新道ラーメンはオリジナリティー溢れる美味しいラーメン屋 in ナコーンパトム県

麺屋 新道
今回は、ナコーンパトム県(จังหวัดนครปฐม)にある

新道ラーメン


(しんどうらーめん)を紹介する。

新道ラーメンは、東京でラーメンの修業をしたタイ人が2017年にオープンしたラーメン屋。

オリジナリティー溢れる美味しいラーメンが食べられると評判が広がり、客が絶えない人気店。


地図



新道ラーメンの地図はこちら。

サーラーヤ―駅(สถานีศาลายา)から徒歩10分の場所にあるが、電車は本数が少ない上、時間通りに来ないので、車で来ることをおすすめする。


新道ラーメン前のストリートビュー。

新道ラーメンは、タウンハウスの住宅が立ち並ぶエリアにある。

画面をフリックして周りの風景を確認したり、矢印を押すことで順路の風景を確認できます。
初めて訪れる人は、参考にどうぞ。

店内


麺屋 新道
来店したのは、平日午後7時。

来店時、満席だったが、客の回転が速いので、すぐに入店で来た。

店内では、日本のポップが流れる。

卓上に調味料は置いていない。

メニュー


麺屋 新道
ラーメンメニュー。
塩らーめん 169バーツ、担々麵 179バーツ。
担々麵を食べたかったのだが、火木限定メニューのため、注文できなかった。

サイドメニュー。
絹揚げ豆腐のお好み焼き風 59バーツ、クリームコロッケ 89バーツ。

丼物メニュー。
角煮丼 99バーツ、チャーシュー丼 129バーツ。

トッピングメニュー。
麺大盛り/替え玉 29バーツ、豚角煮 69バーツ。

麺屋 新道
限定メニュー。

トリュフ香るカルボナーラ風鶏白湯(とりぱいたん) 249バーツ、サーモン濃厚つけ麺 279バーツ。

飲食


麺屋 新道
水のペットボトル 15バーツ。

麺屋 新道
新道ラーメン 169バーツ。

スープの澄んでいるが塩ラーメンより、じゃっかん色が濃い。
貝から取った出汁が効いたあっさいりした味付けのスープ。
スープ表面に油が張られており、スープは熱々。

トッピング内容は、3種類のチャーシュー、メンマ、にんにくの芽、白髪ねぎ、カイワレ菜など。

麺屋 新道
麺は細麺ストレート。
麺は若干硬めの茹で加減。
麺自体は小麦の香り香る、上質の麺を使用している。

全体的にあっさりした味で纏まっており美味しいが、あっさりした食材ばかり使っているためか、何か物足りない。

麺屋 新道
醤油ラーメン 169バーツ。

スープは、醤油というより蕎麦の汁のような味。

スープ以外は、麺、トッピング共に新道ラーメンと構成と味が似ている。

麺屋 新道
餃子 59バーツ。

小ぶりな餃子。

餡(あん)は豚挽き肉、ニラ、にんにくとオーソドックス。 

最後に一言


今回は、ナコーンパトム県にある新道ラーメンを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

前回新道ラーメンを紹介した時の記事も併せてどうぞ!
新道ラーメンはどのラーメンも超ハイレベルで至福の味! in ナコーンパトム県

新道ラーメンはどのラーメンも超ハイレベルで至福の味! in ナコーンパトム県

今回は、ナコーンパトム県(จังหวัดนครปฐม)にある 新道ラーメン(しんどうらーめん)を紹介する。新道ラーメンは、東京でラーメンの修業をしたタイ人が2017年にオープンしたラーメン屋。とても美味しいラーメンが食べられると口コミで評判が広がり、現在は連日満席の人気店。...


今回のサラパオポイントは8点。(全10点満点)
前回、藻塩ラーメンと藻塩ラーメンを食べたときは、あまりの美味しさに感動したのだが、前回ほどの感動は無く、残念。

前回と異なるラーメンを食べたので、味付けによる好みの違いとも思えるが、トッピングされている三種のチャーシューの味は前回より落ちていた。

今回食べたラーメンは、前回と比較するとイマイチだったが、美味しいラーメンであることには変わりない。

基本情報


ラーメン屋:新道ラーメン(しんどうらーめん)
予算:200~400バーツ(昼、夜)
クレジットカード:不可
VAT:7%(込)
サービス料:無
住所:サーラーヤ―駅(สถานีศาลายา)から徒歩10分
      65/29 ตำบล ศาลายา อำเภอพุทธมณฑล นครปฐม 73170
駐車場:無
電話:+66 64 285 2847
営業時間:
      月-金:17:00 - 20:00
      日:11:30 - 17:00
定休日:月、土
アルコール:無
ランチメニュー:無
喫煙席:無
FB(タイ語):https://www.facebook.com/ShindoRamen/

半径2km圏内にある場所


今回紹介した店から半径2km圏内にある場所の記事はこちら。


関連記事

0 Comments

コメント