日本料理店 「こんにちは」で変わった味付けの日本料理を食す in タイ王国政府総合庁舎 Bビル 地下1階

Konnichiwa
今回は、タイ王国政府総合庁舎 Bビル 地下1階に店を構える日本料理レストラン 

こんにちは


(KONNICHIWA)を紹介する。

このレストランをこのブログで紹介するのは今回で2回目。
前の記事はこちらにあります。


飲食


Konnichiwa
熱いジャスミン茶 25バーツ。

卓上の調味料は、タイ料理店定番の4つの調味料である魚醤(น้ำปลา)、粉唐辛子プリック・ポン(พริกป่น)、唐辛子入りの酢(น้ำส้มพริก)、砂糖(น้ำตาล)。

Konnichiwa
チャーシューラーメン 79バーツ。
薄っぺらいチャーシュー3枚、ニンジン、ほうれん草、卵、ナルト、海苔などが入っており値段の割には本格的。

Konnichiwa
スープは醤油味で麺もスープもラーメンと言うよりは蕎麦。

一緒に出された辛みそをレンゲに乗せて味を変えながら食べた。

味は想像していたよりは美味しかったが、値段相応。

Konnichiwa
お好み焼き 89バーツ。

厚みがなく生地はふにゃふにゃ。
具にはお好み焼きなのにキャベツは入っていない。
キャベツの代わりにニンジンや紅ショウガが入っており、例えるならお好み焼きとチヂミのフュージョン料理といったところか。

無難だと思って注文したのだが、だいぶイメージと異なるお好み焼きだった。
まあ、食べれるレベルではある。

店内


Konnichiwa
来店したのは、平日の午前11時半。
入店時のテーブルの埋まり具合は4割ほどだったが、入国管理局の昼休み12:00になると、お客さんが増えほぼ満席になった。

古い記事ですが、入国管理局の記事に興味があるかたは、下のリンクからどうぞ。

メニュー


Konnichiwa
メニューは比較的に安い。

今回サラパオが食べたラーメンなどの麺類の他に鶏唐揚げや焼き魚など定食もある。

焼き鮭定食が無難だと思うが、220バーツと他のメニューと比べると割高。

ソフトドリンクの氷はコップ1杯分2バーツ。
(注文時氷が必要か聞かれる)

最後に一言


今回は、タイ王国政府総合庁舎 Bビル 地下1階に店を構える日本料理レストラン 「こんにちは」を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは4点。(全10点満点)
料理は何とか食べれるレベルではあるが、日本人が想像する日本料理とは別物の味付け。
おそらくここのオーナーはちゃんとした日本料理を食べたことが無いのだろうが、商売がうまく行っているようなので特に問題ないということだろう。

基本情報


日本料理店:こんにちは(KONNICHIWA)
予算:100~300バーツ(昼)
住所:
      7 Chaeng Wattana, Lak Si, Bangkok 10210, Thailand
駐車場:有
営業時間:8:30 - 16:30
定休日:土、日、祝
喫煙席:無
FBファンページ(タイ語):https://www.facebook.com/pages/Konnichiwa-Japanese-Restaurant-Immigration-Department/325591014299947

地図




徒歩5分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩5分圏内にある場所の記事はこちら。
Related Entries

0 Comments

コメント