2017年 バンコクでおすすめのラーメン ベスト 5!

«Daniel Thaigerはバンコク一美味しいフードトラックのハンバーガー屋 on ソイ・スクンビット 30/1
2017年 バンコクでおすすめのとんかつ屋 ベスト 5!»

今までこのプログで紹介したバンコクで食べたラーメンの中から特におすすめの美味しいラーメン ベスト 5を紹介します。

ラーメンの種類には拘らず全種類のラーメンをひっくるめてサラパオが味とコスパに重点を置きランキングします。

このブログを始めてそろそろ2年になりますが、気づけばもう12月。
今更ですが、まだランキング記事を書いていないことに気づき今記事を書かねばと思い立った次第。



第5位


第5位は、MRT スクンビット駅(สถานีสุขุมวิท)から4分、BTS プロンポン駅(สถานีพร้อมพงษ์)から徒歩5分、ソイ・スクンビット(ซอยสุขุมวิท) 23に店を構える

らーめん味彩の元祖醤油豚骨らーめん


190バーツ。

らーめん味彩
追加注文した50バーツのよく味の染み込んだチャーシューは柔らかくほろほろでとても美味しいのでチャーシュー好きにはお勧め。

具材はチャーシュー、刻み玉ねぎ、メンマ、アサツキ、海苔。
スープ表面に浮いた背油が見て取れる。
全体の量は普通のラーメンより気持ち少な目。
煮汁が染み込んだメンマがうまい。

極細麺を持ち上げるとドロドロスープが大量に絡まってくる。
ドロドロかつ濃厚で味が濃いこのスープが、苦手な人もいると思うが、各卓上に置いてある干しシイタケ、干しイカなどの8種類の乾物をダシにして作られた無料の黄金スープを入れることで調整可能。
1杯の量は大人の男性には少な目だが、40バーツで替え玉を追加注文できるのでボリューム不足の心配なし。

量やスープの濃度の調整が可能な自由さと、トッピングを含めたコスパの良さが高ポイント。

らーめん味彩の詳しい記事はこちらをどうぞ。


第4位


第4位は、BTS プロンポン駅(สถานีพร้อมพงษ์)から徒歩15分、ソイ スクンビット 39(ซอย สุขุมวิท 39)に店を構える

東京豚骨ラーメン ばんからの豚骨ラーメン




東京豚骨ラーメン ばんから on ソイ スクンビット 39
豚骨スープはコクはあるがあっさりした味で細麺ストレートの麺はスルスルといくらでも入る。

妻がばんからのつけ麺が好きでよく行くのだが、つけ麺は妻にはボリュームが多すぎるので2人でいつもシェアして食べるためいつもつけ麺ばかり食べているが、つけ麺も美味しい。
1人で来店するときは豚骨醤油味 角煮ばんから拉麺を食べることも多く、どのラーメンもとてもレベルが高く美味しい。

いつも変わりの無いレベルの高い安定の味が好評価。

東京豚骨ラーメン ばんからの詳しい記事はこちらをどうぞ。


第3位


第3位は、BTS トンロー駅(สถานีทองหล่อ)3番出口前に店を構える

麺屋 やまとの豚角炙りまぜそば Mサイズ


220バーツ。

麺屋 やまと
具材は炙られた6時間甘辛に煮込んだトロトロの豚角煮、ニンニク、カイワレダイコン、刻み葱、海苔、魚粉、生卵の黄身。
やまと流のまぜそばの食べ方の説明の通りによーくかき混ぜて食べる。

麺は中太ストレート麺でモチモチした食感はうどんのよう。
よく混ぜたことで麺に絡みついた生卵の黄身と魚粉などの味はまるでカルボラーナのような食感と味で今まで食べたまぜそばの中で一番美味しいかも。

炙られた豚角煮は薫りよく外側は香ばしいが身はトロトロ。
トロトロの豚角煮は単体では脂っこいが、さっぱりしたカイワレダイコンがよいコントラストになっている。
汁が無い分調和が難しいニンニク、豚角、カイワレダイコン等の各具材を生卵の黄身でうまく纏めた上、ねっとりした食感のカルボラーナなような味に纏めている。
魚粉もいい味を出している。

残ったカルボラーナのような味のタレと意図的に残しておいた角豚煮などの具材の味がごはんに染みわたり最後まで美味しく頂けた。
汁なしの麺と各具材を調和させるための工夫、そして昆布酢、追い飯を追加することで最後まで美味しく食べれるための工夫と、とても計算された素晴らしい料理。

