ワット・ラーチャナッダーラームは37本の尖塔がそびえ立つ珍しい仏塔 in バンコク旧市街

バンコクにある寺
今回は、バンコク旧市街にある寺院 

ワット・ラーチャナッダーラーム


(Wat Ratchanatda / วัดราชนัดดารามวรวิหาร)を紹介する。

ワット・ラーチャナッダーラームは、1846年にラマ3世が、姪(めい)のソマナス殿下のために建てた第三級王室寺院(一般人が建てて王室の認定を受けた寺)。


地図



ワット・ラーチャナッダーラームの地図はこちら。

場所は、MRT サームヨート駅(สถานีสามยอด)から徒歩16分、バンコク旧市街。

バンコク旧市街は、チャオプラヤー川(แม่น้ำเจ้าพระยา)と運河に囲まれた地域で、タイ語でゴ・ラタナコーシン(Koh Rattanakosin / เกาะรัตนโกสินทร์)と呼ばれている。
バンコク3大寺院として知られるワット・プラケオ、ワット・ポー、ワット・アルンの内、ワット・プラケオ、ワット・ポーの2寺(じ)がバンコク旧市街に位置する。



ワット・ラーチャナッダーラーム前のストリートビュー。

画面をフリックして周りの風景を確認したり、矢印を押すことで順路の風景を確認できます。
初めて訪れる人は、参考にどうぞ。

駐車場


バンコクにある寺
ワット・ラーチャナッダーラームの駐車場。

駐車場の営業時間は、6:00 - 21:00。
駐車代は40バーツ。

見どころ


お土産屋


バンコクにある寺
ワット・ラーチャナッダーラーム境内にあるお土産屋エリア。

各店舗の規模は小さいが、店の数は多い。

バンコクにある寺
魔よけの布。

合掌した素っ裸の子供の周りに書かれているのは昔のカンボジア文字が書かれている。

バンコクにある寺
魔よけのアクセサリー。

バンコクにある寺
象の神様 ガネーシャのカード。

ガネーシャやナーガの置物なども売られている。

バンコクにある寺
まるで本物のようにリアルに作りこまれた高僧の置物。

人物、サイズともにバリエーションが多い。

バンコクにある寺
伝説の仙人の置物。

こちらのクオリティーもとても高い。

本堂


バンコクにある寺
本堂。

バンコクにある寺
中には黄金に輝く御本尊が安置されているのが、サラパオが来たときは閉まっており、拝むことができなかった。

ローハプラサート(โลหะปราสาท)


バンコクにある寺
ローハプラサートは、数年前まで真っ黒で重厚な感じの金属製の塔だったことから、『鉄の城』と言われている7階建ての建物。

現在は黄金色に塗られて、豪華な装いになっている。

高さ36mのこの塔には、37種類の善行を表す37本の尖塔がそびえ立つ。

ローハプラサートの拝観時間は、9:00 - 17:00。
ローハプラサートの入場料は、外国人 20バーツ、タイ人 10バーツ。


バンコクにある寺
内部には部屋が無く、壁と細く入り組んだ廊下(ろうか)のみの構造で、まるで迷路の様。

バンコクにある寺
ところどころに仏像が安置されている。

バンコクにある寺
仏塔中央にある螺旋階段。

この螺旋階段で7階の最上階まで登ることができる。

バンコクにある寺
外回廊に祀られている仏像。

バンコクにある寺
各階で趣が異なり、楽しい。

バンコクにある寺
6階のとても狭い回廊。

バンコクにある寺
6階の回廊となったテラスからみた街並み。

バンコクにある寺
6階の回廊から階段を上り最上階に行くと仏舎利がある。

お祈りしている人がいたので、お祈りが終わるのを待つ。

バンコクにある寺
最上階に納められている仏舎利(ぶっしゃり)。

最後に一言


今回は、バンコク旧市街にある寺院 ワット・ラーチャナッダーラームを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは8点。(全10点満点)
タイでは珍しい形をした、重厚で豪華な装いの寺院は一見の価値あり!

基本情報


寺:ワット・ラーチャナッダーラーム(Wat Ratchanatda / วัดราชนัดดารามวรวิหาร)
入場料:外国人 20バーツ、タイ人 10バーツ
クレジットカード:不可
住所:
      2 ถนน ราชดำเนินกลาง แขวง วัดบวรนิเวศ เขตพระนคร กรุงเทพมหานคร 10200
駐車場:有
電話:+6622248807
営業時間:9:00 - 17:00
定休日:無

徒歩5分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩5分圏内にある場所の記事はこちら。
関連記事

0 Comments

コメント