら。
関連記事

0 Comments

コメント