ワット・ヤイ・チャイ・モンコンの巨大仏塔は圧巻! in アユタヤ歴史公園

アユタヤ
今回は、アユタヤ歴史公園(อุทยานประวัติศาสตร์อยุธยา)にある仏教寺院の遺跡 

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン


(Wat Yai Chaimongkol / วัดใหญ่ชัยมงคล)を紹介する。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコンは、1357年、アユタヤを建都した初代ウートン王がセイロン(現スリランカ)に留学していた修行僧たちが戻ってきた際の瞑想用寺院として建設した寺院。


地図



ワット・ヤイ・チャイ・モンコンの地図はこちら。

見どころ


堀と石橋


アユタヤ
堀に掛かった橋の先に大きな仏塔が見える。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコンは、この遠くからでもひときわ目立つ高さ72mの巨大な仏塔の他にも巨大な涅槃仏(ねはんぶつ)など見どころが多い寺院。

アユタヤ
堀の水の中に棲んでいる亀。

黄金の仏像


アユタヤ
黄金の袈裟(けさ)がかけられた黄金の仏像に参拝する多くの人たち。

大仏塔正面にある仏堂


アユタヤ
仏像にお祈りするタイ人たち。

アユタヤ
仏堂の奥に祀られている立派な仏像。

涅槃仏


วัดใหญ่ชัยมงคล / Wat Yai Chaimongkol / ワット・ヤイ・チャイ・モンコン
黄色い袈裟をかけられた巨大で白い涅槃仏。

วัดใหญ่ชัยมงคล / Wat Yai Chaimongkol / ワット・ヤイ・チャイ・モンコン
穏やかで慈悲深い表情をしたお釈迦様。

寝ているお釈迦様は、お釈迦様が亡くなる時の姿を表している。

目を閉じていれば亡くなった後のお姿、目を開けていれば悟(さと)りを開いた釈迦(しゃか)が涅槃(ねはん)に入る直前のお姿を表している。

涅槃とは、一切の煩悩(ぼんのう)から解脱(げだつ)した、不生不滅の高い境地。転じて、釈迦(しゃか)や聖者の死のこと。

วัดใหญ่ชัยมงคล / Wat Yai Chaimongkol / ワット・ヤイ・チャイ・モンコン
この涅槃仏の足の裏にコインを貼って願い事をすると、願いが叶うと言われている。

高さ72メートルの仏塔


アユタヤ
この高さ72メートルある巨大な仏塔は、1592年に19代ナレスアン王とビルマ(現ミャンマー)の王子が象にまたがり一騎打ちを行ない、ビルマ軍との戦いに勝利したことを記念して建てられた大仏塔。

アユタヤ
真ん中にそびえている大仏塔の左右には、左右に大きな仏像が安置されている。

アユタヤ
仏塔中段まで続いている石段を上る。

アユタヤ
仏塔中段から見た仏塔の頂上。

頂上は円錐(えんすい)型で、先が尖(とが)っている。
この形は古代インドのストゥーパに起源を持ち、スリランカ(セイロン)で発展したスリランカ建築様式の流れをくむもの。
タイでは先がとがった仏塔のことを、すべて『チェディ』と呼んでおり、ブッダの遺骨を納めている。

アユタヤ
大仏塔の中段まで登り、仏塔の内部に入ると、中には金箔がはられた8体の仏像が円を描くように等間隔で安置されている。

アユタヤ
8体の仏像が見つめる中央にある井戸のように掘られた穴。

アユタヤ
井戸のように掘られた深い穴の底には壺のようなものがあり、この壺の中にコインを落とすことができれば願いことが叶うと言われている。

アユタヤ
仏塔の正面の前にある白い仏像の後ろ姿。

大きなブッダの周りを弟子たちが囲んでいる。

アユタヤ
仏塔の中部には回廊があり、周りを歩くことができる。

仏塔の周りには多くの仏像が安置されている。


ワット・ヤイ・チャイ・モンコン境内のストリートビュー。

画面をフリックして周りの風景を確認したり、矢印を押すことで順路の風景を確認できます。
初めて訪れる人は、参考にどうぞ。

最後に一言


今回は、アユタヤ歴史公園にある仏教寺院の遺跡 ワット・ヤイ・チャイ・モンコンを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは9点。(全10点満点)
1592年に建てられた高さ72メートルある巨大な仏塔は圧巻!

歴史ある仏塔を上れ中に入ることができるのが嬉しい。

仏塔の他にもみど頃が多い、おすすめの仏教寺院遺跡。

基本情報


寺:ワット・ヤイ・チャイ・モンコン(Wat Yai Chaimongkol / วัดใหญ่ชัยมงคล)
入場料:20バーツ
クレジットカード:不可
住所:
      หมู่ที่ 3 40/3 ตำบล คลองสวนพลู อำเภอ พระนครศรีอยุธยา จังหวัดพระนครศรีอยุธยา 13000
駐車場:有
電話:+66 35 242 640
営業時間:8:00 - 17:00
定休日:無


関連記事

0 Comments

コメント