A RAMENは24時間営業で一蘭スタイルのラーメン屋 on ザ・ストリート 地下1階

«らあめん亭は長期滞在者に愛される老舗のラーメン屋 on ソイ・スクンビット 39
イサーン料理店 VIP ソムタムクラブで赤貝のソムタムを食す in パトゥムターニー県»

A Ramen
今回は、MRT Thailand Cultural Center駅から徒歩5分ショッピングモール ザ・ストリート(The Street) 地下1階に店を構える24時間営業のラーメン屋

A RAMEN


を紹介する。

A RAMENは、日本のとんこつラーメン屋 一蘭のスタイルを取り入れている店で、店内の席は席ごとに仕切られたカウンター席のみで、麺の硬さなどの細かい好みを注文用紙にチェックして注文する。

来店したのは、平日午後7時頃で満席。
外にも多くのお客さんが並んでおり待ち時間を聞くと30分とのこと。
他の店に変えようか迷ったが、他に興味のある飲食店もなかったので、待っていたら5分程で他のお客さんより先に入店させてくれた。

A Ramen
代金は先払いで店の入り口横にある窓口で支払い、代金がチャージされた赤いカード、レシート、待ち受け番号が書かれた紙を受け取る。
ラーメンの他にトッピング、餃子、ビールなども注文するかもしれないので、多めに500バーツをカードにチャージしてもらった。

このA RAMENのロゴが入った赤いカードは地下のフードコードのクーポン機能があり、フードコートで飲食物の購入や返金が可能。

以前ザ・ストリートにある中華料理店 Little Hong Kongを紹介したが、こちらも24時間営業で料理も美味しいのでおすすめ。


飲食


A Ramen
席はカウンター席で敷居で区切られている。
複数人で来店し隣り合わせの席に着きたいお客さんには敷居を取ることもできる。
順番待ちしている客のほとんどが複数人で隣り合わせの席を希望していたためか、後から来た個人客のサラパオは短い時間で彼らより先に入店できた。

まずは、敷居に掛けられている注文用紙を取り注文内容を記入。

A Ramen
ラーメンは1杯150バーツと安い
麺の硬さ(#1)は、硬め(D.firm)、玉ねぎ(B.spring onion)、ネギ(C.welsh)(#2)は両方(D.both please)をトッピング、ニンニク(#3)は大好きなのでテーブルスプーン3杯(D.3 tea spoon)、チャーシュー(#5)は脂身のあるチャーシュー(D.fatty pork)を選択。
#6と#7は問いの意味がよく分からないが、おそらく#6が塩などの調味料の量、#7は脂っぽさのレベルについて聞いているのだと思う。
サラパオは、塩(#6)は普通(B.medium flavor)、脂レベル(#7)は少し(B.a little)を選択した。

A Ramen
注文用紙の記入を終え呼び出しブザーを押すと、店員がこの窓から手を出すので注文用紙と赤いカードを手渡す。

窓の横にはコップが置いてあるのでセルフサービスで水を注(そそ)ぐ。

A Ramen
後で、カードとレシートを渡されます。

A Ramen
各席に設置されている蛇口。
レバーをひねると冷たい水が出てくる。

A Ramen
水を飲みながら待つこと数分、目の前のすだれが上がり注文したラーメンが出てくる。

ラーメンと一緒にカード、レシート、注文用紙の下部を切り離した部分を受け取る。

A Ramen
ラーメン 150バーツ。
玉子はちゃんと半熟で、チャーシューとスープも見た目はかなり美味しそう。
刻み葱、玉ねぎ、白ゴマ、豆板醤がトッピングされている。

おそらく豆板醤の量は#4の辛さレベルの問いに対する回答によって変わってくると思われる。
サラパオは、少し(B.not much)を選択した。

注文用紙の下部のメニューにはチャーシューや玉子のトッピングの他に餃子などのサイドメニュー、生ビール、そして替え玉、スープ追加などがある。
アサヒビールは90バーツ。

