ガオラオ・トム・ルアトムーのモツ料理はモツ好きは満足間違いなし! on ランナム通り

Kao Lao Tom Luat Mu
今回は、BTS 戦勝記念塔駅(สถานีอนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ)から徒歩1分、ランナム通り(ถนนรางน้ำ)に店を構えるクイッティアオ屋

ガオラオ・トム・ルアトムー


(เกาเหลาต้มเลือดหมู)を紹介する。

ガオラオ・トム・ルアトムーは、タイ料理の一つの料理の名前でおすすめの料理をそのまま店名にしたのだと思う。
タイではこのように店名におすすめの料理名や店主のあだ名を使ったような、捻りがないタイ料理レストランが多い。

ちなみにタイ語で、「ガオラオ(เกาเหลา)」は「麺無しスープ」、「トム(ต้ม)」は「煮る」、「ルアトムー(เลือดหมู)」は「豚の血」のことで、ガオラオ・トム・ルアトムーは豚の血の塊を使ったスープのこと。


飲食


Kao Lao Tom Luat Mu
卓上にはタイ飯の屋台のテーブルに置かれているお馴染みの調味料、ナンプラー、唐辛子、唐辛子入り酢、砂糖が置いてある。

コップの氷は1杯2バーツ。

Kao Lao Tom Luat Mu
ガオラオ・ムー・クルンナイ(เกาเหลาหมูเครื่องใน) 40バーツ。
豚のもつ料理。
右下に見える四角い2つの黒い塊が、店名の一部にもなっているルアトムー(豚の血)。
ルアトムーと豚のモツ以外の具には、豚の挽き肉、豆腐、揚げニンニク、刻み葱、ゴーヤなどいろいろ入っており、値段を考えるとかなり安い。

スープは豚骨ダシを使った旨みがある澄んだあっさりスープでくどさは全くない。
ゴーヤは苦みはほとんどなく柔らかくて美味しい。

モツもスープの味がよく染み込んで柔らく部位ごとの食感や味の違いを楽しめる。
コスパを考えるとモツ好きは大満足すること間違いなし!

Kao Lao Tom Luat Mu
サラパオは、この澄んだスープが好きなのでこのまま食べたかったのだが、妻が唐辛子などいろいろ投入した。

Kao Lao Tom Luat Mu
クイッティアオセンレック・ムー・クルンナイ(ก๋วยเตี๋ยวเส้นเล็กหมูเครื่องใน) 60バーツ。
たまたまなのかもしれないが、入っているモツの部位のほとんどがレバー。
揚げニンニクの香ばしい薫りがする。

Kao Lao Tom Luat Mu
ガオラオ・ムー・クルンナイに引き続き豚のモツ料理だがこちらは細麺入り。
クイッティアオにはモツの他にもやしやアサツキも入っている。

こちらも妻が唐辛子などいろいろ投入。

コスパ的にはこのクイッティアオもなかなか良いが、サラパオはそんなにクイッティアオは好きではないので、クイッティアオセンレック・ムー・クルンナイと比較するとモツの量が多くて値段も安いガオラオ・ムー・クルンナイの方が好み。

店内


Kao Lao Tom Luat Mu
来店したのは、日曜日午後2時。
テレビでは故プミポン国王の火葬式をやっていた。
テーブルの埋まり具合は2割で、お客さんは全員タイ人。

Kao Lao Tom Luat Mu
オーナーの写真。
モツ料理が得意らしい。

メニュー


Kao Lao Tom Luat Mu
店頭にあるメニュー。
メニューに書かれている値段と注文した料理の値段が違うような気がするのだが、どうなのだろうか?

最後に一言


今回は、BTS 戦勝記念塔駅から徒歩1分、ランナム通り(ถนนรางน้ำ)に店を構えるクイッティアオ屋 ガオラオ・トム・ルアトムー(เกาเหลาต้มเลือดหมู)を紹介するしたが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは7点。(全10点満点)
モツ料理 ガオラオ・ムー・クルンナイは、豚骨ベースのスープに十分に煮込まれ味の染み込んだいろいろな部位のモツと40バーツとは思えない内容でモツ好きには大満足間違いなしの料理。

クイッティアオ屋したガオラオ・トム・ルアトムーはクイッティアオ・バーン・クンヤー(ก๋วยเตี๋ยวบ้านคุณย่า)から右2軒隣の店になるのだが、グーグルマップに地図が無かったのでので代わりにクイッティアオ・バーン・クンヤーの地図を載せた。

基本情報


クイッティアオ屋:ガオラオ・トム・ルアトムー(เกาเหลาต้มเลือดหมู)
予算:100~200バーツ
クレジットカード:不可
VAT:7%(込)
サービス料:無
住所:BTS 戦勝記念塔駅(สถานีอนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ)から徒歩1分
駐車場:無
アルコール:無
ランチメニュー:無
喫煙席:無

地図




徒歩5分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩5分圏内にある場所の記事はこちら。
関連記事

0 Comments

コメント