アジアティーク・ザ・リバーフロントは倉庫跡地を再建築して作られた行楽施設 near チャオプラヤー川

Asiatique
今回は、チャオプラヤー川(แม่น้ำเจ้าพระยา)沿いに2012年4月27日にオープンをして以来、大盛況のナイトスポット 

アジアティーク・ザ・リバーフロント


(เอเชีย ทีค เดอะ ริเวอร์ ฟร้อนท์)を紹介する。

アジアティーク・ザ・リバー・フロント(以降、アジアティーク)は、倉庫跡地を再建築して作られた行楽施設。
他の場所とはちょっと違った雑貨やお土産店があり、ゴーカートやショーなども楽しめる人気スポット。

このブログでアジアティークを紹介するのは、今回で2回目。

前回は2016年の11月、プミポン国王の服喪中のローイクラトン(วันลอยกระทง)をアジアティークで過ごした内容だったが、今回はアジアティークがどのような場所かを紹介したい。


船着き場


Asiatique
アジアティークの船着き場。

アジアティークへは、BTS サパーンタクシン駅(สถานีสะพานตากสิน)近くのサトーン船着場(ท่าเรือสาทร)から船で15分ほどで着く。
アジアティークのシャトル船に乗れば、運賃は無料。

駐車場はとても広いが土日はいつも混雑している。

遊戯エリア


Asiatique
巨大な観覧車。大人400バーツ、子供250バーツ。

Asiatique
ゴーカート場。一人250バーツ。

他にもロボットの乗り物やメリーゴーランドなどがある。

ムエタイ・ライブ


Asiatique
ムエタイ・ライブ~The Legend Lives~。
ムエタイのライブショーは毎日20:00に開演。
スタンダード席は1200バーツ、プレミアム席は1500バーツ。

倉庫


Asiatique
(↑画像をクリックすると拡大されます)

Asiatique
広大な敷地には、1から10までの番号が振られた大きな倉庫があり、各倉庫の内部には多くの店が入っている。

倉庫ごとに入っている店のジャンルが分かれているので、店を探すときの手掛かりにするとよい。

倉庫1~4


Asiatique
倉庫1~4には雑貨屋やお土産屋が多く入店。

Asiatique
手作りのお坊さんなどの置物が売られている。

Asiatique
カラフルな絵。

倉庫5


Asiatique
倉庫5には服やアクセサリーなどのファッション関連の店が多く入っている。

倉庫6


Asiatique
倉庫6はフードエリア。
オープンエアな作りで手軽に食事を済ませるレストランが多い。

倉庫の天井は高く開放感がある。

倉庫7~8


Asiatique

Asiatique
倉庫7~8は飲食店、洋服屋、ファッション関連グッズ屋などいろいろな種類の店が入っておりジャンルに統一性がない。

倉庫9~10


Asiatique
倉庫9~10はレストランが多いエリア。

倉庫9の店はは実際に倉庫内にあるが、倉庫10のエリアは倉庫ではない。

Asiatique
洋食、タイ料理、ステーキ、イタリア料理など多様なレストランがあるが、日本料理レストランが比較的多いのがうれしい。

花ちゃ花ちゃ
倉庫10にある鉄板焼きとやきとりは看板メニューの居酒屋 花ちゃ花ちゃで食事をした。

最後に一言


今回は、チャオプラヤー川沿いにあるナイトスポット アジアティーク・ザ・リバーフロントを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは7点。(全10点満点)
遊戯、買い物、食事とすべてが揃っているバンコク観光にはお勧めの行楽施設。

他の市場とは少し変わったアクセサリー、お土産、置物などが売られているので、お土産探しにもおすすめ。

基本情報


行楽施設:アジアティーク・ザ・リバーフロント(Asiatique The Riverfront)
入園料:無料
住所:
      2194 ถนนเจริญกรุง วัดพระยาไกร บางคอแหลม กรุงเทพมหานคร 10120
駐車場:有
電話:+66 2-108-4488
営業時間:11:00 - 23:30
定休日:無
ホームページ(タイ語):http://www.asiatiquethailand.com/

地図


Related Entries
タイ バンコクの地図
バンコクマップ
↑画像をクリックするとサラパオがブログで紹介したバンコクのレストラン、娯楽施設、市場の場所を示したグーグルマップが起動。

0 Comments

コメント