死火山の山頂にあるパノムルン遺跡 in ブリーラム県

イサーン地方(ภาคอีสาน)シーサケット県(จังหวัดศรีสะเกษ) にある妻の実家に用事があったため、バンコクへの帰り道、ブリーラム県(จังหวัดบุรีรัมย์)の

パノムルン歴史公園


(อุทยานประวัติศาสตร์พนมรุ้ง)を観光することにしました。

PHANOMRUNG HISTORICAL PARK
パノムルン(พนมรุ้ง)とは、クメール語で「大きな丘」という意味です。

PHANOMRUNG HISTORICAL PARK
パノムルン遺跡は、死火山の山頂(海抜400m)に位置するアンコール期のバプーオン様式寺院で砂岩とラテライトで10世紀に建築後、13世紀頃まで増築され今の大規模な寺院になったそうです。
入場券売り場を抜けて暫く歩くと、長い参道と遺跡が見えてきました。テンションが上がります。


地図



パノムルン歴史公園の地図はこちら。

出来事


PHANOMRUNG HISTORICAL PARK
参道の隅には石柱が一定間隔でありますが、石柱にどのような装飾がされていたのか、分かりません。

PHANOMRUNG HISTORICAL PARK
歴史を感じる石畳。

PHANOMRUNG HISTORICAL PARK
参道を抜けると急な階段があります。クメール遺跡でよく見かけるナーガがあります。
ナーガは、インド神話に起源を持つ、蛇の精霊あるいは蛇神のことです。

PHANOMRUNG HISTORICAL PARK
階段を登りきると、神殿の全体が見えます。

PHANOMRUNG HISTORICAL PARK
寺院のいたるところにある装飾の保存状態は良いです。

PHANOMRUNG HISTORICAL PARK
これは人の像の足でしょうが、どんな像が立っていたのでしょうか。

PHANOMRUNG HISTORICAL PARK
900年が経過した今でも歪むことなく奥のまで見える出口。

PHANOMRUNG HISTORICAL PARK

PHANOMRUNG HISTORICAL PARK
寺院の至る所に彫られているレリーフ。

PHANOMRUNG HISTORICAL PARK
遺跡にいる間、ずっと妻についてきた犬。

PHANOMRUNG HISTORICAL PARK

PHANOMRUNG HISTORICAL PARK
階段を降りる手前から撮った妻と犬。

PHANOMRUNG HISTORICAL PARK
四方それぞれに彫られたナーガ。

PHANOMRUNG HISTORICAL PARK
入場券売場。

PHANOMRUNG HISTORICAL PARK
駐車場。

PHANOMRUNG HISTORICAL PARK
6:00頃の駐車場。
明かりが無いので周りが良く見えません。観光客もサラパオ達以外いなかったので、入場券売場を見つけるのに苦労しました。


ストリートビューでパノムルン歴史公園の散策を疑似体験。

最後に一言


PHANOMRUNG HISTORICAL PARK
パノムルン歴史公園とプラサート・ムアンタム遺跡の入場券で30バーツ。
プラサート・ムアンタム(PRASAT MUANG TAM)遺跡も観光したい人は、このチケットは捨てないように。
プラサート・ムアンタム(PRASAT MUANG TAM)遺跡はパノムルン歴史公園から車で20分ぐらいの距離にあります。

今回のイサーン地方旅行記は、こちら

今回のサラパオポイントは8点。(全10点満点)
丘のうえにあるパノムルン遺跡は規模が大きくレリーフもその精巧さがいまだにわかるほど保存が良く見ごたえ十分。

基本情報


歴史公園:パノムルン歴史公園(อุทยานประวัติศาสตร์พนมรุ้ง)
入園料:大人1名 30バーツ(プラサート・ムアンタム遺跡の入園券含む)
クレジットカード:無
住所:
      ตำบล ตา เปี ก、อำเภอ เฉลิมพระเกียรติ、บุรีรัมย์ 31140
駐車場:有
電話:+66 44 666 251
営業時間:6:00 - 18:00
定休日:無
ホームページ(タイ語):http://www.finearts.go.th/phanomrunghistoricalpark/


関連記事

0 Comments

コメント