ブレックファスト・ストーリーはアメリカン・ブレックファストに特化したカフェ in プロンポン

Breakfast Story プロンポン店
今回は、プロンポン(พร้อมพงษ์)にあるカフェ 

ブレックファスト・ストーリー


(Breakfast Story)を紹介する。

ブレックファスト・ストーリーは、アメリカン・ブレックファストに特化した欧米人に人気のカフェ。
営業時間は、午前7時から午後11時で、一日中朝食メニューを食べることができる。


バンコクには、今回紹介するプロンポン店の他にプルンチット(เพลินจิต)にも店舗がある。

ブレックファスト・ストーリーが入っている建物の1階と2階にはHAIR OF THE DOGというクラフトビールが売りのバーが入っている。
建物の入口は、一見するとカフェの入口とは思えない。

Breakfast Story プロンポン店
バーの営業開始時間前の為、誰もいない薄暗い店内を通り、ブレックファスト・ストーリーがある3階へ移動。


地図



ブレックファスト・ストーリーの地図はこちら。

場所は、BTS プロンポン(สถานีพร้อมพงษ์)駅から徒歩4分、フジスーパー1号店がソイ・スクンビット(ซอยสุขุมวิท) 33/1沿い。


ブレックファスト・ストーリー前のストリートビュー。

画面をフリックして周りの風景を確認したり、矢印を押すことで順路の風景を確認できます。
初めて訪れる人は、参考にどうぞ。

店内


Breakfast Story プロンポン店
テーブル席は3階と4階にある。
サラパオ達は3階の席に着く。

店内では80年代のアメリカンポップが流れる。

店内は狭く、4人掛けテーブルが3卓、6人掛けの大きなテーブル1卓、あとは2人掛けテーブルが数卓ある。

サラパオ達が入店したのは、日曜日午前9時。
テーブルの埋まり具合は7割。
客層は、ファラン7割、日本人2割、その他はタイ人や黒人など。
ファランのほとんどは常連客で、個人客も数人いる。

受付カウンターで注文し、先に精算するシステム。

Breakfast Story プロンポン店
壁には数十年前のアメリカンのポスターがたくさん貼ってあってある。

店に流れる80年代のアメリカンポップや店内のデコレーションなど古き時代のアメリカンの雰囲気が漂う。

Breakfast Story プロンポン店
受付カウンターにあるショウケースには、ケーキなどのスイーツやフルーツが陳列されている。

Breakfast Story プロンポン店
無料の水。

Breakfast Story プロンポン店
水が置かれている棚の中には、グラスや調味料が入っている。

Breakfast Story プロンポン店
コーヒーは有料だが、カウンターの上に置かれているホットコーヒーは飲み放題!

カウンター越しにはスタッフが調理している姿が見える。

Breakfast Story プロンポン店
コーヒーの下にある棚にはたくさんのマグカップが置かれている。

Breakfast Story プロンポン店
店内に置かれている英字新聞。

Breakfast Story プロンポン店
コンセントがあるのはテーブルは一部。

コンセントが少ないというのもあるが、人気店の為、テーブルは埋まっていることが多く、パソコンで作業を行なう雰囲気ではない。

メニュー


Breakfast Story プロンポン店
コーヒーメニュー。
Straight Shot 50バーツ、Dark Soul Latte 140バーツ、Flavoured Latte 150バーツ。

パカマラ種(Pacamara)のコーヒー豆から淹れたコーヒーにスライスしたレモンを入れ18時間寝かせたこだわりのコーヒー。


ソフトドリンクメニューは他に、フルーツジュース、シェイクなどもある。

Breakfast Story プロンポン店
アルコール飲料メニュー。

ビール 80バーツ、ワイン 120バーツ。

Breakfast Story プロンポン店
卵料理メニュー(Great Eggsspectations)。
2 Egg Breakfast 200バーツ、3 Egg Omelet 240バーツ。
フランス産バターを使い特殊な技術で調理したスクランブルエッグはしっとりとした食感。
薄く焼き上げたり、白身のみを使用するなど、好みの調理方法を指定可能。

