酒の店は寿司屋並みにネタが豊富なおすすめ居酒屋 in タニヤ

酒の店
今回は、BTS サラデーン駅(สถานีศาลาแดง)からから徒歩3分、タニヤ通り(ซอย ธนิยะ)に店を構える居酒屋 

酒の店


を紹介する。

酒の店は、今回紹介するタニヤ通りにある本店とスリウォン通り(ถนนสุริวงศ์)のウォール・ストリートビルの地下にある2号店の計2店舗がある。


地図



酒の店の地図はこちら。


酒の店前のストリートビュー。

画面をフリックして周りの風景を確認したり、矢印を押すことで順路の風景を確認できます。
初めて訪れる人は、参考にどうぞ。

店内


酒の店
昔の居酒屋をほうふつとさせる雰囲気の店内。

客席は、1階から3階。
1階は禁煙席、2階、3階は喫煙席。
個室の数は、14部屋。


来店したのは、日曜日午後6時半。
サラパオ達は、タバコを吸わないので1階の禁煙席で食事をする。

テーブルの埋まり具合は、2割。
客層は、タイ人5割、日本人5割。


卓上の調味料は、特選醤油、刺し身醤油、ポン酢醤油、ソース、一味唐辛子、塩、コショウ。

酒の店
壁一面に貼られた居酒屋メニューがいい味を出している。

メニュー


酒の店
アルコール飲料メニュー。

生ビール 130バーツ、梅酒しらかが 130バーツ、サントリー角ハイボール 150バーツ。

アルコール飲料は、他に、ワイン、焼酎、サワー、日本酒などがある。


ソフトドリンク飲料。

コーラ、烏龍茶、ミネラルウォーター、各 40バーツ。

酒の店
焼き物メニュー。

焼き鳥 2本 50バーツ、磯辺焼き 60バーツ、銀ダラ西京焼 400バーツ。

酒の店
刺身メニュー。

ホッキ貝 400バーツ、こはだ 400バーツ、鯵(あじ)なめろう 350バーツ。

刺身メニューは寿司屋並みにネタが豊富。


料理メニューは、居酒屋メニューを中心に種類豊富。

飲食


酒の店
トマトビール 130バーツ。

トマト味のビール。

普通のビールの方が、美味しい。

酒の店
刺身盛り合わせ 松 1,200バーツ。
ネタは、入荷状況により内容が変わる。

どのネタも新鮮で美味しい。

魚の名前札を付けてくる気配りが、うれしい。

酒の店
マカロニサラダ 80バーツ。

マカロニ、ハム、キュウリを使ったサラダ。
辛子マヨネーズ、塩、コショウを使った味付けが絶妙。

たかがマカロニサラダと思うかもしれないが、とても美味しい。

酒の店
ポテトサラダ 80バーツ。

具材は、大きめに切られたポテト、キュウリ、にんじん。

こちらも、マヨネーズ、塩、コショウの分量が完璧で、とても美味しい。

見た目以上に量があり、コスパは良い。

酒の店
ぎんなん 80バーツ。

酒の店
長ねぎ 60バーツ。

ネギは、時間をかけ弱火で中まで火が通っている。
ネギの甘みが味わえる。

美味しい。

酒の店
鶏唐揚 100バーツ。
千切りキャベツと、コショウが付く。

一つ一つのサイズが大きく、食べごたえあり。

酒の店
さきほど紹介した長ねぎと鶏唐揚げとの相性は抜群。

最後に一言


今回は、BTS サラデーン駅(สถานีศาลาแดง)からから徒歩3分、タニヤ通り(ซอย ธนิยะ)に店を構える居酒屋 酒の店を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

前回、同店でランチメニューを食べたときの記事もどうぞ。

今回のサラパオポイントは8点。(全10点満点)
寿司屋並みに刺身や寿司メニューが充実、ネタも新鮮で美味しい。

マカロニサラダとポテトサラダは安くて激うま!おすすめ!

基本情報


居酒屋:酒の店
予算:200~600バーツ(昼)、600~1,200バーツ(夜)
クレジットカード:VISA、MasterCard、JCB(サービス料は店負担)
VAT:
      ランチ:7%(込)
      ランチ以外:7%(別)
サービス料:
      ランチ:無
      ランチ以外:10%
住所:BTS サラデーン駅(สถานีศาลาแดง)からから徒歩3分
      Thanon Surawong - Thanon Thaniya, Khwaeng Suriya Wong, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500
駐車場:無
電話:+66 2 235 5519
営業時間:
     平日:11:30 - 14:00、17:30 - 1:30
     土日祝:17:30 - 1:30
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:有
喫煙席:有
FBファンページ(タイ語):https://www.facebook.com/sakenomise.bkk

徒歩5分圏内にある場所


今回紹介した店から徒歩5分圏内にある場所の記事はこちら。


関連記事

0 Comments

コメント