今まで食べたまぜそばにはない味付けと美味しさに衝撃を受けた感動で高評価。

麺屋 やまとの詳しい記事はこちらをどうぞ。


第2位


第2位は、ソイ・トンロー(ซอย ทองหล่อ) 13と15を繋ぐ通りに店を構える

博多一幸舎の一幸舎特製ラーメン


270バーツ。

一幸舎
具材は器からはみ出た大判チャーシューが4枚、キクラゲ、たくさんの刻み葱。
スープにできているきめ細かな泡は脂と水が合わさることでできる一幸舎ラーメンの特徴の一つ。

注文時、麺の硬さを伝えれば好みの硬さで麺を茹でてくれる。

卓上にある無料の辛子高菜、白ゴマ、紅ショウガ、刻みニンニクを投入して好みの味に仕上げる。
白ゴマ、紅ショウガ、ニンニクが無料のラーメン屋は多いが、高菜が無料なのが素晴らしい!

あっさりした豚骨スープで香りがよくクリーミーな味わいで細麺とよく絡みかなりうまい。
タレに漬けこまれた薄切り大判チャーシューは脂身と赤身のバランスがよい。
麺、スープ、各具材それぞれのレベルが高く、各食材がそれぞれの味を引き立てる計算されつくされた絶品ラーメン。

値段は張るが他店では味わえないクリーミーな豚骨スープは癖になる味。

博多一幸舎の詳しい記事はこちらをどうぞ。


第1位


第1位は、ソイ・トンロー 13(ซอย ทองหล่อ 13)に店を構える

味噌屋の北海道 炙りチャーシュー麺


220バーツ。

味噌屋 トンロー店
ラーメンの中に入っているジャガイモが北海道らしさを演出。
チャーシューは柔らかく、炭火であぶられているため一味違った味わいを楽しめる。
特筆すべきは複雑濃厚だがクセのない味噌スープで麺との相性も最高!!

味噌ラーメンは北海道風、東京風、名古屋風、九州風とあり、それぞれ使っている味噌や調合方法に違いがある。

バンコクには多くのラーメン屋があるがほとんどの店は豚骨ラーメンを売りにしており、美味しい味噌ラーメンが食べられるこの店は貴重な存在。
今回食べた北海道 炙りチャーシュー麺は今まで食べた味噌ラーメンの中でもベスト3に入る美味しさで値段も220バーツというコスパの良さから堂々の1位とした。

味噌屋の詳しい記事はこちらをどうぞ。


ランク外


今回選考対象だったが、ランク外になったラーメン店は以下の通り。


最後に一言


今回は、ラーメンの種類には拘らず全種類のラーメンをひっくるめてサラパオが味とコスパに重点を置きランキング形式でお気に入りのラーメンを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ラーメン激戦区として知られるトンローですが、気がつけば1位から3位はトンロー勢のラーメン屋となった。

バンコクはレベルの高いラーメン店がとても多く競争が激しいため、店の入れ替わりが激しいです。
今回、ラーメンランキングの記事を書くにあたり今まで行ったラーメン店を調べたところ想像以上に多くの店へ来店しており驚いた。
このラーメンランキングの記事が好評であれば、今度はまた違った評価基準でラーメンランキングの記事を書きたい。
関連記事
この記事をシェアする
お勧め記事
タイ バンコクの地図
バンコクマップ
↑画像をクリックするとサラパオがブログで紹介したバンコクのレストラン、娯楽施設、市場の場所を示したグーグルマップが起動。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索
プロフィール

サラパオ

Author:サラパオ
タイで現地採用として働いています。
ニックネームのサラパオは、タイ語でまんじゅうと言う意味です。白くて丸い顔がさらぱおに似ているとタイ人に言われた事があったので、このニックネームにしました。
今後もタイで生活を続ける予定。

詳しいプロフィールはこちら

Eメール:

スマートフォン版
QR
このブログの管理人になにかあれば

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請を行う

ブログ内人気記事
ブログパーツ
表示・非表示切替

この機能は、「タイ語で英語レッスン」カテゴリ専用機能です。

切替後、行間詰めない

  • タイ語発音を非表示
  • 英訳を非表示
  • 日本語訳を非表示

  • 切替後、行間詰める
  • タイ語発音を非表示
  • 英訳を非表示
  • 日本語訳を非表示
  • タイ ブログ ランキング

    タイ・ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

    1円は何バーツ?
    提供: ja.exchange-rates.org
    1バーツは何円?
    提供: ja.exchange-rates.org
    サラパオのツイート
    このブログをフォローする
    サラパオをFacebookでフォローする  サラパオをGoogle+でフォローする
    Instagram