キングストンは女の子が遊び相手をしてくれる日本人経営のバー in プロンポン

キングストン
今晩お邪魔したのは、BTS プロンポン(สถานีพร้อมพงษ์)駅から徒歩1分、スクンビット道路(ถนน สุขุมวิท)に店を構えるバー

キングストン


(KINGSTON)。

日本人が経営するバーが少ないタイですが、こちらは日本人経営のバーで日本人客が多い店。

タイでフリーランスとして長年働いている友人が友達が経営しているバーを紹介したいというのでやってきた。
このバーに来る前にトンロー(ทองหล่อ)にあるたまごの鍋奉行居酒屋 たまごで結構飲んできたのですでに酔っている。


飲食


キングストン
サントリー グラス ソーダ割り 150バーツ。
ミックスナッツ(MIX NUTS) 90バーツ。
お腹は一杯なので、酒のつまみはミックスナッツのみ。

店内


キングストン
店内のテレビはヨーロッパのサッカーを放映していた。

一緒に来た友達は他の顔見知りの友人やマスターなどと話していたが、人見知りするサラパオはバーでバーの女の子と話したりゲームを一緒にプレイしたりテレビを見たりながら過ごした。

キングストン
女の子に相手してもらった4目並べ。
タイのバーでよく見かけるゲームだが、サラパオがプレイするのは今回初めて。
酔っていたのでよく覚えていないが、2勝3敗ぐらいで負け越したと思う。

相手をしてくれた女の子には酒を奢ってあげた。
ゴーゴーバーのようなレディードリンク代というシステムではないく女の子が飲んだドリンクの代金を支払うシステム。
サラパオが支払った女の子のドリンク代は1杯180バーツの酒3杯の計540バーツ。

キングストン
店内の雰囲気。
23:00頃に入店した時にいたのは常連と思われる日本人のグループ客のみ。

今晩の飲み代を賭けてマスターとバーカウンターでバランスタワーをプレイする常連客。勝てば無料、負ければ倍払いで常連客が勝っていた。
ゲーム後に散らかったピースを片付けれるのに苦労していた。(テーブルの上でやればいいのに。。)

メニュー


キングストン
アルコール飲料メニュー。
バーだけあり、酒は一通り揃っている。

キングストン
アパタイザーメニュー。
おつまみ系の種類はそれなりにあり値段も安い。

キングストン
居酒屋メニュー。
小さなバーだが、おろしカツ 170バーツ、肉じゃが 120バーツなどなどガッツリ系から居酒屋メニューまであることに驚く。

キングストン
うどん、そばメニュー。
日本人が好みそうな飲んだ後の締め用だろう。
とても安いがどんな味なのか気になる。

最後に一言


BTS プロンポン駅のすぐ近くにあるバー キングストン如何でしたでしょうか?

ドリンク、おつまみ共に値段は安いし、女の子が相手をしてくれるバーなのでBTS プロンポン駅近くで待ち合わせするときや今回のようにちょっと飲み足りないときなどに重宝しそうなバー。

今回のサラパオポイントは7点。(全10点満点)
今回はお腹が空いていなかったので食べ物はナッツしか注文しませんでしたが、食い意地が張っているサラパオは料理の味が気になる。

基本情報


バー:キングストン(KINGSTON)
予算:400~1,200バーツ(夜)
VAT:7%(別)
サービス料:無
住所:BTS プロンポン(สถานีพร้อมพงษ์)駅から徒歩1分
      Soi sukumvit 24/1 Khwaeng Khlong Tan, Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha Nakhon 10110, Thailand
駐車場:無
電話:+66 2 019 9574
営業時間:17:30 - 2:00
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:無
喫煙席:有
FB(タイ語):https://www.facebook.com/555kingston/

地図




徒歩5分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩5分圏内にある場所の記事はこちら。
関連記事

0 Comments

コメント