2017年 バンコクで雰囲気が良いレストラン ベスト 5!

«2017年 バンコクから日帰りで行ける穴場観光スポット ベスト 5!
2017年 バンコクで一人飯におすすめの日本料理レストラン ベスト 5!»

今までこのプログで紹介した雰囲気が良いレストランの中から特におすすめのレストラン ベスト 5を紹介します。

料理のジャンルには拘らず全ジャンルのレストランをひっくるめて味とコスパに加えて雰囲気にも重点を置きランキング形式で順位を決定します。



第5位


第5位は、MRT クイーンシリキットコンベンションセンター(Queen Sirikit National Convention Centre)駅から徒歩2分 スペイン料理店

エル・メルカルド


(El Mercado)。

スペイン語で市場を意味する店名であるエル・メルカルドは元々輸入食品業をしていたスペイン人とフランス人が開いた洋食店で週に3度スペインやフランスから直送される魚やヨーロッパ各地から取り寄せた種類豊富なチーズ、サラミ、ワインをリーズナブルな価格で楽しめるバンコクでも指折りの人気店。

店の場所はソイ沿いではなくちょっと奥まったところにあるため分かりにくい。
ソイには一応店の案内板があるが、初見だと注意しないと見過ごしてしまうかも。

サラパオ達はエアコンの効いた店内で食事をしたが、店内はテーブル席は3つほどしかなく狭い。
メインはテラス席は広々しており席も多くゆったり食事が楽しめる。
客層はバンコク滞在のファランが7割、その他はタイ人、日本人などのバンコク在住の外国人。

前日予約必須の超人気店と聞いていたが、金曜日の19:00頃に予約なしで到着した時は3割程度しか席が埋まっていなかった。
20:00頃に店を出たときでも7割程度しか埋まっていなかった。

El Mercado
コッパ・ディ・パルマ(Coppa Di Parma) 95g 161.50バーツ。
豚肩肉を熟成乾燥させた生ハムで、マイルドな味わい。
ハムのみ食べると塩気が若干気になるがサービスでついてくるパンの上に乗せて食べればいい感じ。
ピクルスなど付け合わせもついてくるので、お得感がある。

店内入って正面にどーんとあるショウケースの中には種類豊富なチーズ、ハム、デザートが陳列されている。

チーズやサラミの幾つかは試食が可能なのでいろいろ試食してみたが、味の違いはあれど、どれも美味しい。
100g単位の値段が書いてあるが最小30gから注文できるので、試食して気に入ったのを少しずつ注文するやり方でもいいと思う。

ヨーロッパ各地から取り寄せている多種多様なチーズ、サラミ、ハムの中から選んだ好みのおつまみをつまみながら美味しいワインをリーズナブルな価格で楽しめるのが良い。

エル・メルカルドの詳しい記事はこちらをどうぞ。


第4位


第4位は、BTS バンナー駅(สถานีบางนา)から徒歩15分、ソイ・バンナー(ซอยบางนา)に店を構える中華料理店

ロイヤル・ドラゴン


(ROYAL DRAGON)。

ロイヤル・ドラゴンは、世界最大としてギネス認定されているレストランだけあり、驚くほど広いレストランで、スタッフはローラースケートを履いて料理を運びます。

中華料理店 ロイヤルドラゴン
昼から営業しているが、食事はショーが見れる夕方の方がおすすめで、舞台上のショーや棟の上の階からケーブルを使い料理を運ぶアトラクション、ムエタイがあったり、音楽隊とタイ舞踊を踊る踊り子がやってきたりとお客を楽します催しがたくさんある。

レストランは中国の王宮のような作りになっており個室は数えきれないほどたくさんあり女性スタッフはチャイナドレス、男性スタッフは中国服を来て雰囲気を盛り上げている。

席が多いので予約を入れなくともテーブルにはつけるが、ショーを目の前で見ながら食事をした方が楽しめると思うので舞台正面の席を予約しておくことをおすすめする。

駅からちょっと距離があり、料理も特別美味しいというわけではないが、世界一大きいレストランでショーを見ながら食事ができるという点を高く評価する。

ロイヤル・ドラゴンの詳しい記事はこちらをどうぞ。


第3位


第3位は、BRT ワット・パリワート駅(สถานีวัดปริวาส)から徒歩4分、チャオプラヤー川(แม่น้ำเจ้าพระยา)沿いにあるインターナショナル料理店