テキサストーストメニュー(Bent on Bennys)。
The Classic Stack 250バーツ、The Salmon Stack 300バーツ。
3個の卵から作ったふわふわのスクランブルエッグを載せたテキサストースト。


料理メニューは他に、サンドイッチ、ハンバーガー、サラダ、デザートなどもある。


席に着くとメニューを持ってきてくれるので、それを見て頼むものを決め、レジカウンターで注文するシステム。
会計は帰るときにレジカウンターで済ます。


ファラン客が多いためか、店員は英語が流暢。

会計時、メニューに表示されている価格からVAT 7%、サービス料 10%が加算される。

飲食


Breakfast Story プロンポン店
とりあえず、セルフサービスで無料の水を調達。

卓上に、調味料は無し。

Breakfast Story プロンポン店
Americano Style(左) 80バーツ

Dark Soul Latte(右) 140バーツ。

コーヒー類は一度注文すれば、注文カウンターに置かれているコーヒーを飲み放題!

Breakfast Story プロンポン店
シーザーサラダ 220バーツ。

Breakfast Story プロンポン店
Breakfast Story 300バーツ。

ホットケーキ3枚、スクランブルエッグ、ベイクドポテト、ベーコン、フルーツ各種。

朝食としてはボリュームがある。

2人でシェアしてちょうどよい量。

Breakfast Story プロンポン店
フルーツサラダ。

スイカ、ドラゴンフルーツ、グアバ、イチゴ、ブルーベリーの下にはコーンフレークが載ったヨーグルトが隠れている。
ヨーグルトは甘味がありサワークリームのような味。

最後に一言


今回は、プロンポンにあるアメリカン・ブレックファストに特化した欧米人に人気のカフェ ブレックファスト・ストーリーを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ブレックファスト・ストーリー プルンチット店を紹介しているこちらの記事も併せてどうぞ!
ブレックファスト・ストーリーはアメリカンな朝食が売りのカフェ in プルンチット

ブレックファスト・ストーリーはアメリカンな朝食が売りのカフェ in プルンチット

今回は、プルンチット(เพลินจิต)にあるカフェ ブレックファスト・ストーリー(Breakfast Story)を紹介する。ブレックファスト・ストーリーはアメリカンな朝食に特化したカフェで、今回紹介するプルンチット店の他にプロンポンにも店がある。場所は、BTS プルンチット駅(สถานีเพลินจิต) E2出口から徒歩3分、商業施設 マハトゥンプラザ(Mahatun Plaza)内にあるビルの2階。マックスバリュ(Max Valu)近く、Blue Chéri Cof...


プロンポンでおすすめのレストランを紹介しているこちらの記事も併せて、どうぞ!
プロンポンでおすすめのレストラン10選! 2020年版

プロンポンでおすすめのレストラン10選! 2020年版

今までこのブログで紹介したプロンポン(พร้อมพงษ์)にあるレストランを比較し、プロンポンでおすすめのレストラン10選をランキング形式で紹介します。...



BTS プロンポン駅周辺にあるこのブログで紹介している場所の地図。

アイコンをクリックして、説明に貼られたURLをクリックすることで、紹介記事に飛ぶことができます。

今回のサラパオポイントは7点。(全10点満点)
営業時間は午前7時から午後11時で、営業中であれば充実した朝食メニューを食べることができる。

朝食メニューの価格帯は高いが、内容は豪華で質は高い。

コーヒーが安く、おかわり自由なのは、コーヒー好きには高ポイント!

人気店のため、作業をするには向かない。

基本情報


カフェ:ブレックファスト・ストーリー(Breakfast Story)
予算:600~1,200バーツ(昼、夜)
VAT:7%(別)
サービス料:10%
住所:BTS プロンポン(สถานีพร้อมพงษ์)駅から徒歩4分
      593, 27 ถ. สุขุมวิท แขวง คลองตันเหนือ เขตวัฒนา กรุงเทพมหานคร 10110
駐車場:無
電話:+66 2 258 1461
営業時間:7:00 - 23:00
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:無
個室:無
喫煙席:無
ホームページ(英語):https://www.breakfaststorybkk.com/
FB(英語):https://www.facebook.com/breakfaststorybkk/


関連記事

0 Comments

コメント