category: タイ旅行  1/12

ギン・ロム・チョム・サパーンでライトアップされたラマ8世橋を眺めながらロマンティックな夕食

今回は、チャオプラヤー川(แม่น้ำเจ้าพระยา)沿いラマ8世橋前にある人気のタイ料理レストラン ギン・ロム・チョム・サパーン(กินลมชมสะพาน)を紹介する。タイ語で「ギン(กิน)」は「食べる」、「ロム(ลม)」は「風」、「チョム(ชม)」は「観賞する」、「サパーン(สะพาน)」は「橋」という意味で、直訳すると「風を食べながら橋を観賞する」という店名のレストラン。ギン・ロム・チョム・サパーンは、シーフードがメインのタ...

  •  0
  •  0

海岸沿いに架かる全長1kmの真っ赤な橋 in サムットサーコーン県

今後は、サムットサーコーン県(จังหวัดสมุทรสาคร)の海岸沿いに架かる全長1kmの真っ赤な橋を紹介する。この橋は、2013年2月から4か月の期間を掛けて、海岸の浸食防止と観光誘致を目的に、サムットサーコーン県により一億七千万バーツの費用をかけて架けられた。...

  •  0
  •  0

7つの水浴場があるチェットサオノーイ滝国立公園 in サラブリー県

今回は、サラブリー県(จังหวัดสระบุรี)にあるチェットサオノーイ滝国立公園を紹介する。タイ語では、ウタヤーン・ヘンチャート・ナムトック・チェット・サーオノーイ(อุทยานแห่งชาติน้ำตกเจ็ดสาวน้อย)と呼ばれる。単語ごとに分解すると、「ウタヤーン(อุทยาน)」は「公園」、「ヘンチャート(แห่งชาติ)」は「国立の」、「ナムトック(น้ำตก)」は「滝」、「チェット(เจ็ด)」は「7」、「サーオノーイ(สาวน้อย)」は「娘」...

  •  0
  •  0

ヒン・カオ・グー公園で自然豊かな岩山の中をトレッキング in ラーチャブリー県

今回は、ラーチャブリー県(จังหวัดราชบุรี)のにあるヒン・カオ・グー公園(อุทยานหินเขางู)を紹介する。タイ語で「ヒン(หิน)」は「岩」、「カオ(เขา)」は「山」、「グー(งู)」は「蛇(へび)」という意味で、「蛇の岩山」という意味になる。この辺りの岩山からは石炭が取れたため採掘が進んだのだが、環境の悪化が懸念されるようになったため、整備され現在のような公園になった。公園名に「蛇」とあるが、山の頂の形が蛇...

  •  0
  •  0

丘の上にある寺院ワット・タムスアは仏塔、巨大座仏、洞窟と見どころ満載! in カンチャナブリ

今回は、外国人観光客向けの店や宿泊施設が並ぶカンチャナブリ(จังหวัดกาญจนบุรี)のクウェー川道路(ถนน แม่น้ำแคว)から南東へ20kmの距離にある寺院 ワット・タムスア(วัดถ้ำเสือ)を紹介する。タムスア(ถ้ำเสือ)とはタイ語で「虎の洞窟」と言う意味。これから階段を上り丘の上の境内にある円錐の仏塔を上る。ワット・タムスアにある主な観光ポイントは、丘の下からも見える巨大な円錐の仏塔と巨大な黄金の座仏(ざぶつ)、...

  •  0
  •  0

カンチャナブリにあるサイヨーク・ノイ滝で癒されてきた

今回は、カンチャナブリ(จังหวัดกาญจนบุรี)にあるサイヨーク・ノイ滝(น้ำตกไทรโยคน้อย)を紹介する。...

  •  0
  •  0

ヘルファイア・パスは岩壁を手作業で切り抜いて作られた道 in カンチャナブリ

今回は、カンチャナブリ(จังหวัดกาญจนบุรี)にある第二次世界大戦中、旧日本軍により岩壁を切り抜いて作られた道 ヘルファイア・パス(Hellfire Pass)を紹介する。ヘルファイア・パスは、第二次世界大戦中に旧日本軍が建設した泰麺鉄道(たいめんてつどう)の中で最難所で、戦争捕虜により原始的な手作業で岩壁を切り抜いて作られた道。「ヘルファイア・パス(地獄の火峠)」の由来は、痩せ衰えた労働者を照らし出してゆらめく...

  •  0
  •  0

アルヒル桟道橋は岩壁に沿って掛かった木造の橋 in カンチャナブリ

今回は、カンチャナブリ(จังหวัดกาญจนบุรี)のクウェー・ノイ川に沿って掛かっているアルヒル桟道橋(Tham Kra Sae Bridge / สะพานถ้ำกระแซ)を紹介する。カンチャナブリの泰麺鉄道のハイライト区間であるアルヒル桟道橋は第2次世界大戦中に旧日本軍によってクウェー・ノイ川に沿って岩壁スレスレに建造された歴史ある木造橋で現在でも電車が行交(いきか)っている。...

  •  0
  •  0

サンクチュアリー・オブ・トゥルーは現在も建築中の芸術的な巨大木造寺院 in パタヤ

今回は、パタヤ(พัทยา)にある巨大木造寺院 サンクチュアリー・オブ・トゥルー(The Sanctuary of Truth)を紹介する。タイ語でプラーサ・サタン(ปราสาทสัจธรรม)と呼ばれるこの建造物は、タイの大富豪の個人財産により17世紀から続く古典技術と芸術保護を目的に1981年に建設が開始された。着工を指示したタイの大富豪が他界した現在も建設が続いている巨大な木造寺院。...

  •  0
  •  0

ノンヌット・トロピカルガーデンはパタヤ近郊にある広大な庭園

今回は、パタヤ(พัทยา)から南へ20kmのところにある巨大な庭園 ノンヌット・トロピカルガーデン(สวนนงนุช)を紹介する。この土地は1954年にタイ人のノン・ヌット(นงนุช)氏により購入され果樹園をして運営されていた。その後、海外旅行中に観た海外の庭園の美しさに強い感銘を受けた同氏により1954年に庭園に造り変えられ、現在まで庭園として運営されている。...

  •  0
  •  0