キムチアワーで大人気のカリカリ衣のフライドチキン  in アーリー

Kimchi Hour
お邪魔したのは、BTS アーリー駅(สถานีอารีย์)から徒歩15分、ラマ六世通り・ソイ30(ถนน พระราม 6 ซอย 30)に店を構える韓国料理店

キムチアワー




キムチアワーは美味しい店が多いアーリー(อารีย์)で気になっていた韓国料理店。

サラパオは自家用車で来たのですが、キムチアワーには駐車場がないため、近くのソイに路上駐車しました。


出来事


Kimchi Hour
無料のお通し。
他の韓国料理店ではこれでもかってぐらいたくさんの小鉢でいろいろでてくる店がありますが、ここは少なめで、豆もやしのナムル、ほうれん草のナムル、そしてキムチの3種類。
ナムルは朝鮮半島の家庭料理の一つで、もやしなどの野菜や山菜、野草を塩ゆでしたものに調味料とゴマ油であえたもの。
豆もやしのナムルはシャキッとしてみずみずしい。塩、ニンニク、ゴマ油はきつ過ぎずちょうどよい。
ほうれん草のナムルはにんにくとゴマの香りがよく美味しい。
自家製キムチもシャキシャキで美味しい。

Kimchi Hour
がっつり鍋を食べたかったので、プデチゲ(부대찌개)を注文。
今回はトッピングは注文しなかった。
チゲは韓国語で鍋料理、チゲは韓国語で部隊という意味で、直訳すると部隊鍋。由来には諸説あるが、戦時中に韓国軍部隊で生まれた料理らしい。

Kimchi Hour
プデチゲ 349バーツ。
具材はネギ、白菜、玉ねぎなどの野菜類、ソーセージ、ゆで卵、インスタントラーメンなどいろいろ。
辛さを選べるので辛口をチョイスしたが、ちょうどよい辛さ。

Kimchi Hour
初めスープはほとんど入っていなかったが、鍋が熱くなるにつれ白菜などの野菜から汁がでてきて、食材が煮えたころにはちょうど良い量のスープができていた。

Kimchi Hour
フライドチキン(Wing Set Original) 139バーツ。
キムチアワーの人気料理で、衣はカリカリ、中はジューシーで美味しい。
ハチミツのような甘辛いソースと適量のゴマでコーティングされており、今まで食べたことのない味。

Kimchi Hour
韓国焼酎(ソジュ) チャミスル(참이슬) 229バーツ。
ソジュ(소주)とは韓国語で焼酎という意味。
韓国で一番売れている焼酎でアルコール度数は高いがスッキリまろやかな味のため飲みやすい。

Kimchi Hour
冷たい緑茶(ชาเข้ียว) 25バーツ。
お代わり無料。

Kimchi Hour
1階で食事をしたのですが、トイレに行くため2階に上がるとキムチを作っていた。

Kimchi Hour
トレーに山積みされた白菜。

Kimchi Hour
店内の雰囲気。店内は狭いですが、清潔感があり気持ちよく食事ができます。

メニュー


Kimchi Hour
キムチチゲ、ビビンバ、トッポッキの定番メニューの他に、キムチやチーズワンタンの揚物といた変わったメニューもある。
メニューは少ないがお通しも含めどれも美味しかった。
人気メニューはフライドチキンのようで、お客さんのほとんどが注文していた。

Kimchi Hour
店から20Kmぐらいの範囲まではデリバリーもやってます。
詳しいシステムはこちらを参照。

最後に一言


料理はお通しも含めどれも美味しかった。

今回のサラパオポイントは6点。(全10点満点)
特にお薦めはフライドチキンでハチミツとゴマのソースでコーディングされたカリカリのフライドチキンは一押しの美味しさ。

基本情報


韓国料理店:キムチアワー(Kimchi Hour)
予算:600~1,200バーツ(昼、夜)
クレジットカード:VISA、MasterCard、JCB(サービス料は店負担)
VAT:7%(込)
サービス料:無
住所:BTS アーリー駅(สถานีอารีย์)から徒歩15分
      10400 110/5 ถนน พระรามที่ 6 Khwaeng Samsen Nai, Khet Phaya Thai, Krung Thep Maha Nakhon 10400, Thailand
駐車場:無
電話:+66 2 619 5196
営業時間:11:00 - 22:00
ラストオーダー:21:30
定休日:月
アルコール:有
ランチメニュー:無
喫煙席:無
ホームページ(英語):http://kimchihour.com/
FBファンページ(タイ語):https://www.facebook.com/pages/Kimchi-Hour/1427862560789229

地図




徒歩5分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩5分圏内にある店の記事はこちら。
関連記事

0 Comments

コメント