ジェー・リアプ・シーフードは地元客で賑わう海鮮料理店 in サナームパオ

ร้านเจ๊เลี๊ยบ
今回は、サナームパオ(สนามเป้า)にある海鮮料理店

ジェー・リアプ・シーフード


(เจ๊เลี๊ยบ)。

通り沿いにあるがうっかり通り過ぎてしまうような店なので、この看板を目印にしてほしい。


地図



ジェー・リアプ・シーフードの地図はこちら。

ジェー・リアプ・シーフードの場所は、BTS サナームパオ駅(สถานีสนามเป้า)から徒歩3分、パホンヨーティン通り沿い。


ジェーリアプ・シーフード前のストリートビュー。

画面をフリックして周りの風景を確認したり、矢印を押すことで順路の風景を確認できます。
初めて来店する人は、参考にどうぞ。

店の雰囲気


ร้านเจ๊เลี๊ยบ
店内の雰囲気。店というより家へ続く通路にテーブルを置いただけといった感じですね。

ร้านเจ๊เลี๊ยบ
店内のみでなく、店脇の路上でもお客さんが注文した料理を食べています。他の店の前でも食事をしているお客さんがいるようですが、公道での商売も含め、お金を払えば大抵のことはマイペンライなのがタイなのです。

メニュー


ร้านเจ๊เลี๊ยบ メニュー
友人がトムヤムクンを指を指して注文中。

ここのトムヤムクンは以下4種類あります。
お碗入りのトムヤムクン(ต้มยำกุ้งน้ำใส) 200バーツ。
お碗入りの牛乳入りトムヤムクン(ต้มยำกุ้งน้ำข้น) 220バーツ。
トムヤムクンの鍋(ต้มยำกุ้งน้ำใสหม้อไฟ) 500バーツ。
牛乳入りトムヤムクンの鍋(ต้มยำกุ้งน้ำข้นหม้อไฟ) 500バーツ。

我々が注文したのは上から二番目のお碗入りの牛乳入りトムヤムクン。昔はトムヤムクンにはココナッツミルクを入れていましたが、最近は牛乳を入れる方が一般的なようです。

飲食


ร้านเจ๊เลี๊ยบ
無料でついてきたインゲン等の生野菜とハーブの盛り合わせ。

海鮮料理の場合は店によりますが、イサーン料理店ではほとんどの店では料理を注文するとこのような生野菜とハーブの盛り合わせがついてくる。

私は好きなので食べますが、衛生面など気になる方やお腹を壊しやすい方は生野菜や瓶に入っていない水は飲まないほうが無難。

ร้านเจ๊เลี๊ยบ
LEOビール 大瓶 70バーツ。

サラパオが知っている飲食店の中ではビールの値段は最安値。

ร้านเจ๊เลี๊ยบ
Sang Som 160バーツ。

この店ではアルコール飲料はビールしか基本的には売っていないのですが、ウィスキーが欲しいと言ったら売ってくれました。

喉を傷めており、冷たい飲み物を飲むと喉が痛むのでこのウィスキーをロックで飲みました。

ร้านเจ๊เลี๊ยบ
ヤム・カイケム(ยำไข่เค็ม) 120バーツ。塩漬け卵のサラダ。塩漬け卵がお酒のつまみによく合う。

ヤム(ยำ)はタイ語でサラダ、カイ(ไข่)はタイ語で卵、ケム(เค็ม)はタイ語でしょっぱい、直訳するとしょっぱい卵のサラダ。

塩漬け卵は一般的に2週間近く塩漬けしたアヒルの卵で保存食になり、酒のつまみとしても良い。

ร้านเจ๊เลี๊ยบ
クン・チェー・ナンプラー(กุ้งแช่น้ำปลา) 小サイズ 120バーツ。
エビのナンプラー漬け。

バンコク近郊にはエビの養殖所があり新鮮なエビが安く手に入ります。
お客が多い店なら鮮度もいいでしょうから、ぜひ食べてみてください。
ナンプラーに唐辛子、ニンニク、ライムなどを混ぜたしょっぱ辛いタレと生エビの甘みがよく合う。

