レック & ラット・シーフードは赤のユニフォームが特徴の海鮮料理店 in 中華街

  • カテゴリMRT
  • コメント0
  • TRACKBACK0
海鮮料理店 Lek and Rut Seafood
今回は、ヤワラートにある海鮮料理店 

レック & ラット・シーフード


(Lek and Rut Seafood)を紹介する。

レック & ラット・シーフードは赤のユニフォームが特徴の海鮮料理店。

ヤワラートは中華系の店が集まる商業地域でバンコクの中華街。


地図



レック & ラット・シーフードの地図はこちら。

レック & ラット・シーフードの場所は、MRT フワランポーン駅から徒歩25分、中華街のヤワラート通り沿い。

出来事


海鮮料理店 Lek and Rut Seafood
Prawns Roasted with Bean Thread 200バーツ。
大きなエビが5尾入っていました。触感はプリプリで、噛むとエビの甘みが口の中に広がります。身も多く食べごたえあり。身が大きいので濃厚なみそが沢山入っており病みつきになります。

海鮮料理店 Lek and Rut Seafood
フカヒレスープ 小 300バーツ。
フカヒレスープ 中 500バーツ。フカヒレスープ 中 1,000バーツ。
注文したのは小サイズ。味はとろとろのスープに濃厚な味わい。カニの身がごろごろ入って食べごたえがありました。

海鮮料理店 Lek and Rut Seafood
Oyster Fried Dipped in Flour Paste 150バーツ。
牡蠣、小麦粉、卵を混ぜて炒めた料理。ふわふわな小麦粉と卵の触感と牡蠣のプリプリの対比を楽しいです。甘い付けダレとの相性もグッド。

海鮮料理店 Lek and Rut Seafood
Salty, Sweet and Sour Fish (Snapper) 300バーツ。
揚げたフエダイの上に甘辛いソースをかけた料理。ジューシーでカリカリな触感に甘辛いソースが良く合います。皮の部分もパリパリおいしく頂きました。

海鮮料理付けダレ
席に着くなり、置かれた2種類の付けダレ。
左のタレはタイ料理店でよく出てくる緑色の酸っぱいタレ。中身は唐辛子、ニンニク、レモンなどです。
右のタレの味は忘れましたが、たぶん、中国の醤油や酢を混ぜたタレだと思います。

海鮮料理店 Lek and Rut Seafood
ハイネケンビール 大瓶。値段は忘れました。

海鮮料理店 Lek and Rut Seafood
店内の雰囲気。

メニュー


海鮮料理店 Lek and Rut Seafood メニュー
メニューは写真付きで英語も併記されており、分かりやすい。

最後に一言


新鮮で美味しい海鮮料理をリーズナブルに楽しめ大満足。

中国元旦の中華街について書いたこちらの記事もぜひ読んでみてください。

今回のサラパオポイントは6点(全10点満点)
フカヒレを日本よりはるかに安い値段で食べられて満足。
フカヒレのスープにはカニ肉がごろごろ入っており美味しかった。

基本情報


海鮮料理店:レック & ラット・シーフード(Lek and Rut Seafood)
予算:700~1,400バーツ(夜)
サービス料:無
住所:MRT フワランポーン駅から徒歩25分
      Phadung Dao Rd, Khwaeng Samphanthawong, Samphanthawong, Bangkok 10100
駐車場:無
電話:+66 81 637 5039, +66 86 700 7992
営業時間:17:30 - 02:00
定休日:無
喫煙席:無
関連記事

0 Comments

コメント