Hiddenwoodsは隠れ家的なカフェ in バーンガジャオ

Hiddenwoods
今回は、バーンガジャオ(Bang krachao/บางกะเจ้า)にあるカフェ 

Hiddenwoods Cafe & Garden


を紹介する。

Hiddenwoods Cafe & Gardenは、車が通れない細道を進んだところにある隠れ家的なカフェ。

駐輪場は門をくぐった店の敷地内にあるので、細道に駐輪しないように。

ปั่นกินแฟ
バーンガジャオは、バンコク郊外にあるチャオプラヤー川(แม่น้ำเจ้าพระยา)に囲まれている保全活動により自然豊かな地域。
チャオプラヤー川に囲まれているエリアの形が肺に似ていることから、『バンコクの肺』と呼ばれる都会のオアシス。


地図



Hiddenwoods Cafe & Gardenの地図はこちら。

店の敷地内


Hiddenwoods
門をくぐり店と駐輪場の案内板に従い、自転車を引いて奥へ進む。

Hiddenwoods
店へ続く細道の途中にある駐輪場に自転車を駐輪し、さらに先へ進む。

Hiddenwoods
店の敷地は広大でたくさんの木々が生い茂っており、人口の滝まであり、癒される。

Hiddenwoods
ジャングルのような敷地の奥のチャオプラヤー川に面したところに目的のカフェはある。

ガラス張りの作りになっており、川や敷地の風景を眺めながら飲食ができる。

来店したのは、土曜日午前12時の昼時。

テーブルの埋まり具合は4割。
客層は全員タイ人で、カップルを中心に若者が多い。

店内では英語のポップミュージックが流れる。

メニュー


Hiddenwoods
Salted egg yolk with brown sugar fresh milk 100バーツ。

Onion rings 135バーツ。

Hiddenwoods
Sparkling malt with cream cheese topping 120バーツ。


Big flat noodles with bacon 145バーツ。

サラパオが注文したパスタ料理だが、実物の写真を紛失してしまった。

パスタ、ベーコンの他に玉ねぎ、ニンニク、赤唐辛子が入っており、パルメザンチーズがたっぷりかかっている。

普通に美味しかった。

赤唐辛子はとても辛いが、どけて食べれば問題ない。

飲食


Hiddenwoods
Hongy fizz with butterfly pea 100バーツ。

コップに入ったソーダ水とペットボトルに入ったバタフライピーと別々に出される。

バタフライピー・レモネードは、バタフライピーを使ったレモネード。
松の葉とレモンが入っている。

バタフライピーは、ほのかに甘く飲みやすい青い色をしたお茶でタイでは美肌によいと親しまれている。

Hiddenwoods
ペットボトルに入ったバタフライピーをコップに入ったソーダ水に注ぐ。

ペットボトルにはバタフライピーの他にゼリーが入っている。


店内には水が置いてあり、セルフサービスで無料で頂ける。

Hiddenwoods
カオ・ガパオ・ムー(เข้วกระเพราหมู)。

ボリュームがある。

揚げたミントがたくさん盛られている。

先に紹介したパスタよりこちらの方が美味しい。

最後に一言


今回は、バーンガジャオにある隠れ家的なカフェ Hiddenwoods Cafe & Gardenを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

バーンガジャオでサイクリングしたときの内容をまとめたこちらの記事もどうぞ。

今回のサラパオポイントは6点。(全10点満点)
Hiddenwoodsという店名にふさわしく、こんなところに店があるのかと思う細道の奥にあるため、サラパオ達は少し迷ってしまった。

ような広大な敷地にあるジャングルのようにうっそうと茂った木々には癒される。

メニューの種類は少なく、食べ物、飲み物共に特筆するほどの味ではない。

基本情報


カフェ:Hiddenwoods Cafe & Garden
予算:300~600バーツ(昼、夜)
クレジットカード:不可
住所:
      777 Moo 4, ซอย เพชรหึงษ์ 22/2 ตำบล บางน้ำผึ้ง อำเภอพระประแดง สมุทรปราการ 10130
駐車場:無
電話:+66 90 974 8234
営業時間:10:30 - 18:00
定休日:月-水
アルコール:無
ランチメニュー:無
個室:無
喫煙席:無
FB(タイ語):https://www.facebook.com/hiddenwoodsbangkok/


関連記事

0 Comments

コメント