ガレージバーガー・アンド・グリルはハンバーガーの種類が豊富なアメリカ料理店 in CRCタワー

Garage
今回は、BTS プルンチット駅(สถานีเพลินจิต)から徒歩10分、ウィッタユ通り(ถนนวิทยุ)沿いにあるCRCタワー(CRC Tower) 2階に店を構えるアメリカ料理 

ガレージバーガー・アンド・グリル


(Garage burger and grill)を紹介する。


地図



ガレージバーガー・アンド・グリルの地図はこちら。

店内


Garage
来店したのは、タイ祝日の昼時。
お客さんは他におらず、貸し切り状態。

アメリカにあるレストランのような雰囲気の店内の壁にはアメリカの車のナンバープレートが飾ってある。
店内には昔アメリカで使われていたと思われるガソリンの給油機が置いてある。

メニュー


Garage
スターターメニュー、ソフトドリンクメニュー。

手羽先(Buffalo Wings) 185バーツ、トルティーヤコーン・サルサ(Tortillas Con Salsa) 150バーツ。
水 25バーツ、ESTコーラ 55バーツ。

Garage
ハンバーガーメニューは種類豊富で、価格帯は250バーツ前後。

Garage
ランチメニューは11:00 - 14:00。

ガレージバーガー(Garage Burger)のランチメニューは、スープまたはサラダとソフトドリンクはついて270バーツ。
ガレージバーガー単品で220バーツ、ソフトドリンクは60バーツ程度なので、お得感はほとんどない。

飲食


Garage
卓上の調味料は トマトケチャップ、イエローマスタード、塩、コショウ、タバスコ。

コークゼロ(Coke Zero) 60バーツ。

Garage
ベーコンバーガー(Bacon burger) 245バーツ。

厚めに切られた皮付きのジャガイモはホクホクで美味しい。

バンズにトマト、レタス、玉ねぎ、ピクルス挟まれておらず、皿に置かれており、お好みで自分で挟むスタイル。

Garage
上部のバンズをどけると、パテとその上に乗ったカリカリベーコンが乗っている。
ガレージバーガー 220バーツとベーコンバーガーの違いはこのベーコンのみのようなので、ベーコンの料金が25バーツということになる。

ハンバーガーの種類が多いけど、こうしてメニューを改めて見るとガレージバーガーを基本として具材1、2品を追加トッピングしているだけのメニューが多く、捻(ひね)りがない。

Garage
サラパオは好き嫌いはほとんどないので、皿に置かれていたトマト、レタス、玉ねぎ、ピクルスを全てパテの上に乗せ、トマトケチャップとマスタードをかける。

ちなみにハンバーガーが出された段階では、パテにはソースはかかっていない。

Garage
具材を挟みバンズを戻した後。

Garage
ハンバーガーの断面。

パテの焼き加減はミディアムレアで注文。
パテは肉汁が多く 美味しい。
しかし、上下それぞれのバンズの厚みの比率が悪いため、パテの肉汁で下のバンズがフニャフニャだったのが、残念。

Garage
トマトソースパスタセット(tomato sauce pasta) 169バーツ。
セットにはソフトドリンクがつく。

味は普通。
169バーツでも高いが、さらにサービス料10%、VAT7%が加算され、総額200バーツ近くになり、コスパが悪い。

最後に一言


今回は、BTS プルンチット駅から徒歩10分、ウィッタユ通り沿いにあるCRCタワー 2階に店を構えるアメリカ料理 ガレージバーガー・アンド・グリルを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは5点。(全10点満点)
メニューはハンバーガー以外にも魚料理、ステーキ、BBQなどの料理もあり、種類豊富。

値段は高いが、味は普通。

基本情報


アメリカ料理:ガレージバーガー・アンド・グリル(Garage burger and grill)
予算:200~600バーツ(昼)、500~1,000バーツ(夜)
クレジットカード:VISA、MasterCard、JCB(サービス料は店負担)
VAT:7%(別)
サービス料:10%
住所:BTS プルンチット駅(สถานีเพลินจิต)から徒歩10分
      ถนน วิทยุ แขวง ลุมพินี เขต ปทุมวัน กรุงเทพมหานคร 10330
駐車場:有
電話:+66 2 685 3626
営業時間:
      日-金:11:30 - 21:30
      土:12:00 - 21:30
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:無
喫煙席:無

徒歩5分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩5分圏内にある場所の記事はこちら。
Related Entries

0 Comments

コメント