PAULはフランス発祥の老舗ベーカリー@セントラルワールド

Paul CentralWorld
今回は、セントラルワールド(CentralWorld) 7階に店を構えるベーカリー 

PAUL


(ポール)を紹介する。

PAULは1889年フランスでオープンした世界に店舗展開するベーカリー。
2022年5月4日現在、タイではバンコクに以下7店舗がある。
  • Central Embassy
  • The Emporium
  • Central World
  • Central Chidlom
  • Eight Thonglor
  • Iconsiam
  • Mega Bangna

黒くクラシックな店の外観。
店頭に並ぶパンやケーキの持ち帰りはもちろん、店内はカフェになっており、パンの他にパスタ、パンケーキ、サラダなどの職を楽しむことができる。


PAUL セントラルワールド店の地図



PAUL セントラルワールド店の地図はこちら。

場所は、BTS チットロム駅(สถานีชิดลม)から徒歩5分、セントラルワールド 2階。

店の雰囲気


Paul CentralWorld
店頭のショーケースにはパンやケーキが陳列されている。

Paul CentralWorld
パンコーナー。

Butter Croissant 80バーツ、Apple Pie 135バーツ。

価格帯は高め。

Paul CentralWorld
ケーキコーナー。

Black Forest Cake 190バーツ、Frasier 160バーツ。

値段は高いが、見ただけで美味しいと分かる。

Paul CentralWorld
小ざっぱりとしており、奥行きがある店内。

白を基調としており、天井が高い。

テーブルや椅子、天井のシャンデリア、部屋の装飾品など気品と拘りを感じる。

サラパオ達が来店したのは、日曜日午後1時半。
テーブルの埋まり具合は、9割の埋まり。
客層は、フランス人を含むファラン5割、タイ人2割、日本人を含むアジア系観光客3割。

メニュー


Paul CentralWorld
ソフトドリンクメニュー。

Hot Americano 105バーツ、Thai ceylon milk tea 120バーツ、PAUL hot chocolate 155バーツ、Strawberry ruby drink 110バーツ。

Paul CentralWorld
サンドイッチメニュー。

Tuna Mayonnaaise Sandwich 180バーツ、Chicken Multigrain Sandwich 180バーツ。

Paul CentralWorld
ステーキメニュー。

Seabass Steak 450バーツ、Kurobuta Baby Back Ribs 770バーツ、Aus Lamb Chops 750バーツ、Angus Beef 850バーツ。


料理メニューは豊富で他に、アパタイザー、スープ、サラダ、パスタ、ハンバーガー
サラダやパスタ、お肉や魚のメインディッシュなどの食事メニュー、
ワインも置いてあるので、食事も楽しめます。

メニューに表記されている価格はVAT込み。会計時、別途サービス料 10%が加算される。

飲食


Paul CentralWorld
Hot Chocolate 155バーツ。

Hot Americano 105バーツ。
甘みが無いブラックで美味しい。


卓上には、砂糖、ブラウンシュガー、粉ミルクが置かれている。

Paul CentralWorld
Smoked Salmon Sandwich 250バーツ。

スモークサーモンなどの食材をフランスパンで挟んだサンドイッチ。

フランスパンの表面はオーブンで炙られており、香ばしく外側はサックサク。

Paul CentralWorld
スモークサーモンの他にレタス、トマト、サワークリームなどが入っている。

表面を炙られたパンは外はサクサクだが、中はふっくらしており、この食感のコントラストが素晴らしい!

小ぶりなフランスパンを使用しているため、男性だとこの1品だけでは物足りない人もいるかも。

Paul CentralWorld
Mozzarella & Tomato Sandwich 190バーツ。

Paul CentralWorld
良い食材を使っており、美味しい。

モッツァレラチーズの量が少し物足りない。

まとめ


関連記事


セントラルエンバシー(Central Embassy)店のPAULを紹介している、こちらの記事も併せてどうぞ!
PAULで評判のタルトを食す in セントラル・エンバシー

PAULで評判のタルトを食す in セントラル・エンバシー

今晩は、BTS プルンチット駅(สถานีเพลินจิต)から直結のショッピングモール セントラル・エンバシー(Central Embassy) L1階に店を構えるパン屋 ポール(Paul)にお邪魔する。ポールはBTS プルンチット駅から伸びている高架歩道からセントラル・エンバシーに入ってすぐの右手にある。今回は仕事帰りにケーキを妻のお土産に買って帰るのが目的のため店内での飲食は行わない。フランスから来たパンの名店 ポールはバンコク市内には、ここ...