ร้านเจ๊เลี๊ยบ
トム・ヤム・クン(ต้มยำกุ้งน้ำข้น) 220バーツ。

海老が入った辛味と酸味、複雑な香りなトムヤムスープでタイ料理の定番ですね。

トム(ต้ม)は煮る、ヤム(ยำ)は混ぜる、クン(กุ้ง)はエビという意味でエビ入りトムヤムスープのことだが、他にも鶏肉や魚等、他の食材入りのトムヤムスープもある。

ร้านเจ๊เลี๊ยบ
ホーイ・シェン・ソング・クルアン・パオ(หอยเชลล์ทรงเครื่องเผา) 170バーツ。焼きホタテ。殻に身が2つついているのが、いくつかあり、ラッキー。

どこの店でもそうだが、ホタテの身は日本のより小ぶり。

ร้านเจ๊เลี๊ยบ
カナー・ムー・クロップ(คะน้าหมูกรอบ) 80バーツ。チャーニーズブロッコリー(カナー)と豚バラ揚げ(ムー・クロップ)。豚のカリカリとチャーニーズブロッコリーのシャキシャキが楽しいです。

ご飯のおかずに最高の一品。

ร้านเจ๊เลี๊ยบ
ヤム・プラー・サリット・トート・グロープ(ยำปลาสลิดทอดกรอบ) 200バーツ。サリット(魚)のカリカリ揚げサラダ。

カリカリに上げた魚とこの甘酸っぱいタレがまた合うんだな。

ร้านเจ๊เลี๊ยบ
ヤム・プラー・サリット・トート・グロープについてきたソースを料理の上にかけて食べました。

ร้านเจ๊เลี๊ยบ
トート・マン・クン(ทอดมันกุ้ง) 200バーツ。タイ風えびのすり身揚げ。

左側に写っているのは、トート・マン・クン(ทอดมันกุ้ง)用の甘いスイートチリソース。

トート(ทอด)は揚げる、マン(มัน)は練る、クン(กุ้ง)はエビという意味。

サクサク・アツアツのの衣の中にはプリプリ・ホクホクのエビのすり身がぎっしり入っており、衣とすり身の異なる食感に少し甘めのタレに絡まりたまらん美味しさ。

最後に一言


ร้านเจ๊เลี๊ยบ
店のおばちゃんが皿の上の残りを見て、注文したであろう料理を我々に確認しながら、会計中。

ショッピングモール内にあるチェーン店のレストランはさすがに機械化されていますが、個人でやっているここのような店の会計は皿の上の残り物をみて会計する店は多い。

店や店員によっては、客に確認しないで、自分の想像のみで会計する人もおり、金額が間違っていることはしょっちゅう。

後日、ジェー・リアプ・シーフードを来店した時の記事はこちら。
ジェーリアプ・シーフードは鮮度抜群の海鮮料理店 in サナームパオ

ジェーリアプ・シーフードは鮮度抜群の海鮮料理店 in サナームパオ

今回は、サナームパオ(สนามเป้า)にある海鮮料理レストラン ジェー・リアプ・シーフード(Je Liep Seafood / ร้านอาหารทะเลเจ๊เลี๊ยบ)を紹介する。ジェー・リアプ・シーフードはローカルタイ人に人気の海鮮料理レストラン。タイ語で、『ジェー(เจ๊)』は『お姉さん』、『リアプ(เลี๊ยบ)』は『リアプ(という人の名前)』、という意味。『ジェー・リアプ・シーフード』は『リアプお姉さんの海鮮料理』という意味の店名。...


今回のサラパオポイントは6点。(全10点満点)
同僚お気に入りの海鮮料理店だが、味も値段も普通でどこに魅力があるのかわからん。

基本情報


海鮮料理店:ジェー・リアプ・シーフード(เจ๊เลี๊ยบ)
予算:500~1,000バーツ(夜)
クレジットカード:不可
VAT:7%(込)
サービス料:無
住所:BTS サナームパオ駅(สถานีสนามเป้า)から徒歩3分
      แขวง สามเสนใน เขตพญาไท กรุงเทพมหานคร 10400
駐車場:無
電話:+6626198639
営業時間:17:00 - 4:00
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:無
喫煙席:無

徒歩5分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩5分圏内にある店の記事はこちら。
関連記事

0 Comments

コメント