スコータイ王朝を建国したパームアン王の記念碑 in ペッチャブーン県

อนุสาวรีย์พ่อขุนผาเมือง
今回は、タイ北部のペッチャブーン県(จังหวัดเพชรบูรณ์)にある

パームアン王の記念碑


(อนุสาวรีย์พ่อขุนผาเมือง)を紹介する。


地図



パームアン王の記念碑の地図はこちら。


パームアン王の記念碑前のストリートビュー。

画面をフリックして周りの風景を確認したり、矢印を押すことで順路の風景を確認できます。
初めて訪れる人は、参考にどうぞ。

パームアン王の記念碑は前方にある茶色い壁の奥にある。

パームアン王の記念碑の紹介


อนุสาวรีย์พ่อขุนผาเมือง
記念碑の階段の前にある水が入った大きな鉢には蓮(はす)が生えている。

記念碑の前は土足禁止のため、階段を上る前に靴を脱ぐ。

อนุสาวรีย์พ่อขุนผาเมือง
Wikipediaによると、

ポークン・パームアン(Pho Khun Pha Muang、พ่อขุนผาเมือง)はタイ王国の歴史上の人物。
ポークン・バーンクラーンターオと共同でスコータイ王朝を建て、バーンクラーンターオを王位につけ自分は摂政(せっしょう)になったとされる。
しかし不明な点が多く、ポークン・バーンクラーンターオ(シーインタラーティット)と同一視する説もある。


ポークン・パームアン - Wikipedia より引用


とのこと。

อนุสาวรีย์พ่อขุนผาเมือง
記念碑の前に置かれている賽銭箱とおみくじ。

อนุสาวรีย์พ่อขุนผาเมือง
おみくじのやり方は、番号が書かれた板がたくさん入った筒を振り、筒から出た板1枚に書かれた番号の紙をもらう。

อนุสาวรีย์พ่อขุนผาเมือง
未来について書かれたおみくじの紙はこちらのお土産屋に置いてある。

อนุสาวรีย์พ่อขุนผาเมือง
お土産屋ではお供え物の鶏の置物やお菓子などが売られている。

鶏の置物は、お供えをせずに持ち帰っても問題ない。

อนุสาวรีย์พ่อขุนผาเมือง
未来について書かれたおみくじの紙の内容は英語とタイ語で書かれている。


パームアン王の記念碑前の360度ビュー。

画面をフリックして周りの風景を確認できます。

最後に一言


今回は、タイ北部のペッチャブーン県にあるパームアン王の記念碑を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは4点。(全10点満点)
パームアン王の記念碑は、カオコーとバンコク間を車で移動する際に通る道路沿いにあるので、興味がある人は寄ってみてはいかがでしょうか?

基本情報


記念碑:パームアン王の記念碑(อนุสาวรีย์พ่อขุนผาเมือง)
入場料:無料
クレジットカード:不可
住所:
      ตำบล น้ำชุน อำเภอหล่มสัก เพชรบูรณ์ 67110
駐車場:有
電話:+66 62 030 9157
営業時間:8:00 - 18:00
定休日:無
FBファンページ(タイ語):https://www.facebook.com/ประวัติศาสตร์พ่อขุนผาเมือง-อหล่มสัก-425340017987197/
海外旅行保険はエポスカードで無料!
エポスカードを海外に持っていくだけで通常1人5千円以上かかる海外旅行保険が自動付帯されます!
エポスカードは、年会費・入会金無料で即日発行!!
  • 年会費・入会金無料で即日発行!!
  • 入会資格は18歳以上、学生可
  • 海外に持っていくだけで海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 出国から90日間保険適用
  • 全国で約10,000店のレジャー施設やレストランで優待割引可能
  • マルイ店舗と通販サイト「マルイウェブチャンネル」でのお買い物が10%オフ
  • 海外現地サポートデスクでは、日本語で相談可能
オフィシャルサイトで詳細を確認
タイ旅行でインターネットを使うならグローバルWiFiがおすすめ!
旅行中にWiFiが使えると、地図で現在地を確認したり、旅先で撮った画像をすぐにSNSに投稿したりと、旅をもっと充実させることができます。
飛行機を降りてすぐに利用できるので、ぜひ活用してみてください。
  • 海外WiFiレンタルで利用者数No1!
  • 主要な海外用ポケットWiFiではグローバルWiFiの利用料金が最安値
  • 自宅での受け取りはもちろん、国内17空港、34ヶ所のカウンターで受取・返却が可能
  • 申し込み方法がシンプルで、操作方法も簡単
  • 国際電話、LINE、Skypeを使って24時間いつでも問い合わせることが可能
オフィシャルサイトで詳細を確認
関連記事

0 Comments

コメント