プルンチットでおすすめのレストランをランキング形式で紹介している、こちらの記事も併せてどうぞ!
プルンチットでおすすめのレストラン10選! 2020年版

プルンチットでおすすめのレストラン10選! 2020年版

今までこのブログで紹介したプルンチット(เพลินจิต)にあるレストランを比較し、プルンチットでおすすめのレストラン10選をランキング形式で紹介します。...


セントラルワールドにある店の一覧


このブログで紹介しているセントラルワールドにある店を纏めたので、併せてどうぞ!

2階


セントラルワールド2階にある店を紹介している記事の一覧。

3階


セントラルワールド3階にある店を紹介している記事の一覧。

6階


セントラルワールド6階にある店を紹介している記事の一覧。

7階


セントラルワールド7階にある店を紹介している記事の一覧。

BTS チットロム駅周辺の地図



BTS チットロム駅周辺にあるこのブログで紹介している場所の地図。

アイコンをクリックして、説明に貼られたURLをクリックすることで、紹介記事に飛ぶことができます。

今回のサラパオポイント


今回のサラパオポイントは7点。(全10点満点)
カフェとしてもレストランとしても利用できる格式があるフランス発祥の老舗ベーカリー。

価格帯は高めだがパンやケーキは本場フランスの味で間違いなし。

基本情報


ベーカリー:PAUL(ポール)
予算:400~800バーツ(昼、夜)
クレジットカード:VISA、MasterCard(サービス料は店負担)
VAT:7%(込)
サービス料:10%
住所:BTS チットロム駅(สถานีชิดลม)から徒歩5分、セントラルワールド 2階
      ชั้น 2, อาคาร Groove, 208 ถนน พระรามที่ ๑ แขวง ปทุมวัน เขตปทุมวัน กรุงเทพมหานคร 10330
駐車場:有
電話:+66 2 646 1413
営業時間:10:00 - 22:00
定休日:無
アルコール:無
ランチメニュー:無
個室:無
喫煙席:無
日本のホームページ(日本語):https://www.pasconet.co.jp/paul/
FB(タイ語):https://www.facebook.com/paul1889.thailand/
海外旅行保険はエポスカードで無料!
エポスカードを海外に持っていくだけで通常1人5千円以上かかる海外旅行保険が自動付帯されます!
エポスカードは、年会費・入会金無料で即日発行!!
  • 年会費・入会金無料で即日発行!!
  • 入会資格は18歳以上、学生可
  • 海外に持っていくだけで海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 出国から90日間保険適用
  • 全国で約10,000店のレジャー施設やレストランで優待割引可能
  • マルイ店舗と通販サイト「マルイウェブチャンネル」でのお買い物が10%オフ
  • 海外現地サポートデスクでは、日本語で相談可能
今ならオフィシャルサイトでエポスカードを申し込むと2,000円分のポイントプレゼント! オフィシャルサイトで詳細を確認
タイ旅行でインターネットを使うならグローバルWiFiがおすすめ!
旅行中にWiFiが使えると、地図で現在地を確認したり、旅先で撮った画像をすぐにSNSに投稿したりと、旅をもっと充実させることができます。
飛行機を降りてすぐに利用できるので、ぜひ活用してみてください。
  • 海外WiFiレンタルで利用者数No1!
  • 主要な海外用ポケットWiFiではグローバルWiFiの利用料金が最安値
  • 自宅での受け取りはもちろん、国内17空港、34ヶ所のカウンターで受取・返却が可能
  • 申し込み方法がシンプルで、操作方法も簡単
  • 国際電話、LINE、Skypeを使って24時間いつでも問い合わせることが可能
今ならオフィシャルサイトで申し込むと1,000円割引特典あり! オフィシャルサイトで詳細を確認
関連記事

0 Comments

コメント