ブリ・タラ


(บุรีธารา)。

ブリ・タラでは、タイ料理、西洋料理、日本料理、中華料理、メキシコ料理、各料理のフュージョン料理など豊富な種類の料理を扱っており、川沿いの綺麗な景色が眺めながら美味しい料理を食べられるとタイ人に大人気なインターナショナル料理店。

席はテラス席と店内のテーブル席があるが、テラス席が圧倒的に人気で川に近い席から順に埋まっていき19:00頃にはテラス席は満席になることが多いので、テラス席で食事をしたいのであれば、予約をしてほいた方が無難。

Buri Tara
特に人気なのが一番川沿いにあるデッキチェアがあるテーブルでチャオプラヤー川に沈んでいく夕日ときらきらと輝く川面を眺めながら食べる食事は格別。
サラパオが当日の17:00にデッキチェアを予約したときは、すでに全て予約済みになっていたので、デッキチェアの予約は前日までにした方がよさそう

デッキチェアの弾力性のある網の目になっており通気性が良く寝心地は最高!
デッキチェアに座っていた他の多くのお客さんも食事が終わると横になりスマートフォンをいじったりしながらのんびりと寛いでいた。

テラス席ではライブミュージックや大スクリーンで放映されるヨーロッパのサッカーなどが楽しめる。

店内はテーブル席とソファー席があり、高級感がありおしゃれな雰囲気。
エアコンが効いている店内の各テーブルの間隔はかなり広めにとっているライブミュージックもなくゆっくり落ち着いて話ができるのがよい。
テラス席はしばらくするとだいたい満席になるが、店内席は結構空いていることが多いのでこちらは予約は不要。

公共交通のアクセスが悪いのでタイが初めての観光客には行くのがちょっと難しいが、タイ人の間で人気なレストランだけあって多少苦労してでも行く価値のあるレストラン。
自家用車で行くのであれば駐車には困らないが、自家用車が無いのであればBRT ワット・パリワート駅から歩いて行くかタクシーで行くことになる。

ブリ・タラの詳しい記事はこちらをどうぞ。


第2位


第2位は、BRT ナラー・ラーム3駅(สถานีนราราม3)から徒歩1分、ラマ三世通り(ถนน พระราม ที 3)にあるショーパブ

タワンデーン


(ตะวันแดง)。

ショーパブ タワンデーン(ตะวันแดง) on ラマ三世通り(ถนน พระราม ที 3)
タワンデーンは、美味しいドイツビールと料理を頂きながらハイレベルなライブミュージックやショーを楽しめるショーパブ。
ハイレベルなショーやライブミュージックが次々と行われ、終始お客さんを飽きさせません。

ここに来るお客さんのほとんどはライブ・ショーを目当てにくる方が多いと思いますが、いい席に着きたいのであれば早めに予約を取ることをお勧めします。
タワンデーンでは基本的に予約を入れても席をキープしてくれるのは遅くとも19:30まで。
19:30までに到着しなかった場合。基本的に新しいお客さんに席を譲られてしまいます。

ステージ前の席に着きたいのであれば、席の予約はこのページからでも可能。

ショーの他にもう1つの大きな魅力はできたての3種類のドイツの生ビールが飲めること。
Lager Beer(ラガービール)は、適度な苦味のソフトな飲み口。アルコール分は5%。
Dunkel Beer(ダンケルビール)は、黒ビールとして知られるローストモルトの働きで、ほんのり甘く苦味が少ないマイルドなお味。アルコール分は4.5%と控えめ。
Wagen Beer(ワイゼンビール)は、19日間という短い発酵期間のフレッシュなビール。フルーツ原料のホップのフルーティーな香りとたっぷりの泡が特徴の、抜群の飲みやすさながら、アルコール分は最も高い5.5%。

