魚料理が美味しい日本料理店 ひな on MBK 6階

ひな
夕食のためお邪魔したのは、BTS 国立競技場駅直結のMBK6階に店を構える日本料理店

ひな


(HINA)。

妻がMBKに用事があるというので、仕事帰り車でやってきた。
MBKの駐車料金は初めの4時間の駐車料金40バーツを入場時に支払い、1時間20バーツの超過時間分を出るときに支払うシステム
早々に用事を済まし、この店で夕食を取る。

「ひな」は昔「フジオ食堂」という店名でしたが、運営会社変更により2016年11月1日に店名が「ひな」に変更されました。
「ひな」は日本のひな祭りの「ひな」から命名されたようだが、なぜその店名にしたかは不明。

ひな
日系会社が作ったレストランらしくショーケースには料理サンプルが陳列。


出来事


ひな
お代わり自由の熱いお茶 40バーツ。

ひな
カレイの煮付けセット 269バーツ。
サラパオが注文。
メインのカレイの煮付け、ごはん、ワカメのみそ汁、煮物2品、キムチ、キャベツのサラダ、デザートのスイカの構成。
どれも美味しい。
タイの日本料理店で定食にキムチを出す店が多いがなぜだろう?(日本でも同様?)
キムチは食べなくはないが、日本料理を食べに来ているので他のおかずに変えてくれた方がうれしい。

ひな
タイでは日本料理で使われる安い魚は鯖で、つぎに秋刀魚、鮭と続き、他の魚は驚くほど高いケースが多い中、カレイが比較的お手頃な価格だったので注文。
メインのカレイの煮付けは脂が乗った白身に甘い煮汁がよく染み込んでおりとても美味しい。
一緒に添えられているショウガとほうれん草にも煮汁がよく染み込んでいて美味しかった。
欲を言えば、魚を煮るときにいれたショウガとは別に針ショウガをカレイの上に乗せてくれると嬉しい。
それにカレイと一緒にネギも似て一緒に出せばより満足度は高くなると思う。

ひな
秋刀魚の塩焼きセット 259バーツ。
秋刀魚大好きの妻が注文。
セットの内容はカレイの煮付けセットと同じ。

ひな
秋刀魚の旬は9-10月で旬では無いが、脂の乗りはまあまあといったところで美味しい。
大根おろしとレモンが添えられている。
サラパオは大量の大根おろしと一緒に食べるのが好きなので、大根おろしはこの5倍は欲しい。
オプションで大根おろしの追加ができると嬉しい。

ひな
テーブルの上にあった調味料は、醤油、とんかつソース、コショウ、一味唐辛子。

ひな
広々として清潔感のある店内。
お客さんの7割は旅行に来た外国人、残りはタイ人。日本人はサラパオ以外いないようだった。

メニュー


ひな
煮魚セットメニュー。

ひな
巻きずしは50%割引。
タイ人と食事をするのであらば、これはアリかな。

ひな
刺身が40%割引だが、基の値段が高すぎるためお得感をあまり感じない。

ひな
ドリンクメニュー。
多くの店がそうだが、日本酒はタイでは高いので、タイに住んでいる酒を飲む日本人にはお土産に日本の酒をあげると喜ばれる。

最後に一言


運営会社の変更等により過去何度か店名を変更しており運営が安定していないようだ。
現在はタイ資本の会社が運営しているようなので、味はそれほど期待していないかったが、注文した定食は魚料理はもちろんのことみそ汁や総菜のいずれも美味しかった。
場所柄しょうがないことなのだが、値段が若干高い。
何の特典なのかは不明だが、注文した定食が15%割引されていた。

今回のサラパオポイントは6点。(全10点満点)
魚料理中心のメニューだが、エビフライやとんかつ、生姜焼きといった料理も食べられる。
サラパオ達が来店した時にはテーブルは3割程度しか埋まっておらずウェイターも厨房も忙しくないはずなのに、席に座ってもメニューを持ってきてくれなかったり、注文を取りに来るまでに10分以上待たされたりとスタッフのサービスは悪かった。(高級店以外でサービスを期待してもしょうがないが)

基本情報


日本料理店:ひな(HINA)
予算:500~1,000バーツ(昼、夜)
クレジットカード:VISA、MasterCard、JCB(サービス料は店負担)
VAT:7%(込)
サービス料:5%
住所:BTS 国立競技場駅(สถานีรถไฟฟ้าสนามกีฬาแห่งชาติ)直結
      6th Floor MBK Center, 444 Phayathai Rd.,Patumwan, Bangkok
駐車場:有
電話:+66 2 620 9777
営業時間:11:00 - 21:00
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:無
喫煙席:無
FBファンページ(タイ語):https://www.facebook.com/pg/HinaJapaneseRestaurant

地図




徒歩5分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩5分圏内にある場所の記事はこちら。
関連記事

0 Comments

コメント