ブレックファスト・ストーリーはアメリカンな朝食が売りのカフェ in プルンチット

Breakfast Story
今回は、プルンチット(เพลินจิต)にあるカフェ 

ブレックファスト・ストーリー


(Breakfast Story)を紹介する。

ブレックファスト・ストーリーはアメリカンな朝食に特化したカフェで、今回紹介するプルンチット店の他にプロンポンにも店がある。

場所は、BTS プルンチット駅(สถานีเพลินจิต) E2出口から徒歩3分、商業施設 マハトゥンプラザ(Mahatun Plaza)内にあるビルの2階。
マックスバリュ(Max Valu)近く、Blue Chéri Coffeeの上。


地図



ブレックファスト・ストーリーの地図はこちら。

行き方


とても分かりづらい場所にあるので、行き方を説明する。

ラ・モニータ・タケリア右横の階段から行く


La Monita Taqueria
このブログで以前紹介したメキシコ料理レストラン ラ・モニータ・タケリア(La Monita Taqueria)の右横の階段を使って2階へ上がります。

ラ・モニータ・タケリアは在住外国人に人気のメキシコ料理店 in プルンチット

ラ・モニータ・タケリアは在住外国人に人気のメキシコ料理店 in プルンチット

今回は、プルンチット(เพลินจิต)にあるメキシコ料理レストラン ラ・モニータ・タケリア(La Monita Taqueria)を紹介する。ラ・モニータ・タケリアは、メキシコ人の叔母を持つアメリカ人のオーナーが2009年に創業した在住外国人に人気のメキシカンレストラン。2020年5月31日現在、今回紹介するプルンチットにある本店に加え、サイアムパラゴン(Siam Paragon)、エムクオーティエ(EmQuartier)にも支店がある。...



ラ・モニータ・タケリアの地図はこちら。

駐車場から行く


Breakfast Story
マハトゥンプラザ中央は駐車場ビルになっており、2階のリンクを渡りブレックファスト・ストーリーがあるビルへ移動することができる。

Breakfast Story
駐車場ビルの外にある階段を上る。

正面にあるビルの2階にはブレックファスト・ストーリーの看板が見える。
(1階に見えるBlue Chéri Coffeeの看板の上)

Breakfast Story
このリンクを渡り突き当たりを左に曲がる。

Breakfast Story
ブレックファスト・ストーリーは、この道を真っすぐ進み、突き当りを左に曲がるとすぐ。

Breakfast Story
かなり奥まった場所にあり、立地は悪い。

店内


Breakfast Story
店内は広くテーブル席とソファ席がある。
70年代に流行った落ち着いた感じのアメリカンポップが流れる。
店内のカウンターや壁には70年代のアメリカのカレンダーや広告が貼られている。

左側の受付カウンターで注文・清算を先に済ませるシステム。
レジの店員は、英語の通りが良い。

左側にカウンター上に、コップ、コーヒー、水などが置いてある。
水はセルフサービスで無料。
コーヒーは有料だが、セルフサービスで飲み放題。


来店したのは、平日午前11時半。
店内にいた客は、タイ人の若い女性が1人。

Breakfast Story
注文と清算を済ませ、セルフサービスの水を入れテーブルに着く。

水は、ほのかにレモンの味がする。


卓上に置かれている調味料は、塩、コショウのみ。

メニュー


Breakfast Story
Introduction: Wake Up!
コーヒーメニュー。

Strait Shot 50バーツ、Americano Style 80バーツ、Flavored Latte 150バーツ。

Breakfast Story
Chapter 5: A Grain of Hope
ホットケーキ、トーストメニュー。

Full Stack of Cakes、Classic French Toast、各250バーツ。


Chapter 6: The Kitchen Sink
こちらも同様にホットケーキ、トーストメニュー。
メニューを分ける意味が分からない。

Breakfast Story
Chapter 7: The Satisfying sandwich
サンドイッチ、ハンバーガーメニュー。

Smoked Salmon Sandwich 300バーツ、Chicken Cheddar n Bacon Burger 320バーツ。


メニューが豊富なのは良いのだが、ごちゃごちゃしており見づらい。
ブレックファスト・ストーリーのホームページにある写真付きのメニューが見やすかったので、リンクを貼っておきます。



会計時、メニューに表示されている価格からVAT 7%、サービス料 10%が加算される。

飲食


Breakfast Story
Crispy Chicken Burger 300バーツ。
付け合わせは、ピクルス。

バンズは柔らかく、良い食材を使っている。
バンズの切口はフライパンで焼いており、バターが塗られている。

クリスピーに揚げられた皮なし鶏胸肉を甘辛いタレでコーティングしている。

鶏胸肉の上には薄味マヨネーズソースで和えた太めに切られたキャベツが載っており、全体の味をマイルドにまとめている。

とても美味しいが、この内容で350バーツは高すぎる。

Breakfast Story
Breakfast Lite 200バーツ。
内容は、テキサストースト、アボガド、卵サラダ。
メニュー名の通り、ボリュームは少ない。

アボガドは良く熟しており、柔らくて、とても美味しい。

卵サラダには卵の他に玉ねぎが少量加えられており、サウザンドアイランドドレッシングのような味付け。

最後に一言


今回は、プルンチットにあるアメリカンな朝食が売りのカフェ ブレックファスト・ストーリーを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

プルンチットにあるおすすめのレストランをランキング形式でまとめました、こちらの記事も併せてどうぞ!
プルンチットでおすすめのレストラン10選! 2020年版

プルンチットでおすすめのレストラン10選! 2020年版

今までこのブログで紹介したプルンチット(เพลินจิต)にあるレストランを比較し、プルンチットでおすすめのレストラン10選をランキング形式で紹介します。...


今回のサラパオポイントは6点。(全10点満点)
プルンチット駅から近くアメリカンな朝食メニューが充実しているカフェ。

ドリンクメニューは安く、コーヒーはおかわり自由なので、長居をするには良い。
水が無料なのもポイントが高い。

アメリカンな朝食メニューに特化した料理メニューは、とても美味しい。
しかし、料理の内容の割に値段が高いのため、満足度は低い。

基本情報


カフェ:ブレックファスト・ストーリー(Breakfast Story)
予算:300~600バーツ(昼、夜)
クレジットカード:不可
VAT:7%(別)
サービス料:10%
住所:BTS プルンチット駅(สถานีเพลินจิต) E2出口から徒歩3分
      593/27 Sukhumvit Road, 2nd Floor,(Soi Villa near 33/1) Bangkok 10110 Thailand (above Hair of the Dog)
駐車場:有
電話:+66 2 258 1461
営業時間:7:00 - 23:00
定休日:無
アルコール:無
ランチメニュー:無
個室:無
喫煙席:無
ホームページ(英語):https://www.breakfaststorybkk.com/
FB(英語):https://www.facebook.com/breakfaststorybkk/

徒歩3分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩3分圏内にある場所の記事はこちら。


関連記事

0 Comments

コメント