年会費は1,000バーツのメンバーカードを持っていると10%の割引の特典がある。

料理の味はまずまずで値段も安くは無いが、美味しいドイツの生ビールを飲みながらハイレベルなショーを観れることを考えれば満足度は高い。
ただし、ショーや周りの音がうるさいので会話を楽しみたい人には別の店にした方が良い。
また、公共交通機関のアクセスが悪いのも難点。

タワンデーンの詳しい記事はこちらをどうぞ。


第1位


第1位は、シー・アユタヤ通り(ถนนศรีอยุธยา)の終わりチャオプラヤー川(แม่น้ำเจ้าพระยา)沿いにある外国人に超人気のタイ料理店

スティーブ・カフェ&クイジーヌ


(Steve Cafe & Cuisine)。

Steve Cafe & Cuisine
スティーブ・カフェ&クイジーヌは川沿いにある家を改装した暖かい雰囲気のリバーサイドレストランで特にファランにとても人気がある予約必須のレストラン。

このレストランの魅力である川岸の綺麗な景色を見ながら食事をするために、予約時には川側の席に座りたいと伝えた方がいいです。

スティーブ・カフェ&クイジーヌはシー・アユタヤ通りをずっと行ったところにあるワット・テワラート・クンチョーン・ウォラウィハーン(วัดเทวราชกุญชร วรวิหาร)という寺の境内を抜けた奥の路地にあり大変分かりづらい場所にあります。
公共交通を利用するなら舟かバスになりますが、車で向かう方が無難。
タクシーを使う場合はワット・テワラート・クンチョーン・ウォラウィハーンへ行くように伝えるか、シー・アユタヤ通りをチャオプラヤー川へずっと進むように伝えましょう。
ワット・テワラート・クンチョーン・ウォラウィハーンの境内は広いのでチャオプラヤー川側の方でタクシーを降りた方が店まで歩く距離が少なくて済む。

料理はどれもとても美味しくてリーズナブルで、アットホームな雰囲気の店内は居心地がいい。

アクセスが悪いのが難点だが、料理の味、コスパ、雰囲気、景色は全て大満足で文句なしの1位としたい。

スティーブ・カフェ&クイジーヌの詳しい記事はこちらをどうぞ。


ランク外


今回選考対象だったが、ランク外となった雰囲気が良いレストランは以下の通り。


最後に一言


このプログで紹介した雰囲気が良いレストランの中から特におすすめのレストラン ベスト 5を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

第5位のエル・メルカルドを除いてどれも交通機関のアクセスが良くないですが、雰囲気は良くリーズナブルなレストランばかりなので、家族や恋人、友達など大事な人と一緒に特別な時間を過ごしたい人におすすめです。
ただし、2位のタワンデーンは周りの音が大きいので、会話を楽しみたい人は違うレストランを選んでください。
関連記事
この記事をシェアする
お勧め記事
タイ バンコクの地図
バンコクマップ
↑画像をクリックするとサラパオがブログで紹介したバンコクのレストラン、娯楽施設、市場の場所を示したグーグルマップが起動。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索
プロフィール

サラパオ

Author:サラパオ
タイで現地採用として働いています。
ニックネームのサラパオは、タイ語でまんじゅうと言う意味です。白くて丸い顔がさらぱおに似ているとタイ人に言われた事があったので、このニックネームにしました。
今後もタイで生活を続ける予定。

詳しいプロフィールはこちら

Eメール:

スマートフォン版
QR
このブログの管理人になにかあれば

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請を行う

ブログ内人気記事
ブログパーツ
表示・非表示切替

この機能は、「タイ語で英語レッスン」カテゴリ専用機能です。

切替後、行間詰めない

  • タイ語発音を非表示
  • 英訳を非表示
  • 日本語訳を非表示

  • 切替後、行間詰める
  • タイ語発音を非表示
  • 英訳を非表示
  • 日本語訳を非表示
  • タイ ブログ ランキング

    タイ・ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

    1円は何バーツ?
    提供: ja.exchange-rates.org
    1バーツは何円?
    提供: ja.exchange-rates.org
    サラパオのツイート
    このブログをフォローする
    サラパオをFacebookでフォローする  サラパオをGoogle+でフォローする
    Instagram