ワット・アルンは神々が支える白い仏塔で有名な第一級王室寺院

ワット・アルン・ラーチャ・ウォラマハーウィハーン(暁の寺院) / วัดอรุณฯ
今回は、バンコク3大寺院の内の1寺院 

ワット・アルン


を紹介する。

ワット・アルンの。正式名は、ワット・アルン・ラーチャワラーラーム(Wat Arun Ratchavararam / วัดอรุณราชวราราม)。
『ワット』は『寺』、『アルン』は『暁(あかつき)』という意味で、『暁の寺』と呼ばれるこの寺は、三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台といわれている。

第一級王室寺院であるワット・アルンは、10バーツ硬貨の裏に描かれている。


地図



ワット・アルンの地図はこちら。

場所は、MRT イサラパップ駅(สถานีอิสรภาพ)から徒歩12分、チャオプラヤー川(แม่น้ำเจ้าพระยา)沿い。

行き方


対岸の渡し船で行く


ワット・アルン・ラーチャ・ウォラマハーウィハーン(暁の寺院) / วัดอรุณฯ
サラパオ達は、ワット・ポー(วัดโพธิ์)近くにあるティアン船着き場(ท่าเตียน)から出る渡し船に乗り、対岸のワット・アルン船着き場(ท่าเรือข้ามฟากวัดอรุณ)へ移動しワット・アルンへ向かう。

渡し船の運賃は、ワット・ポー側からでもワット・アルン側からでも4バーツ。
90㎝以下の子供は無料。


ワット・アルン・ラーチャ・ウォラマハーウィハーン(暁の寺院) / วัดอรุณฯ
渡し船で対岸まで5分の道のり。

ワット・アルン・ラーチャ・ウォラマハーウィハーン(暁の寺院) / วัดอรุณฯ
渡し舟や水上バスの船上からであれば、高さ約75メートルの大仏塔とそれを囲む4つの小塔からなるワット・アルン全体を見渡すことができる。

水上バスで行く


水上バスで行く場合、BTS サパーンタクシン駅(สถานีรถไฟฟ้าสะพานตากสิน) 2番出口を出て、階段を降りて真っ直ぐ進むと、サトーン船着場から出るワット・アルン行きの船に乗る。

運賃は乗る船により異なる。
普通船は15バーツ、急行船は20~50バーツ。
ワット・アルン船着き場までの所要時間は20分。

MRTで行く


MRT イサラパップ駅から徒歩12分。

見どころ


巨大な2体の鬼


IMG_20200223_171558.jpg
ワット・アルンの山門前で門番を務める高さ2メートルの巨大な2体の鬼(タイ語でヤック)。

ワット・アルン


ワット・アルン・ラーチャ・ウォラマハーウィハーン(暁の寺院) / วัดอรุณฯ
第一級王室寺院であるワット・アルンでは、男女ともに露出が多い服装の人は入場できないので、十分気を付けること。

ノースリーブ、タンクトップなど肩のでるもの。
短パン、ミニスカートなどの足のでるものは禁止。

ワット・アルン・ラーチャ・ウォラマハーウィハーン(暁の寺院) / วัดอรุณฯ
外国人の入場料は50バーツ。

ワット・アルン・ラーチャ・ウォラマハーウィハーン(暁の寺院) / วัดอรุณฯ
中央にそびえ立つ仏塔の高さは75m、台座の周囲は237m。
カラフルな陶製タイルと磁器が無数に埋め込まれているワット・アルンの表面は、太陽の光が反射しキラキラと輝く。

仏塔の頂上は、バラモン教(ヒンドゥー教)のシバ神の象徴であるリンガ(男性器のシンボル)。

ワット・アルン・ラーチャ・ウォラマハーウィハーン(暁の寺院) / วัดอรุณฯ
サラパオ達が入場したのは、日曜日午後4時半。

いつもなら中国人観光客が多いワット・アルンなのだが、コロナウィルスの影響のためか、中国人は少ない。
客層は、マレーシア人、ミャンマー人、日本人をはじめ、中国人、白人、タイ人など国際色豊か。

人が多くなかったので、ゆっくりと鑑賞することができた。

ワット・アルン・ラーチャ・ウォラマハーウィハーン(暁の寺院) / วัดอรุณฯ
高さ約75メートルの大仏塔を囲む4つの小塔の内の1つ。

小塔も細やかで独創的なレリーフが施されており、手が込んでいる。

ワット・アルン・ラーチャ・ウォラマハーウィハーン(暁の寺院) / วัดอรุณฯ
仏塔の台座に塔を支えるように1つ1つ表情が異なる大勢の神様が彫られている。

ワット・アルン・ラーチャ・ウォラマハーウィハーン(暁の寺院) / วัดอรุณฯ
夕日を背景にしたワット・アルンも美しい。


ワット・アルン前のストリートビュー。

画面をフリックして周りの風景を確認したり、矢印を押すことで順路の風景を確認できます。
初めて訪れる人は、参考にどうぞ。

その他


ワット・アルン・ラーチャ・ウォラマハーウィハーン(暁の寺院) / วัดอรุณฯ
境内の中にある西洋人の兵隊の像。

最後に一言


今回は、バンコク3大寺院の内の1寺院であるワット・アルンを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ワット・アルンの開場時間は8:00 - 18:00で、入場は17:30まで。

夜のライトアップはライトアップは18:30 - 21:00まで実施している。


ワット・アルンの対岸にあるライトアップされたワット・アルンを眺めながら食事ができる創作タイ料理レストラン イート・サイト・ストーリー・デックの記事も、ぜひ読んでみてください。

今回のサラパオポイントは9点。(全10点満点)
バンコク3大寺院の内の1寺院であるワット・アルンは、バンコク観光の定番スポット。

バンコク3大寺院はそれぞれそれほど離れていない。
バンコク3大寺院をすべて観光するのであれば、ワット・プラケオ、ワット・ポー、ワット・アルンの順か、ワット・アルン、ワット・ポー、ワット・プラケオの順で見てまわると効率よく回れる。

基本情報


寺:ワット・アルン・ラーチャワラーラーム(Wat Arun Ratchavararam / วัดอรุณราชวราราม)
入場料:50バーツ
クレジットカード:不可
住所:MRT イサラパップ駅(สถานีอิสรภาพ)から徒歩12分
      158 ถนน วังเดิม แขวง วัดอรุณ เขตบางกอกใหญ่ กรุงเทพมหานคร 10600
駐車場:有
電話:+66 2 891 2185
営業時間:8:00 - 18:00
定休日:無
ホームページ(英語):https://www.watarun1.com/en
関連記事

0 Comments

コメント