アユタヤで一番美しい寺院遺跡 ワット・チャイワッタナラームを民族衣装を着て散策

アユタヤ
今回は、アユタヤ歴史公園(อุทยานประวัติศาสตร์อยุธยา)にある仏教寺院の遺跡

ワット・チャイワッタナラーム


(Wat Chai Watthanaram / วัดไชยวัฒนาราม)を紹介する。

ワット・チャイワッタナラームは、1767年のビルマ軍によって焼かれ、廃寺となったが、1987年に改修され、現在ではアユタヤ遺跡群の中で一番美しい寺院遺跡と言われている。


地図



ワット・チャイワッタナラームの地図はこちら。

場所は、チャオプラヤー川(แม่น้ำเจ้าพระยา)の西側。

見どころ


ワット・チャイワッタナラーム前のコスチューム店


アユタヤ
ワット・チャイワッタナラーム前の道路沿いに並ぶ多くのコスチューム店。

コスチューム店ではアユタヤ王朝時代の民族衣装を借りることができ、アユタヤ王朝時代の民族衣装を着て、遺跡を散策することができる。

アユタヤ
大人の衣装は200バーツから、子供の衣装は100バーツからレンタルできる。

剣や冠などのオプションも豊富に用意されている。

アユタヤ
衣装を着た記念写真のサービスもある。

アユタヤ
いくつかあるコスチューム店の中から1店を選び入店する。

どの店も女性用のコスチュームは豊富に用意されているが、男性用のコスチュームは少ない。

アユタヤ
衣装の着付けは店員の人がやってくれる。

アユタヤ
サラパオ達が利用した店では化粧品を無料で使うことができる。

アユタヤ
着付けが終わり、記念撮影。

衣装のレンタル代は、オプションは一切付けず大人3人×200バーツで総額600バーツ。
子供の衣装のレンタル代は通常100バーツだが、サービスで無料にしてくれた。


ワット・チャイワッタナラーム前の道路沿いに並ぶ多くのコスチューム店がある場所は、こちら。


コスチューム店が並ぶ場所のストリートビュー。

画面をフリックして周りの風景を確認したり、矢印を押すことで順路の風景を確認できます。
初めて訪れる人は、参考にどうぞ。

コスチューム店が並ぶ道路の向かい側にワット・チャイワッタナラームの駐車場がある。

ワット・チャイワッタナラーム


アユタヤ
ワット・チャイワッタナラームの入場料は、外国人50バーツ、タイ人10バーツ。

アユタヤ
1630年、第24代王・プラサートトーンが亡くなった母を偲(しの)んで建設したアンコール・ワット様式に似たつくりの寺院。

アユタヤ
境内の中央にそびえ立つ主塔の周りに4基の仏塔が建っている。

アユタヤ
仏塔を背景にレンタルしたアユタヤ王朝時代の衣装を着て記念撮影。

アユタヤ
夕日を背景にした仏塔。

写真を撮ったのは、午後6時半。
とてもきれいだが、遺跡が閉まるのが午後6時半なので、夕日を背景にしたシャッターチャンスは短い。


ワット・チャイワッタナラーム内のストリートビュー。

画面をフリックして周りの風景を確認したり、矢印を押すことでワット・チャイワッタナラーム内を疑似散策できます。

最後に一言


今回は、アユタヤ歴史公園にある仏教寺院の遺跡 ワット・チャイワッタナラームを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

サラパオ達がワット・チャイワッタナラームに入場したのは午後6時だったので、遺跡が閉まる30分ほどしか時間がなかったため、ゆっくり見てまわることができなかったのが、残念。

今回のサラパオポイントは8点。(全10点満点)
夕日を背景にした遺跡は幻想的で、美しかった。

遺跡をまわるのは一時間もあれば十分なので、夕日を背景にした遺跡を見たいのであれば午後5時半ぐらいに入場するのがおすすめ。

アユタヤ王朝の衣装を着て遺跡をまわりたいのであれば、午後4時半にはコスチューム店に入店することをおすすめする。

基本情報


遺跡:ワット・チャイワッタナラーム(Wat Chai Watthanaram / วัดไชยวัฒนาราม)
入場料:外国人50バーツ、タイ人10バーツ
クレジットカード:不可
住所:
      ตำบล บ้านป้อม อำเภอ พระนครศรีอยุธยา จังหวัดพระนครศรีอยุธยา 13000
駐車場:有
営業時間:8:00 - 18:30
定休日:無


関連記事

0 Comments

コメント