関西風の味付けの日本料理店 大阪レシピ in オンヌット

大阪レシピ
今回お邪魔したのは、BTS オンヌット駅(สถานีอ่อนนุช)から徒歩6分、ソイ スクンビット 81(ซอย สุขุมวิท 81)に店を構える地元の日本人やタイ人に人気の関西風の味付けの日本料理店

大阪レシピ


(Osaka Recipe)。

妻が始めたサイドビジネスの職場がオンヌット(อ่อนนุช)にある関係で一昨日昨日とオンヌットで妻と夜食を取ったサラパオですが、今晩もオンヌットで食事です。
妻がこの仕事を飽きるまでしばらくオンヌットネタが続くと思われます。

大阪レシピは2015年にオープンした店で黄色いYour Space Apartmentというアパートの1階にある。


出来事


大阪レシピ
冷奴 90バーツ。
サラパオにとっては若干高め感じる値段だが、良い豆腐を使っているらしくとても美味しい豆腐だった。
量がもう少しあると嬉しいな。

大阪レシピ
きのこ & ベーコン 120バーツ。
きのこのメインはしめじで、他にエノキタケやベーコンなどが入っている。
ソテーすることできのことベーコンの味がうまくマッチしており美味しい。

大阪レシピ
鮭の兜焼き 半分 150バーツ。
焼き加減はちょうどよく、適度な化粧塩によりほどよく入った焦げ目から香ばしい香りがする。
ほおは脂が乗った身が詰まっておりぷりぷりの食感がたまらない。
身は少ないが皮についている部分の身は脂が乗っており美味しい。
もちろん皮も美味しいので骨以外はほじほじしながらほとんど頂いた。

サラパオは他の店で鮭の兜煮を注文することがあるが、兜煮のように野菜類が入っていない分若干割高感がある。
ちなみにフルサイズであれば200バーツなので、お得感はある。

大阪レシピ
炙りしめ鯖寿司 200バーツ。
注文する際は若干高いと思ったが、ボリュームがあり手がかかっており美味しかったので納得。
脂の乗った新鮮なしめさばを棒寿司にしてから表面を炙っておりいろいろ手が掛かっている。
シャリは関西風の上品な味付けで、シャリがしめ鯖によく馴染んでおりとても美味しい。
サラパオが今まで食べた炙りしめ鯖寿司の中でもベスト3に入る美味しさで、注文して大正解の1品となった。

大阪レシピ
鶏の唐揚げ 100バーツ。
サラパオは衣サクサク中ジューシーな唐揚げを期待していたのだが、サクサクの衣はなく肉質は硬めで噛むと旨みがにじみ出てくる感じの唐揚げだった。
塩、レモン、醤油を適量掛けて頂く。

大阪レシピ
アサヒ生ビール(中ジョッキ) 90バーツ。

大阪レシピ
水 ペットボトル 10バーツ。
妻はオレンジジュースを飲みたがっていたが、販売していなかった。

大阪レシピ
20席程のこじんまりとした店内で、サラパオ以外の客は全員タイ人だった。

メニュー


大阪レシピ
前菜メニュー。
ありふれた居酒屋メニューに特に気になる料理はない。

大阪レシピ
カレーメニュー。
値段が安くて美味しそう。
1人で食事するときには助かる。

大阪レシピ
アルコール飲料メニュー。
安月給のサラパオのために、チューハイなど安く飲める酒を増やしてくれると助かる。

大阪レシピ
ソフトドリンクメニュー。
妻のためにオレンジジュースを置いてくれると嬉しいな。

最後に一言


多彩なメニューに加えて、数種類の日替わり料理がある。
美味しい日本料理をこの価格帯で食べれるのはうれしい。

今回のサラパオポイントは7点。(全10点満点)
冷奴やしめ鯖炙り寿司は若干高めの値段だが、とても美味しかったのでお勧め!

基本情報


日本料理店:大阪レシピ(Osaka Recipe)
予算:300~600バーツ(昼)、700~1,400バーツ(夜)
クレジットカード:VISA、MasterCard、JCB(サービス料は店負担)
VAT:7%(込)
サービス料:無
住所:BTS オンヌット駅(สถานีอ่อนนุช)から徒歩6分
      88 ซอยสุขุมวิท 81 ถนนสุขุมวิทบางจากพระโขนงกรุงเทพฯ 10260
駐車場:有
電話:+66 2 742 4144
営業時間:
      月-金:16:00 - 23:00
      土-日:11:00 - 23:00
ラストオーダー:22:30
定休日:水
アルコール:有
ランチメニュー:有
喫煙席:無
FBファンページ(タイ語):https://www.facebook.com/Osaka-Recipe-Skv81-1491549434499788/

地図


関連記事
タイ バンコクの地図
バンコクマップ
↑画像をクリックするとサラパオがブログで紹介したバンコクのレストラン、娯楽施設、市場の場所を示したグーグルマップが起動。

0 Comments

コメント