ワット・マハータートにある木の根元にある仏頭はアユタヤ観光の代名詞!

アユタヤにある寺
今回は、アユタヤ歴史公園(อุทยานประวัติศาสตร์อยุธยา)にある仏教寺院遺跡 

ワット・マハータート


(วัดมหาธาตุ)を紹介する。

ワット・マハータートはアユタヤ王朝初期の遺跡。
アユタヤ観光の象徴的存在として有名な木の根元にある仏頭がある。


地図



ワット・マハータートの地図はこちら。


ワット・マハータート前のストリートビュー。

画面をフリックして周りの風景を確認したり、矢印を押すことで順路の風景を確認できます。
初めて訪れる人は、参考にどうぞ。

入場料


アユタヤにある寺
入場料は、外国人50バーツ、タイ人は無料。

拝観の際の注意点


アユタヤにある寺
遺跡の敷地には拝観の際の注意点の看板がところどころに立てられている。
  • 仏塔に登らないでください
  • 頭のない仏像の上に、自分の顔を置いて写真を撮るようなことをしないでください
  • 仏像の台に登らないでください
  • 壁に登らないでください

見どころ


見渡す限りの廃墟


アユタヤにある寺
ビルマ軍によって破壊され跡形もなくなった見渡す限りの廃墟。

現在は壊され崩れ落ちたレンガの壁や礼拝堂の土台が残るのみ。

優しい顔立ちの仏像


アユタヤにある寺
菩提樹に包まれた仏像の頭部の近くにある優しい顔立ちの仏像。

菩提樹の根のなかに埋もれた仏頭


アユタヤにある寺
アユタヤ観光の代名詞である大きな菩提樹の根のなかに埋もれた仏頭。

長い年月をかけ水平に保たれたまま菩提樹の根の中に埋もれた仏像は、まさに奇跡の象徴。

仏頭の前で写真を撮る時は、仏頭よりも自分の頭が低くなるよう座り、上から写真を撮らないのようにすることが礼儀。

この仏頭は、ワット・マハタートの入場口を入って右に進んだところで見ることが出来る。


中央の仏塔


アユタヤにある寺
当初44mの高さであったと言われている初期アユタヤ時代の建築様式を残す仏塔。

頭のない仏像


アユタヤにある寺
敷地内のいたる所にあるミャンマーとの戦争により頭部を切り落とされたたくさんの仏像。

最後に一言


今回は、アユタヤ観光の象徴的存在として有名な木の根元にある仏頭があるワット・マハータートを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは9点。(全10点満点)
アユタヤ観光の代名詞である大きな菩提樹の根のなかに埋もれた仏頭は、アユタヤ観光に来たら必見!

広く見どころが多い遺跡。

基本情報


遺跡:ワット・マハータート(วัดมหาธาตุ)
入場料:外国人は50バーツ、タイ人は無料
クレジットカード:不可
住所:
      ถนน นเรศวร ตำบลท่าวาสุกรี อำเภอ พระนครศรีอยุธยา จังหวัดพระนครศรีอยุธยา 13000
駐車場:有
電話:+66 35 246 076
拝観時間:8:00 - 18:00
ライトアップ:19:00 - 21:00
定休日:無
関連記事

0 Comments

コメント