ソー・バーンのコチュジャンサムギョプサルは激うま! in プラカノン

So baan
今晩は、BTS プラカノン駅(สถานีพระโขนง)から徒歩14分、ソイ・スクンビット(ซอยสุขุมวิท) 71近くにある韓国料理店

ソー・バーン


(So Baan)にお邪魔する。

今晩は妻の友達の誘いで友達と韓国料理店で待ち合わせをしそのまま店で一緒に夕食を取る。


飲食


So baan
無料のお通しは全7品。
キムチやナムル、チヂミなどさまざまで、どれもとても美味しくしかもお代わり自由

キムチなど唐辛子を使った野菜類の辛みはそれほど強くなくナムルも含め野菜の自然な甘みを感じる。

So baan
こちらは無料のお通しの茶わん蒸し。
もちろんお代わり自由。

これだけの内容が全てお代わり自由で無料ってすごくお得。

So baan
Spicy stir fried pork with fresh vegetable 500バーツ。
韓国風甘辛豚バラ炒め コチュジャンサムギョプサル。
この量で2人分。

生ニンニク、レタス、白菜などの大量の野菜類に魚介類を発酵させたような辛みそがつく。

So baan
サンチュに甘辛の豚肉炒めと好みの野菜類を乗せコクのある甘辛味噌を塗り包んで食べると激うま!!

So baan
スンドゥブ・チゲ(순두부찌개)。
日本の汲み出し豆腐(おぼろ豆腐)に相当する柔かい豆腐を使った鍋料理。
豆腐は舌ざわり滑らか、スープはほどよい辛さの中にコクがありかなり美味しい。

So baan
Cheese Egg Roll 200バーツ。
韓国式チーズ入りオムレツ。
オムレツの上にはマヨネーズ、白ゴマ、海苔がが掛けられている。

So baan
チーズは原型をとどめておらず玉子の中に溶け込んでおりマイルドな味わい。

So baan
Mini Gimbap 200バーツ。
韓国式巻き寿司。
海苔は湿っている。
カニカマ、たくわん、ニンジン、キュウリ、玉子などが具材の巻き寿司を酸味のあるマスタードのような色をしたソースに付けて食べる。

So baan
お茶は無料。
ほのかな渋みがあり料理と合う。

店内


So baan
店の門にサムゲタンらしき写真が貼られていたので注文したら、メニューにないと言われた。

So baan
こざっぱりとした店内。
入店したのは平日20時半ごろで、サラパオ達以外にはお客さんはいなかった。

So baan
テレビは韓国のドラマをやっていた。

メニュー


So baan
Soy Sauce Fried Chicken 10ピース 210バーツ、ポークリブ 250バーツ。
値段は適正価格でどれも美味しそう。

So baan
Cold Bean Noodle 200バーツが気になる。

So baan
ドリンクメニュー。
焼酎 250バーツ、マッコリ 300バーツ。

So baan
店内には韓国語のフリーペーパーが置いてある。

So baan
店内にはWiFiがある。
Facebookでこの店をチェックインすれば料金を10%割引してくれる。

最後に一言


ソイ・スクンビット 71近くに店を構える韓国料理店 ソー・バーン、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは8点。(全10点満点)
今回友達の勧めで初めて来店したが、美味しいお通しは種類が多くお代わり自由というのが素晴らしい。
飲食物の値段は適正価格で種類も充実しており気に入った。
とくにコチュジャンサムギョプサルはボリュームもあり野菜もたくさん取れるのでかなりお勧め。

大満足な内容だったので10点を付けようと思ったが、この店を勧めてくれた友達から店のオーナーが変わって味が落ちたとの連絡があったので控えめの8点としておく。

基本情報


韓国料理店:ソー・バーン(So Baan)
予算:500~1,000バーツ(昼、夜)
クレジットカード:VISA、MasterCard(サービス料は店負担)
VAT:7%(込)
サービス料:無
住所:BTS プラカノン駅(สถานีพระโขนง)から徒歩14分
      264/7 สุขุมวิท Khwaeng Phra Khanong Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110
駐車場:有
電話:+66 2 019 8309
営業時間:11:00 - 22:00
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:無
喫煙席:無
FB(タイ語):https://www.facebook.com/Sobaanfood/

地図


関連記事
タイ バンコクの地図
バンコクマップ
↑画像をクリックするとサラパオがブログで紹介したバンコクのレストラン、娯楽施設、市場の場所を示したグーグルマップが起動。

0 Comments

コメント