BTS 戦勝記念塔駅から徒歩3分 ムーガタ プラートーン

今晩は、BTS 戦勝記念塔駅(สถานีอนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ)から徒歩3分、パヤタイ通り(ถนนพญาไท)沿いに店を構えるムーガタ(หมูกะทะ)店

ムーガタ プラートーン


(หมูกะทะ ปลาทอง)にお邪魔しました。

Pla Thong Pan Fried Pork
ムーガタ(หมูกะทะ)とはタイ式焼肉のことです。

Pla Thong Pan Fried Pork
日本との焼肉の違いは、中央の山の部分で肉を焼き、山の周りの溝の部分をスープで満たし野菜等を茹でることです。
ビュッフェスタイルで肉、野菜を始め、タイ料理や肉まん、デザートまで幅広い食材、料理があります。

Pla Thong Pan Fried Pork
肉コーナー。
肉は豚肉が中心で、部位や味付けの違う肉がそれぞれの入れ物に入っています。


出来事


Pla Thong Pan Fried Pork
タイ料理コーナー。

Pla Thong Pan Fried Pork
野菜コーナー。
基本的にはムーガタ(หมูกะทะ)の鍋にスープを張って茹でて食べます。
因みにムー(หมู)は豚、ガタ(กะทะ)は鍋という意味です。

Pla Thong Pan Fried Pork
ファストフードコーナー。
フライドポテトや揚げウィンナーなどがあります。

Pla Thong Pan Fried Pork
スイーツコーナー。

Pla Thong Pan Fried Pork
上の皿にある白いのは豚の脂身。肉を焼く前に、この脂身で鉄板の上に油をつけた後、脂身を鉄板の山の頂上に置いておけば、熱で脂身が溶けて、頂上から脂が鉄板に自然に流れてくるという仕組みです。
左下の皿には、キノコとチャーハン。
右下の皿には、豚の串焼きとフライドポテト。豚の串焼きは店員が調理したのを持ってきました。

Pla Thong Pan Fried Pork
豚の3種の部位。
右上のレバー以外はどこの部位だか分かりませんが、どれも美味しかったです。

Pla Thong Pan Fried Pork
日ごろ野菜が不足がちなので、大量に野菜を持ってきました。

Pla Thong Pan Fried Pork
鍋のスープが足りなくなったら、自分で注ぎ足します。

Pla Thong Pan Fried Pork
サンミゲルビール(San Miguel Beer) タワー 3L 380バーツ。
コンパニオンに勧められ、値段が安かったのでオーダー、口当たりも良く後味スッキリの飲みやすいビールでした。
サンミゲル社はフィリッピンの大手ビールメーカーで、タイでの知名度はまだ低いですが、おいしいビールです。

Pla Thong Pan Fried Pork
エース(เอส) 大瓶 60バーツ。
氷 50バーツ。
多くのムーガタ(หมูกะทะ)店がそうなのですが、ムーガタ(หมูกะทะ)のビュッフェ自体は安いのですが、飲み物や氷は他の飲食店より高めの価格設定です。

メニュー


Pla Thong Pan Fried Pork
ムーガタ(หมูกะทะ)ビュッフェは1人 159バーツ。

Pla Thong Pan Fried Pork
付けダレは4種類。

Pla Thong Pan Fried Pork
店内の雰囲気。

最後に一言


タイ人でいつも混雑しているムーガタ プラートーンいかがでしたでしょうか?
タイのムーガタは屋外の広い場所にありビュッフェスタイルというのがほとんど。
値段を気にせず屋外で食べるタイ式BBQは楽しいくおいしい。

今回のサラパオポイントは5点。(全10点満点)
一般的なムーガタ店。
毎晩お客さんで込み合っている人気店。

基本情報


ムーガタ(หมูกะทะ)店:ムーガタ プラートーン(หมูกะทะ ปลาทอง)
予算:200~400バーツ(夜)
サービス料:無
住所:BTS Victory Monument駅から徒歩3分
      23/1 ซอย พญาไท Phayathai Rd, แขวง ถนนพญาไท เขต ราชเทวี Bangkok 10400
駐車場:無
電話:+66 81 944 3420
営業時間:16:30 - 0:00
定休日:無
喫煙席:無
FBファンページ(タイ語):https://www.facebook.com/pages/ปลาทอง-หมูกระทะ/378349258887172

地図


Related Entries
タイ バンコクの地図
バンコクマップ
↑画像をクリックするとサラパオがブログで紹介したバンコクのレストラン、娯楽施設、市場の場所を示したグーグルマップが起動。

0 Comments

コメント