初めは何で注文用紙の下部を返すのかと思ったが、ラーメンの量が少なめなので、替え玉やスープ追加を注文するお客さんが多いのだろう。

A Ramen
麺は細麺で、注文通りちゃんと硬めに仕上がっており、小麦の薫りがして好みの味と食感。

3枚入っている薄切りのチャーシューはジューシーかつほろほろで麺と絡めて一緒に食べるとかなり美味しい。

A Ramen
量が少なめなので、余裕で完食。
スープは美味しいが、とても濃いのでスープのみを飲むのは厳しい。

まだ物足りないので、先ほど受け取った注文用紙の下部に替え玉(40バーツ)と餃子(80バーツ)を記入し追加注文する。
注文時、店員が麺の硬さを聞いてきたので、硬めと答えた。


A Ramen
待つこと数分、目の前のすだれが再び上がり注文した替え玉と餃子が出てくる。

カードとレシートを受け取る。
レシートを確認すると残高(Net Balance)が減っていることが確認できる。

A Ramen
替え玉 40バーツ。

A Ramen
替え玉を投入。
麺の茹で加減は注文通り硬めになっており完璧。

見た目からラーメンの量が少なそうだったので、替え玉を想定しチャーシューと玉子を残しておいた。

A Ramen
完食。
スープは味が濃い目なので飲み干せなかった。

替え玉を追加したため、満腹で少し気分が悪い。

A Ramen
餃子 80バーツ。
油を多めに使っているためか皮は多少カリカリした食感。

A Ramen
餡はオーソドックスで豚肉の割合が多く野菜は少ない。
美味しいが、業務用の冷凍物を使っていると思われる。

店内


A Ramen
店内はカウンターのみで各席は敷居で区切られている。
お客さんが複数人の場合は敷居を外すこともできる。

カウンターの淵にはフックがついており、バッグや傘などを掛けることができる。

A Ramen
食事を終え、店内出入口付近の窓口で会計を済まし店を後にした。

最後に一言


今回は、MRT Thailand Cultural Center駅から徒歩5分ショッピングモール ザ・ストリート(The Street) 地下1階に店を構える24時間営業のラーメン屋 A RAMENを紹介したが、いかがでしたでしょうか?

今回のサラパオポイントは9点。(全10点満点)
VAT込み、サービス料無し。
ラーメンの値段と味を考えるとかなりパフォーマンスが良い。
とんこつラーメンしかないが、麺の硬さ、スープの味付けなど細かく注文できるのがうれしい。

24時間営業で公共交通からのアクセスも良いので機会があれば、行ってみてはいかがでしょうか?

基本情報


ラーメン屋:A RAMEN
予算:150~450バーツ(昼、夜)
クレジットカード:不可
VAT:7%(込)
サービス料:無
住所:MRT Thailand Cultural Center駅から徒歩5分
      B Floor , The Street Ratchada, 139 Ratchadaphisek Rd, Din Daeng, Bangkok 10400
駐車場:有
電話:+66 2 232 1999
営業時間:24時間
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:無
喫煙席:無
FBファンページ(タイ語):https://www.facebook.com/ARamenTheStreet/

地図


関連記事
この記事をシェアする

タイ バンコクの地図
バンコクマップ
↑画像をクリックするとサラパオがブログで紹介したバンコクのレストラン、娯楽施設、市場の場所を示したグーグルマップが起動。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


このブログをフォローする
サラパオをFacebookでフォローする  サラパオをGoogle+でフォローする
Instagram
ブログ内検索
プロフィール

サラパオ

Author:サラパオ
タイで現地採用として働いています。
ニックネームのサラパオは、タイ語でまんじゅうと言う意味です。白くて丸い顔がさらぱおに似ているとタイ人に言われた事があったので、このニックネームにしました。
今後もタイで生活を続ける予定。

詳しいプロフィールはこちら

Eメール:

スマートフォン版
QR
このブログの管理人になにかあれば

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請を行う

ブログ内人気記事
ブログパーツ
<スポンサーリンク>


お勧めのグルメ

お勧め記事

お勧めのタイ国内旅行先

お勧めの海外旅行先
表示・非表示切替

この機能は、「タイ語で英語レッスン」カテゴリ専用機能です。

切替後、行間詰めない

  • タイ語発音を非表示
  • 英訳を非表示
  • 日本語訳を非表示

  • 切替後、行間詰める
  • タイ語発音を非表示
  • 英訳を非表示
  • 日本語訳を非表示
  • タイ ブログ ランキング

    タイ・ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

    1円は何バーツ?
    提供: ja.exchange-rates.org
    1バーツは何円?
    提供: ja.exchange-rates.org