ワット・サパーン・ヒンから眺める朝日は絶景 in スコータイ

スコータイ旅行3日目。

宿泊しているオーキッド ハイビスカス ゲスト ハウスの店員がスコータイ歴史公園の西、高さ約200mの小高い丘陵に建つ寺院であるワット・サパーン・ヒン(วัดสะพานหิน)から眺める朝日がきれいというので、早朝に行ってみた。

โบราณสถานวัดสะพานหิน
サパーン・ヒンはタイ語で石橋という意味で、その名の通り300メートルの自然石を並べたような不安定な参道が高さ200mの丘の頂上まで続きている。
絶対に朝日を見逃したくなかったので、余裕をもって早めにゲストハウスを出発しワット・サパーン・ヒンがある丘の麓に到着したのは5:00頃。
写真は日が完全に上がった後に撮ったものだが、到着した時は真っ暗闇で、携帯の明かりを頼りに丘の上を目指す。
サラパオ達は4人で訪れましたが、日没後に1人でこのような人気のない場所を訪れるのはかなり危険なので絶対しないようにしてください。


出来事


โบราณสถานวัดสะพานหิน
日の出まで時間がたっぷりあったので、ゆっくり丘を登り丘の頂上に到着したのは5:20ぐらいだったが、真っ暗闇で携帯の明かりがないと何も見えない。
みんなやることが無いので、携帯で時間潰しをしていが、インターネットで調べた結果日の出は6時過ぎであることが発覚。
4人もいて、誰も日の出時間を調べなかったとは。。(お前が言うな!)
内3人は日本人だが、長期間タイにいると考え方や性格がタイ人化するのは本当のようだ。

โบราณสถานวัดสะพานหิน
6:07、地平線が明るくなってきたが、太陽は確認できない。

โบราณสถานวัดสะพานหิน
6:39、地平線が明るくなってから30分以上経過したが、どうやら日の出は済んだらしいが、残念ながら靄に隠れて地平線から出る瞬間を見ることができなかった。

โบราณสถานวัดสะพานหิน
6:45、ようやく朝日の姿をはっきり確認。

โบราณสถานวัดสะพานหิน
6:46、太陽を視認してから、太陽が昇るスピードはとても速かった。

โบราณสถานวัดสะพานหิน
朝日を観るために集まった観光客達。
ほとんどの方は外国人のようだった。

โบราณสถานวัดสะพานหิน
早朝に丘の頂上からみるスコータイ遺跡公園の雄大な景色に心が癒される。

โบราณสถานวัดสะพานหิน
頂上におられる、一緒に朝日を眺めた「アッターロ」と呼ばれる高さ12.5mの仏像。
アッターロは厚いレンガの壁を背に、右手を挙げて東を向いて立っておられる。

โบราณสถานวัดสะพานหิน
膝のあたりが崩れかかっているのか、大きな布で補強しているようだ。

โบราณสถานวัดสะพานหิน
スコータイのトゥクトゥクだろうか?
変わった形なので写真に収めた。

最後に一言


ワット・サパーン・ヒン(วัดสะพานหิน)から眺める朝日はいかがでしたでしょうか?
サラパオのときは、残念ながら靄がかかっていたためか日の出を拝むことはできませんでいたが、丘の上から一望するスコータイ歴史公園の光景は絶景ですので、お勧め!

今回のサラパオポイントは6点。(全10点満点)
夜間人気が無い場所への1人行動は避けましょう。
日の出を見るときは、人に日の出の時間を聞くのではなくインターネットで確認した方がいいです。(タイ人は適当な人が多いので)
時期によっては蚊が多いので、虫よけスプレーとかゆみ止め薬は必須。

基本情報


遺跡:ワット・サパーン・ヒン(วัดสะพานหิน)
入園料:100バーツ
クレジットカード:不可
住所:
      Mueang Kao, Mueang Sukhothai District, Sukhothai 64210
駐車場:有
定休日:無

地図


関連記事

0 Comments

コメント