有名ステーキハウス アノーズでお得なランチメニューのハンバーガーを食す on ワイヤレス通り

Arnos Wireless
今回は、BTS プルンチット駅(สถานีเพลินจิต)から徒歩15分、ワイヤレス通り(ถนนวิทยุ)にある有名ステーキハウス 


アノーズ 


ワイヤレス店(ANOR'A WIRELESS)のランチメニューを紹介する。

アノーズは、美味しいステーキがリーズナブルに食べられる人気のステーキハウスで、バンコクの高級ショッピングモールを中心に15店舗展開している。
(2019年4月13日現在)


地図



アノーズ ワイヤレス店の地図はこちら。

店内


Arnos Wireless
ステーキを食べたい方は、ショーケースから自分で選ぶスタイル。

Arnos Wireless
来店したのは、土曜日の昼時。
テーブルの埋まり具合は3割程度で、客層はタイ人や東アジア系観光客。

店内は天井が高く開放感がる。
大きな窓の外から光が入り店内は明るい。

メニュー


Arnos Wireless
コーヒー&お茶メニュー、ソフトドリンクメニュー。
アイスブラックコーヒー 120バーツ、お茶 50バーツ、水 25バーツ。

Arnos Wireless
午後5時まで注文可能なランチセットのハンバーガーメニュー。

ビーフを使った一番安いメニューは、Steak a Chevalで190バーツで、バンズが無いハンバーガー。
何でパテを挟むのか気になる。

ビーフ以外では、ベジタリアン(Vegrtarian) 280バーツ、スパイシー・ポーク(Spicy Pork) 220バーツ、チキン照り焼き(Chicken Teriyaki) 190バーツなど。

Arnos Wireless
注文時に以下のオプションを伝える必要があるので、注文前に決めておいた方がスマート。

  1. パテの焼き加減(レア、ミディアムレア、ミディアム、ミディアムウェル、ウェルダン)
  2. ブルーチーズか、シャープアメリカンチーズか
  3. ソースは、スパイシーかノットスパイシーか
  4. サイドディッシュは、カーリーフライ、フレンチフライ、ミックスサラダのどれか
  5. ソフトドリンクはどれか

Arnos Wireless
乾燥熟成のステーキメニュー。
熟成期間別に値段は異なる。

テンダーローイン(Tenderloin)は、熟成期間45日で2,200バーツ/Kg、熟成期間90日で4,900バーツ/Kg。

飲食


Arnos Wireless
卓上の調味料は、トマトケチャップ、チリソース、タバスコ、ピンク岩塩、コショウ。

オレンジジュース(Orange Juice) 70バーツ。
ランチセットのコーラ。

Arnos Wireless
カーリーフライ(Curies furies) 70バーツ。

3人前ほどあり、ボリュームがある。

Arnos Wireless
トリュフソース(Truffle Sauce) 40バーツ。

バターを多く使っており、ほのかにトリュフの香りがする。

Arnos Wireless
トラディショナル・バーガー・セット(Traditional burger set) 220バーツ。
サイドディッシュはフレンチフライ。

フレンチフライのソースはサウザンアイランドのようなソース。

Arnos Wireless
ビーフの熟成肉を使ったパテ200gを使ったハンバーガー。

オプションチーズはシャープアメリカンチーズ、ソースはノットスパイシーを選択。
カリカリベーコン、飴色玉ねぎ、トマト、レタスが挟まっている。

Arnos Wireless
焼き加減はミディアムレアにした。

ミディアムレアにしたは、肉汁を味わいたいからなのだが、肉汁があまりなかったのが、残念。

高級なハンバーガーだと、ハンバーガーの厚みがありすぎて、頬張れない場合が多いが、こちらのハンバーガーは 頬張って食べれるぎりぎりのサイズで好み。

このハンバーガーもそうなのだが、タイの高級なハンバーガーの多くはバンズにバターを塗りすぎて味がくどい。

バンズはふわふわな触感。

そこまで全体のボリュームはないが、女性なら満足できる量。

Arnos Wireless
Spinach with Mixed Cheese 150バーツ。

最後に一言


今回は、BTS プルンチット駅から徒歩15分、ワイヤレス通りにある有名ステーキハウス アノーズ ワイヤレス店のランチメニューを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ナラティワートにあるアノーズ・バーガーズでランチセットを注文したとき、オプションであるチーズをブルーチーズにしたのだが、チーズの風味と味が強烈すぎてパティの味を純粋に味わえなかったため、今回は、アメリカンチーズを選択した。
ブルーチーズが大好きな人なら良いが、初見の人は、肉の味を純粋に味わいたい人は、アメリカンチーズを選んだ方が無難。

今回のサラパオポイントは6点。(全10点満点)
ステーキハウスが作ったハンバーガーだけあり美味しいが、値段も高いのでコスパを考えると満足度は普通。
肉汁があふれ出てくるようなパテを使ったハンバーガーを期待していたが、今回は期待を高く持ちすぎたようだ。

基本情報


ステーキハウス:アノーズ ワイヤレス店(ANOR'A WIRELESS)
予算:~バーツ(昼、夜)
クレジットカード:VISA、MasterCard、JCB(サービス料は店負担)
VAT:7%(込)
サービス料:無
住所:BTS プルンチット駅(สถานีเพลินจิต)から徒歩15分
      130-132 Sindhorn Building, Wireless Road, Lumpini, Patumwan, Bangkok 10330
駐車場:有
電話:+66 2 108 5050
営業時間:11:00 - 22:00
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:有(17:00まで)
喫煙席:無
FB(英語):https://www.facebook.com/arnos.wireless/

徒歩5分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩5分圏内にある場所の記事はこちら。
Related Entries

0 Comments

コメント