マッド・モアの但馬牛を使ったバーガーは絶品! near バンコク旧市街

«キッチン新潟のランチはコスパ最高の家庭的な料理 on スクンビット道路
横井うどんは味良し、コスパ良しのバンコク一のうどん屋 on ソイ・スクンビット 39»

Mad Moa
今晩は、バンコク旧市街でゴールデンマウント(Golden Mount,ภูเขาทอง)との異名を持つ、丘の上にある黄金の寺として有名なワット・サケット(วัดสระเกศ)から北東へ400mほどの距離ジャックグラパット・ディ・ポン道路(ถนนจักรพรรดิพงษ์)に店を構える西洋料理店

マッド・モア


(Mad Moa)にお邪魔する。

ゴールデンマウントを挟んで反対方向、ゴールデンマウントから南西へ300mには1966年創業の大繁盛のパッタイ(ผัดไทย)専門店 ティップサマイ(ทิพย์สมัย)がある。


飲食


Mad Moa
オレンジサラダ(ORANGE SALAD) 180バーツ。
オリーブオイル、ハチミツ、ブラックビネガーをブレンドしたドレッシングをかけたオレンジ、オリーブ、ニンジン、レタス、パープルキャベツのサラダ。

Mad Moa
枝豆(EDAMAME WITH MAD MOA's SALT) 80バーツ。
塩は海水塩(Sea Salt)を使っている以外は普通の枝豆。

後で気づいたのだが、メニューには60バーツと書いてあったのに会計では80バーツ取られていた。

Mad Moa
マッシュルーム・ケサディーヤ(MUSHROOM QUESADILLA) 200バーツ。
ケサディーヤは、メキシコ料理のファストフード。

刻んだトマト、玉ねぎ、香草にオレンジのような柑橘類の汁を入れたサルサソースがつく。

こちらもメニューには180バーツと書いてあったのに会計では200バーツ取られていた。

Mad Moa
トルティーヤに包まれている具材はソテーしたしめじ、玉ねぎ、トマト、チーズ、香草など。

Mad Moa
マッド・モア・バーガー(MAD MOA BURGER) 280バーツ。
付け合わはカーネリングポテトとトマトケチャップでキャンプ用の木製まな板の上に乗せられておりお洒落。

Mad Moa
パティに但馬牛(たじまうし)を使っているとのこと。
パティの焼き加減はミディアムレアで注文したのだが、焼き加減はどちらかというとレア。

バンズはイースト入りの生地でバターをたっぷり使って柔らかく仕上げれたブリオッシュバン(Brioche Bun)を使用。
タイで出されている高級ハンバーガーのほとんどはたくさん入った具をブリオッシュバンのバンズで挟んだハンバーガーがほとんど。
大きなハンバーガーを中もした場合、この店も含めほとんどの店はフォークとナイフを出してくれる。
口に頬張ってでも食べられるようにするため、バンズを潰しやすい柔らかいブリオッシュバンを使っているのだろうが、バターの味が強すぎて全体の味のバランスを損ねている。

具材にはニュージーランド産チェダーチーズ、バターヘッドレタス、ジューシーなベーコン、トマトなどが入っており、香草入りマヨネーズのソースが掛けられている。

全体的にはかなり美味しいハンバーガー。

Mad Moa
マッド・マオ・リブズ(MAD MOA RIBS) 320バーツ。
サラパオは値段が高いしそんなにたくさん食べられないので要らないと言ったのだが、肉好きのサラパオのために妻が代金を支払うから妻が注文。

3日間かけてゆっくり熱を中まで通した豚のスペアリブをハーブのペーストソースとパイナップルを使ったサルサで頂く。
薫りつけのためか、スペアリブの上には松の葉のようなのが乗っている。

Mad Moa
ほとんどお腹が一杯だったので、出来立てを1本だけ店で頂いた。

肉は外側は焦げ目が少し入っており、内側は薄ピンク色だが時間を掛けて熱を通したためかしっかり火は通っている。
肉はホロホロで柔らかく力を入れるとすっと骨から剥がれ落ちる。
ジューシーでコクのある味わいがあっさり味のハーブペイストソースとよく合い美味しい。

Mad Moa
ハイネケンビール(HEINIKEN) 70バーツ。
マッド・モア・ライムソーダ(MAD MOA LIME SODA) 70バーツ。

店内


Mad Moa
こぎれいな木を基調にした店内にはバッファローのガイコツやどこかの原住民が使ってそうな木製の仮面など飾られている。

来店したのは雨が降る土曜日の20:00ごろ。
店内にあるテーブルは4つのみでサラパオ以外にはオーナーの知り合いらしいタイ人のお客さんが1組のみいた。

壁にある貼られているのはアジアの地図の様だが、太平洋も含むとかなり広大な範囲。

メニュー


Mad Moa
アパタイザーメニュー、サラダメニュー。

Mad Moa
ドリンクメニュー。

興味深いメニューが多いが、食べ物、飲み物共に全体のメニューの数が少ない。

最後に一言


ゴールデンマウントから北東へ400mほどの距離にある西洋料理店 マッド・モア、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは6点。(全10点満点)
料理は美味しかったが、公共交通からのアクセスが悪いのと、レストランとしてはメニューが少ない。
この料理メニューのボリュームであれば、いっそう地ビールなどを豊富にそろえたバーにした方が良いと思う。

ハンバーガーは特に美味しかったのでお勧め。

メニューが少ない上に注文が少なかったのに会計時との値段が異なるメニューが2品もあったのは如何なものか。

基本情報


西洋料理店:マッド・モア(Mad Moa)
予算:800~1,600バーツ(夜)
VAT:7%(込)
サービス料:無
住所:
      211/8 Thanon Chakkraphatdi Phong, Khwaeng Wat Sommanat, Khet Pom Prap Sattru Phai, Krung Thep Maha Nakhon 10100
駐車場:有
電話:+66 85 155 2601
営業時間:18:00 - 23:00
定休日:月
アルコール:有
ランチメニュー:無
喫煙席:無
FB(タイ語):https://www.facebook.com/madmoa

地図


関連記事
この記事をシェアする


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


このブログをフォローする
サラパオをFacebookでフォローする  サラパオをGoogle+でフォローする
Instagram
ブログ内検索
プロフィール

サラパオ

Author:サラパオ
タイで現地採用として働いています。
ニックネームのサラパオは、タイ語でまんじゅうと言う意味です。白くて丸い顔がさらぱおに似ているとタイ人に言われた事があったので、このニックネームにしました。
今後もタイで生活を続ける予定。

詳しいプロフィールはこちら

Eメール:

スマートフォン版
QR
このブログの管理人になにかあれば

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請を行う

ブログ内人気記事
ブログパーツ
<スポンサーリンク>


お勧めのグルメ

お勧め記事

お勧めのタイ国内旅行先

お勧めの海外旅行先
表示・非表示切替

この機能は、「タイ語で英語レッスン」カテゴリ専用機能です。

切替後、行間詰めない

  • タイ語発音を非表示
  • 英訳を非表示
  • 日本語訳を非表示

  • 切替後、行間詰める
  • タイ語発音を非表示
  • 英訳を非表示
  • 日本語訳を非表示
  • タイ ブログ ランキング

    タイ・ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

    1円は何バーツ?
    提供: ja.exchange-rates.org
    1バーツは何円?
    提供: ja.exchange-rates.org